羽田健太郎

June 27, 2007

砂の器 〜宿命〜5

砂の器 事件発覚:6月24日・・・。
偶然〜!DVDを見ている今日ではないですか(^o^)

 松本清張作「砂の器」は 1974年に映画になり、中居クン主演でドラマにもなりました。 その素晴らしさは、見ていただかないと語れません。
 両作品に共通して、真相解明のシーンで流れる♪「宿命」という音楽がとても胸を打ちます。 刑事が事件究明していくシーン、事件に至る回想シーン、そしてコンサートシーン、その3つにコンサートで演奏している音楽がクロスします。
 犯人の心に同情してしまいそうな壮大なスケールで、延々と40分ほども、哀愁のある美しい旋律が相絡まって展開されるのです。 これは30数年前の作品です・・・♪ 

 この♪音楽ですが、映画版「宿命」は、あたたかさの中に哀しみを感じました。 作曲:菅野光亮・芥川也寸志(この方もいい音楽をたくさん残されました。芥川龍之介氏三男)。 
 ドラマ版、ピアノ協奏曲「宿命」は、哀しみの中に愛を求める想いを感じます。 作曲:千住明(ピアノはハネケン)です。 
 どちらの「宿命」にひかれるでしょうか。  
 
(*^‐')b もし、私の人生に「宿命」があるならば、それはどんな旋律になるのかしら・・・・?。

pearlblueblue at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 20, 2007

ヤマトよ 永遠に5

YAMATO  ”宇宙戦艦ヤマト”が大好きで、クラスの男の子たちと一緒によく歌ってました。
 
♪さらば〜地球よ〜。旅だ〜つ船は〜・・・q(^O^)p 
作詞:阿久悠さん、作曲は宮川泰さん。  
”宇宙戦艦ヤマト”は、松本零士さんの壮大な宇宙ファンタジードラマです。 

♪有名な主題歌以外にも、ヤマトには、交響組曲にもなっているほど、たくさんの音楽があります。
中でも「♪大いなる愛」の壮大なオーケストラと美しいピアノにひきつけられて、後にそのピアノが羽田健太郎さんだと知りました。 おおきな体と、ふっとい指で、あまく繊細な旋律を奏でる作曲家であり、ピアニスト・・・。('‐^*)

♪幻想的なスキャットとオーケストラは、宇宙空間を航海するヤマトが目に浮かび、「♪真っ赤なスカーフ」は歌謡曲っぽく、でもなんかロマンチック。 

スターシアの星「♪イスカンダル」のテーマは、美しい星であることが想像できる。 
準主役の「デスラー」は、攻撃・孤独、など音楽がたくさんあって・・・。 

テーマ曲はその人物が登場するときに必ず流れていることを覚え、映像に重なる音楽に心動かされたのも、ヤマトが初めてではないかしら。 

 偉大な作曲家でアレンジャー、宮川さんやハネケンさんのドラマチックなメロディに「感動する」ということを教わりました。 すてきな音楽に彩られたこの”ヤマト”ほど、「ロマン」という言葉が似合うものは、ほかにないかも知れません。

 お二人の残された音楽は、これからも多くのファンに語り継がれていくことでしょう。

 ヤマトは、永遠です・・・。

pearlblueblue at 13:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud