花嫁のパパ

June 12, 2009

♪ O Mio Babbino Caro 〜私のお父さん〜2

 花嫁の季節6月。
   ジューン・ブライドは幸せになれるという。
 このブログには、6月に限らず「私のお父さん」の歌詞から訪れてくださる方が多いようです。 

 父の日・・? それともお父さまに何かサプライズ的なことをお探しなのでしょうか。(お問いあわせいただければ、何かお力になれるかも)
 というわけで、父の日も近いのでパパの話題を。 

 確か昨年は映画「花嫁のパパ」を、その前は「オー・ミオ・バッビーノ・カロ〜私のお父さん」の歌をご紹介させていただきました。
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2001-11-28
おすすめ度:4.5


家から離れてはじめて父親の存在感に気づかされました。 
いつも怒鳴られ、怖い父だったのに、久しぶりに声を聞いたとき、
胸がきゅんとしてなぜか泣けてきて・・そんなころがありました。

 そして、あの日、こわ〜い父の目に 初めて見た涙・・。 
老眼鏡をはずして目をこすってました。 ち〜ん!なんて鼻をかんじゃって・・。
 プッチーニの「私のお父さん」ではなく、どちらかというと
「娘よ」の芦屋雁ノ助のイメージの父です。^ー^* 
 ♪よ〜めに行く日が こなけりゃいい〜と・・、ってかんじかな。
 
ハニー ラブ そんな「お父さん」は、花嫁にとって不思議と永遠の別れ
 のごとく感じるのですよね。
      もしもチャペルで一緒に歩けるなら、披露宴で一緒に
入場できるなら、是非そうして下さい。 
 子供の頃のように手をつないだり、腕を組んだり「私のお父さん」と一緒、とってもステキなシーンになります。 v(^O^*
  
 パパにとっては・・娘の手をとって歩くこと、うれしくてさみしくて、
でも幸せなひとときで、きっと最高のプレゼントに・・。
  
 披露宴で一緒に歩くなら、おすすめのBGMは・・
♪サラ・ブライトマン「私のお父さん」(上記) 入場や花束贈呈でも。

♪うれしくてさみしい日(ママから娘への歌でありますが)
幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
アーティスト:竹内まりや
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008-05-21
おすすめ度:5.0

♪アンフォゲッタブル /
    ナタリー&ナットキング・コール(父娘デュエット)
ラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツ
アーティスト:オムニバス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2002-04-17
おすすめ度:4.5

  久しぶりに「花パパ」見ようかしら・・。 
    うちの「鼻・・パパ」は元気かな〜・・。(’-^*     

pearlblueblue at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 06, 2008

”花嫁のパパ” って・・・  〜Father's Bride〜5

04_04_1 
  まもなく父の日ですね・・・。 
真っ先にご紹介するべき映画を忘れてました。 
”花嫁のパパ”こと、通称”花パパ”・・・。
(絶世の美女、エリザベス・テイラー主演の「花嫁の父」のリメイク版らしいです。)

 「ゴッド・ファーザー」でもWedding Partyは、お家のお庭でしたね。 この花パパもお家とお庭にて。 お気楽コーディネーターに笑えるし、弟はかわいいし・・・。  いえ、それよりも何よりも、パパが、パパが・・・。 

 ストーリーは、久しぶりに帰ってきた娘が結婚・・・というところから始まり、パパの気持ちとは裏腹に、あまりの変なパパに ^o^困ったもんで・・。  でも、いいシーンがたくさんあるの。 
 パパと一緒にバスケをするところ・・・、そのシューズはパパからの贈り物・・・。 ドレスの足元は、ハイヒールではなく・・・。
 クライマックスのパパとママ、そしてパパと娘・・・。  
Honey Love
 パパって・・・こんな気持ちでいるの?  さみしいけれど応援しているはずが、やることなすこと。  でもパパの愛情がいたるところにあふれていて、きっとあなたの”パパ”を見る目が変わりますよ。 

 ♪音楽がまたすばらしいの。 メンデルスゾーンとワーグナーの二つの♪「結婚行進曲」がアレンジされ、見事な一曲となって展開されます。  よく、入場シーンで使わせていただきました。 ^‐^*
華やかで、ちょっぴりセンチメンタル。
 アラン・シルベストリの映画音楽は、いつもステキです。
 
 何度見てもホロりとして、心がポカポカに。  
 花嫁さん必見。 嫁ぐ前に見ないと後悔ですよ・・・。d(’‐^*) 

47687FD0L 


これは、
感動のコメディ映画です。    
花嫁のパパ
 
                                
〜My Best Wedding Sound20〜



pearlblueblue at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud