結婚式・披露宴

October 27, 2009

< 和 > の美しさ5

61xHEuY1+xL__SL160_ 
もうすっかり秋の寒さ。
 間もなく冬の到来ですね。

  この秋の婚礼シーズン・・・ 
 先週のご披露宴では、和装のお客様が多く、私が担当させていただいたお二人も  白無垢から、入場時には掛け替えて色打掛(いろうちかけ)に。  
 
 掛け替えとは、先ほど羽織っていた白の打掛けをはずし、色打掛を羽織ること。 色打掛は、赤や黒の生地に金糸・銀糸などで、鶴や御所車などの刺繍が施され、目にも華やかです。 
 大奥などで、姫様たちが一番外側に羽織っていたお着物、と言えば、ご想像がつくかと。 ^-^

 入場時に掛け替えると 先ほどの衣装から早変わり。 
会場で待つお客様にとってちょっとしたサプライズ、また新鮮な印象になります。          d(’-^*)
          

その日の新郎は、ハニカんだ笑顔で やや緊張しながらも、皆様の顔を見ながら ゆっくりゆっくりとすすみ・・・。   新婦は、華やかな色打掛に身をつつみ、しづ・しづ・・と後に続きます。  
 和装がお似合いで、とても絵になるお二人でした。
                      

 私はオペレーション中。  なので残念ながらそのステキなシーンのお写真はありません。  >_<。。  
 和装美と美しい音楽が かさなり、目にも耳にも うわ〜ぁ・・・・
   (あえてひらがなで・・)
 ぜひとも お見せしたかったとても胸を打たれたシーンでした。

 ♪ 私がかけていた曲は、
  EXILEの ♪ We Will〜オーケストラ・バラードバージョン〜。  
 きれいに ワンコーラスで、盛り上がり 着席となりました。

ハニー ラブ
 そこで涙ぐんだのは、私だけ・・ではないと思います。
最初から感動ではじまった ご披露宴でした。

 「和婚」って いい。  ☆きれい〜!☆とか、☆かわゆい〜!☆とか、そんなんじゃない。

 言葉がでなくて・・・
 静かで 深くて、あたたかな感動に満ちあふれていて・・・。
                          
           EXILE BALLAD BEST(DVD付)
EXILE BALLAD BEST(DVD付)


pearlblueblue at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 18, 2009

はじまりは いつも雨・・  5

    きみに会う日は 不思議なくらい雨が多くて・・

ハニー ステレオSCENEIISCENEII
アーティスト:ASKA
販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ

 秋の音楽ではありませんが、リクエストがでました。 
この曲が聞こえると、思い出すシーンがあります。

冒頭もステキですが
 ♪ 今夜きみのこと〜 誘うから空を見てた・・・。

このメロディーラインの色気に 胸がキューンとして・・。 
思い出すのは男性ではなく  d^‐^*
 ジューン・ブライドだった後輩の披露宴。
日本髪和装で この曲で入ってきました。

今なら ちょとちぐはぐかなとも思うのに、
その頃は彼女の雰囲気とASKAの歌はとてもマッチしていて、

 ♪ 今夜きみのこと〜 誘うから空を見てた 〜 
このフレーズには トリハダが立ち
何かせつなくきゅ〜んとして涙しちゃいました。

 チャゲ・アスが好きと言っていた彼女が選んだ
          ♪ ”はじまりはいつも雨”  
Honey Love

 それまでは、そんなに興味がなかった曲なのに
 入場シーンをとてもステキに彩づけてしまったのです。

もう10数年も前のことなのに 
いつもこの曲の「絵」は、後輩の披露宴。

今後もたぶん ずっと・・。 ^‐^*

  音楽の不思議なちからです。   

      

pearlblueblue at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 23, 2009

連日 頑張りました!!5

イチゴケーキ
 毎年お暇なはずのこの連休、今年は出ずっぱり・・。
 極度の緊張感は、3日が限度デス・・。
でもなんとか元気に乗り切れました!!

 かわいいエピソードがありましたよ。 
ホテルの女の子のパティシエさん、今日のご新郎は偶然にも高校の恩師だというのです。d('-^*
 生ケーキの打ち合わせ時に先生にお会いしてビックリしたとか。 
当日、ケーキの上にサプライズが。 先生にナイショで、パティシエさんがマジパンの新郎新婦をプレゼントしたのです。 

マジパン それでは、お二人のプロフィールをご紹介しましょう・・。 
って感じでしょう? 
 本物の新郎新婦は、とっても気さくで楽しくて、新婦は「ひまわりのような笑顔」と言われていたようです。 

 そのひまわりさんが
「音楽 最高!すごい良かったですぅ〜」とグ〜をくださって・・。  ありがとうです。   
 お打合せから 人柄の良さが感じられるお二人でしたので、私もガンバろ〜っと思い おかげさまで気持ち良く担当させていただきました。 
 この方の笑顔は 人を動かします。  まさしく 太陽でした。

 もうひとつ嬉しいこと。
久々に一緒になった司会者さんが「やはりここに来ると 音楽がちがいますね。 音の出し方から全然ちがう」・・  ♪ ♪ ♪ ♪ 
 褒められているのですぅ・・。 *^-^*

 最近は、他の会場だったので、その中にいると気がつかないけれど、ここにきたらものすごく感じたと。  そのとき私 ♪入場曲をさ〜っとかけて、わずか数秒での会話でした。  
 ・・・お主、そんな数秒でわかるようになったのかい?・・ 
 その司会者さんと一緒のときは、ここはあ〜だのこ〜だのとうるさくちょっかいを出してたのです。(私が・・) 

 「感じる」ようになった彼女の成長ぶりが伺えました。 
 褒めてもらったからではありません。 (’-^)v

 マッサージ&アロマに行ってきました。 
体がガチガチゴリゴリ・・ だったそうです・・。 アレレ・・・
 美しくない音ですね・・。 
 毎週来てくださいと言われてしまいました。 。>_<。。
                         
                          

pearlblueblue at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 06, 2009

役どころ・・・5

         ”夏が過ぎ 風あざみ
              誰のあこがれにさまよう”
Honey Love 井上陽水さんの ♪「少年時代」の冒頭です。

せつなくて なつかしくて ゆるやかに流れる音楽 あの美声。
 女の子の私が少年?時代に遡った?ような錯覚さえ感じる。 
想い出のあとさき・・

 麦わら帽子をかぶり 釣り吉三平のように水場で、釣りはしてないけれど 水しぶきを上げて キャっきゃと遊んでいる・・ 
そんな情景が見えてきます。(実際そんな経験はありませんよ。)
 とても不思議な音楽です。

 この曲は「手紙・花束」に最高です。d(’-^)
タイトルはまさしく打ってつけ、ご両親もご存知で、広く知られていて、雰囲気も合っている。  
 抽象的な歌詞なのに 想像させる 背景が見えてくる。
これが音楽のすごいところです。

 今日は久々に現場入り、感動ふたたび・・のはずでした。
若い元気なかわいいご新郎ご新婦さま。 「誰もあまり知らない 最新の曲で!」 それは ネットで探したという手紙・花束の曲。
 曲名は書きません。>_<  
 お二人は花束贈呈に涙してましたが、私もお客様もお二人も、曲に馴染みがなさ過ぎて、おまけに雰囲気に全く合っていないため(ごめん!)何の感動も伝えられませんでした。 

 こんなときもありますが 披露宴の見せ場なのに。 
お二人には喜んでいただけたものの、曲に感動はなかったと思うし、もっと喜んでいただける状況がつくれたはずで・・。
 
 もし私に 何か使命があるとしたら・・
すばらしい絵や音楽、映画や本など、好きなものから得た知識や感性を生かして、人様に感動を残してあげること・・でしょうか。
 「演出」ではありますが、感動を「作る」のではなく 「感動が生まれる」状況を作ってあげること・・・と勝手に感じております。 

 前述の映画「フレフレ少女」のように、自分の”心のそこから〜”
の想いがなくては 人や心を動かすことは出来ませんよね・・。
 そのとき出会った方々に何か感慨深いものが残せたなら、
映画や音楽に没頭する自分の 生きてきた意味もあるというもの・・。?

 井上陽水さんは 感動させようとして「少年時代」を作ったわけではないでしょう。
 歌に込められた想いが 感動を生んだのだと。 
   ホントにすてき。
 そんな「しごと」がしたい。。。        

GOLDEN BEST
GOLDEN BEST


pearlblueblue at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 20, 2009

笑顔のパワー5

Honey 笑顔 ピカピカの靴で望んだ ある日の披露宴で。

 ♪ 音楽は、打合せて決まり。  
キャンドルの曲はおまかせ・・とおっしゃる。 内容がよくわからないからと・・?。 

 その理由は、キャンドル中のサプライズ演出が、どうやらコーディネーターさんの押し付けのようでした・・。 
 友人卓のキャンドルを・・・・ あ〜!! ごちゃごちゃで脈絡のない進行のため 思い出すのもストレスになる。 
                       
 結果、メインキャンドル点火と同時に花火・・、最後は決め!これは音楽が良かったからだもン!!! 
 
 でも、二人のお顔はあまり嬉しそうに見えなかったのは私だけかなぁ・・。 
 おすすめもいいけれど 性格や好みもあります。 
シチュエーションにも脈絡がないし、意味不明な流れで・・私も司会も賛同できない不思議なキャンドルサービスでした。 

 そんな披露宴ではありましたが、締めくくりは、今では定番の    "エンドロール"。
 結婚式後のお友達の写真がたくさん入っていて、笑顔・・笑顔・・み〜んな笑顔・・。 ^ー^  *^-^* 

 その笑顔になんかグッときてしまい、そこは泣くところではないのに、ひっそりと感動していた私でした。  
 みんなとてもイイお顔をしてました。 
 Honey Love
  今更ですが、結婚式ってホントにすばらしい。  
    こんなにも人を笑顔にしちゃう。 
             まわりにも幸せをもたらします。  

 コーディネーターさんのことも吹っ飛んだ。  q(^-^

 あのたくさんの笑顔の取り巻きがいる新郎新婦。 
 にぎやかな披露宴、なが〜い送賓の列。 

 このお二人のお人柄とこれからが ここに見えました。   

pearlblueblue at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 26, 2009

幸せに。 紀香ちゃん!5

BlogPaint 残念なお知らせでしたね。 紀香ちゃん・・。>_<。。

 今週は、キャンセルが出ました。 やはり〜・・・。
”永遠にともに”の曲はやめて曲変更ですって・・・。 

 人は人、自分たちはダウジョウブと思えばいいのにぃ。  
縁起が・・なんて言っていたら、絶対大丈夫な曲なんてないんじゃないか? d(’-^) 

 自分で”永遠に・・”と決めたことを否定しなくてはならなくなったことは、とてもとても辛いですよね。 披露宴の音楽をいろいろ考えていた紀香ちゃんのことを思えば、そのときの決意も、この辛さも痛々しいほど感じます。

 それでも相手を一切非難しない、過ぎたこととサバサバできるなんて、なんてすごいのでしょう。 ステキすぎます。 (^-^*

 明るい輝きオーラを放つ紀香ちゃんは、おそらく見えない努力や気づかいをたくさんしている人・・。 だからきっと幸せになれる人。
 残念ではありますがこれで良かったのでしょうね。  

 また新しい恋をして幸せになってほしいですね!。

 今度こそ”永遠にともに”・・
 いや、そんなに気張らなくていいんじゃないかな・・?。 

 ちなみに ”永遠に・・”は、弊社集計2008年度リクエスト「邦楽」
 のナンバー2でございました。     

pearlblueblue at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 23, 2009

披露宴レポート5

ハニー ラブ
  今日は、おだやかなかわいいお二人の披露宴でした。 ともに24歳 若いけれど、雰囲気はほんわかと落ち着いてました。 ^-^*

 近頃は、カチンと来るお客様が増え、担当者も司会も、勿論この私も悩まされることが多くなってきて・・。 お客様ではあるけれど、なんかおかしいよ・・。
 カチンとくるのは、その「言い方」である。  ま〜、とにかく カワイクない!! メールばかりだから、感情の表現方法を知らないのだ・・きっと・・と思い直して、言葉をえらび返していく・・。 
そうしないと私だってバクハツだ!!

 ホテルは金額を下げて婚礼獲得の争奪戦ではあるけれど、一応各商品にはそれぞれお値段があり、払えないならばそれは買えないでしょう?        
 でも、ごねて脅迫して(そう聞こえる・・)何が何でもそれを入れようとする、自分たちがやりたいもので てんこ盛りの披露宴。  
列席者がうんざりであろうことは目に見えている。  
 ご祝儀をいただくのでしょう? ご招待した方々のことは考えてる・・?(やりたいことをするだけなら、お祝いは受け取らないほうがいいよね・・。d('-^) )

ミニ小鉢
こちらも、いい披露宴にするために全力で話し、なぜそうするのかまで説明し、だんだんと方向を変えていく。
 (てんこ盛りの披露宴でも私は構いませんが・・。 ーー;) 
列席者が”いい披露宴だったよ”とお二人に声をかけてくれるなら それが最も嬉しいこと。 そう思っていただけたなら、主役の二人もとても幸せな気持ちになるであろう。  
 そこにつくしたからとて私たちのギャラは何も変わらないけれど、その面倒なお客様が、感動あり、喜び、招待客の笑顔に迎えられたなら、私たちに出会い、時間を費やした意味もあるというもの。 (無理を言ったことの反省も、少しはあるかもしれない・・と密かな期待をしつつ・・。 )

Honey Love
 さて今日のお二人は、全くそんなことがなく、本当にいい子達で。 言い方がカワイイので、皆に大切にされる。 
 世の中そんなものである。 
 明るくって、「いろいろすみません」 「ありがとうございます」 
そんなことをよく言って下さり、その何気ない言葉が、私たちを快く動かすのである。  たとえ無理があっても、何とかしてあげたい!と思っちゃうのである。

 そんな二人を見て、大げさなことは何もしていないけれど、列席者の胸がじ〜んと熱くなる。 私の目も心も潤んだ。 
「とてもうらやましいと思った。 おれも結婚したくなった・・・。」
「彼のことは話せばつきないほど、たくさんあるけれど、今日は何も言葉にならない・・・」
 これは、それぞれ彼のお友達のスピーチ。

 彼女のお友達は、言葉に詰まりながらも頑張って 笑顔でお手紙を読んだ。 そのお手紙を彼女に手渡し、キュッと抱き合って、背中をポンポンポンとたたいた。 なんかとてもいいシーンだった。
 
 ご友人を見てもご家族を見ても、二人のお人柄が感じられる。 
人は影響されて変わる。 どんな人に出会うか、これは自分を自分で導いた結果の出会いか? それならば、面倒なお客様に当たってしまうこと、私に至らないところがあるからなのであろう。 
 これも出会って教えられたこと。 

 今日のお二人には、人を元気にいい気持ちにさせる、そんなコツを教えられた気がした・・・。  ありがとう。
 
 ずっとそのままのお二人でいてほしいな。  
 おめでとうございます。  ^-^*/   
                              


pearlblueblue at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 20, 2009

ブライダル・フェアで5

ふぇあ 昨日は平日のブライダル・フェア。  結婚が決まり、披露宴の準備をするお客様たちに音楽の紹介をしました。

 あるお2人、弊社で作ったシーンに合う音楽のサンプルを聴いてみたのだそうです。 
 ♪ まだお日にちはありますが、曲が決まっているので打合せをしたいとのこと。   はい〜喜んで。^-^  どうぞどうぞ〜。
                  
 物静かな美しいご新婦様、目がキラキラのご新郎様。 お似合いの2人です。

 最初は、音楽はおまかせでいいと思っていた、でもサンプルを聴いていたら、あ〜したいこうしたいといろいろ思って・・・。 
 そうですかっ!大歓迎です〜! q(^o^)p

 近頃は、相談してみる・・がなく、二人が決めた思い込みのままに変な(失礼)組み合わせで音楽をかけなければならないことが多かったストレス。

 ここでこの曲・・もったいないな〜と思うことも多く、アドバイスしても聞き入れない。 まあ2人がいいなら・・ですが。

Honey Loveこちらのお2人は、彼が一生懸命選んだ様子。 
センスも良い。 「この曲は・・」と選んだ理由や、ここを使いたいなど、その思い描いた様がよく理解できました。 
 
 とても人あたりがよく、丁寧なお2人。 うちのサンプルから意欲が沸いたなんて、嬉しいではないですか。 何ヶ月も費やして作ったサンプル、その苦労も報われるというもの。 ちょっと使い方が難しいところもありましたが、何とか叶えてあげましょうぞと、私も意欲が沸きました。

 2/14バレンタインデーのご結婚式、
    結果はまたご報告しますね。   d('ー^*     

pearlblueblue at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 26, 2008

しるし 5

11月23日! 今年最高の大変な1日でした〜・・・。 
取りあえずは無事に済んだようですが。 

翌日の私はボロボロ。 ーoー; 
 携帯メールをチェック、のはずが携帯を耳に当てていたり??  開宴時間を間違えて、スタッフが来ていないとあわてて電話をしていたり・・? 
まったくお間抜けな行動の1日で。

 2週間ほど前のこと、ガラスの手紙のご注文がありました。 ガラスの手紙 

11/23挙式、商品到着が間に合うかどうか・・・ あ〜 厳しい日程です。 
「手書き原稿」がなくては制作に入れないため、到着を待ちながらも期限は迫る・・・。 

 お手紙到着〜・・・。  え〜っ  これは・・新郎から新婦への 愛のお手紙。
 じ〜んときてしまう、愛情あふれるあたたかいお手紙。 

 披露宴でこのお手紙を、新婦へ向けて読みたいと、そんな進行を考えられていたようでした。 これがなくては意味がない。 
 でも日数が・・。 
 そこで、時間との戦いではありますが、もし間に合わなかった場合は、お手紙のコピーを読んでいただくしか・・−−; 意味が半減する提案ではありますが仕方がない・・。 ご新郎様、時間がないことはご承知のため、承諾下さいました。  でも、とても優しいお人柄であろうことが電話でもわかりました。   
 
Honey Love  何とか読ませてさしあげたい・・・。  
        
 それが、関係者の協力もあり、間に合った・・・!。
  
 「(略)---11月4日入籍。 11月23日結婚。 これから先何十年、辛いこと、苦しいこと、うれしいこと・・・その全てをいつも2人で一緒に分かち合おうね。(略) ご両親から受けた愛情に負けないくらいの愛情をもって絶対に幸せにするよ。 ・・・(略)」 
 
 曇りのない ガラスに刻まれた 愛の言葉は  
 11月23日当日、ご新婦様の元へ届けられました。   
        おめでとう・・。  (^-^*        

 P.S そのステキなシーンの背景に、ミスチル♪”しるし”が
       聞こえてきたような気がしました。     

pearlblueblue at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 03, 2008

緒形 拳さん5

緒形拳 先月、ワイドショーで、緒形拳さんが他界と・・。 大好きな俳優さんの一人。 あのやさしい笑顔と渋い演技、たとえ悪役でも惹きつけられてしまう魅力ある俳優さんでした。 
 
 「八甲田山」「陽暉楼」「火宅の人」「砂の器」などなど。 悲しげな顔もにっこり笑顔もあの声も。 まだまだご健在でいろいろ出演してほしかった。 ー_ー。。
 悲しくて悲しくて、テレビでその話題が出るたびに涙ぽろぽろしていました。。。。 

 それから数日、11/1挙式のお二人と打合せ。   な・なんと! 
新郎が緒形拳さんとご親戚だって! うそのようなホントのお話。Honey 笑顔

                     
  当日、披露宴は大盛況!! このお二人のやさしいお人柄が列席者を見ているとわかります。  モデル並みに背の高いお二人は、歩く姿もかっこ良く、とってもお似合いでした。 横顔など、緒形直人さんに似ているような。   そして、ご親戚・・を証明するものが、私の隣に。 ^-^ 

 緒形拳さん直筆のお祝いの色紙が二枚、飾られました。 
あ〜まさしく。 新郎が結婚の報告をし、生前に緒形さんから届けられていたのだそうです。  うわ〜!  私にもご縁があったのですね〜・・??
 またなんか悲しくなっちゃいましたが、取りあえずすぐヨコにある幸せ。 *^―^*p 
 あとで写真撮らせてもらおうとおひらきまで待って・・。  でも気づいたのは、会場をあとにしてから。 「あっ!写真・・ 忘れた・・」
 あ〜〜ン!! 。。>o<;。。
 
 ここに載せるはずだったお写真が残念ながら・・・・・
という訳で、変わりにこれを。 
      
出演作品のDVDが、全部出払っていて大人気。 
なかなか観られません。 ー_ー。。  

pearlblueblue at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 12, 2008

海辺の誓い5

「オペラ座の怪人」 オリジナル・サウンドトラック
 今日のお二人は、ご新郎が演出にこっていて、やりすぎではなく、さらりとしながらもあたたかい、とってもいいご披露宴でした。
 その演出のひとつ、オペラ座の怪人の第二幕序曲部分をお色直しで使いました。 映画の中では、オペラ座の舞台が開かれるシーンだったかと思いますが。  その♪ファンファーレで入場とのご希望。 そして、”All I Ask Of You”へ曲は移り、キャンドル・・・・。 
 d(^o^)b 私も好きな雰囲気、でもとっても緊張〜。  情熱的な音楽もお二人によく似合っていました。  

 その後、一人お祝いのスピーチを述べると、新郎がマイクで一言お礼を述べ、新婦友人にも新婦が声を詰まらせながらお礼の言葉。 なんかイイ〜・・。 これがわざわざではなく、友人スピーチに感動し、思わず言葉を返したくなったようでした。

 お手紙・花束もオペラ座から”Think Of Me”。 これも途中で壮大なオーケストラが入り、贈呈の瞬間にジャーンと合わせて行きます。 新郎さんが、音楽がぴったりハマって、オ〜ッ!こんな風になるのかとおしゃってました。 嬉しいお言葉です。 
 私たちの仕事の醍醐味、光や音楽とシーンがぴったり合ったとき、それはそれはわが事のような感動なんですぅ。  

Honey おじぎ
 お互いの知られざるエピソード・・。 そうだったんだということ、たくさん出てきます。 良いこと、たとえば過去に友人を助けたことがあったとか、結婚する相手にわざわざ話さないですよね。 
でも友人スピーチから、そんなすてきな一面を垣間見ることができます。 披露宴ってたいへんでも、やはりやるべきですね。

 新婦ご両親もかつては、同じ”母の日”に結婚式を挙げたのだそうです。
 結びに、新郎の謝辞。 ”私たちは、幕張の海で始まり、九十九里の海でプロポーズをしました・・。 そしてこの思い出の地、幕張で結婚できたことをとても嬉しく思います・・。” d(’-^*) 
  
  さわやかな海風と、きらきらひかる水面を背景に、
   ”海辺の誓い” 第三幕の始まりですね。  
     お幸せに。   
                         at.5.11

オペラ座の怪人 ロングランキャスト


pearlblueblue at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 30, 2008

花 咲く日5

てるてる花
♪ キミのつぼみは 
  きっと
  キラキラな花が咲くはず     by TERU TERU    

土曜日、とても寒い1日でしたが、会場内の色とりどりのお花が、少しの間、寒さを忘れさせてくれました。 今日の主役を引き立てる花々。 
 披露宴後、お友達がテーブル装花を集めて、お持ち帰りミニブーケを作ってました。 今日はピンクの大きな薔薇が主役。 グリーンも入って、上手にまとめ、また違った花あしらいになって。 
               
 薔薇だけのブーケもあるけれど、名前の分からないツタのような葉っぱや、小さくて色の薄いお花たち。 そう、脇役があるから主役が一段と引き立つのですよね。 どの花も大切なんだな〜としみじみ見入ってしまいました。 
 美しい薔薇も、クキや葉っぱの緑がなければ、花の色が引き立ちません。 一色の花って存在しませんものね。

 そんなことを話しながら一緒に見ていた司会者さんが、またステキなことをおっしゃいました。 
「お花ってすごいですよね。 ブーケもテーブルの花も、この日に咲く花で作られているんですよね。」 何気に聞いていましたが、すごいことを言っているんですよ。(^‐^)
 
  今日この日、咲く・・・ということは、一度しか咲かないお花も、今日がまさに”華(はな)”の日なのでは?。 そして、その花嫁さんのために生まれてきたようなお花ということになりませんか?。 

 これも不思議な、なんかすてきなめぐり逢わせなのかも知れませんね・・・。
                    d('‐^*)

Withてるてる天使―希望をはこぶ魔法のことば
Fromてるてる天使―しあわせをはこぶ魔法のことば


pearlblueblue at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 04, 2008

ROMAが好き5

1-4夕陽
:1/4 幕張の海辺にて・・・
       さむッ

今年は、まだ富士山を見ていません。 雲がかかっていて、残念ながら写真に撮れないのです。 なんか見ないと始まらないようなかんじなのですが、気長に待ちますか・・。

 昨日”古代ローマ”の番組を見ていて。 ちょっと覚えた豆知識をご紹介しましょう。
”結婚指輪”はローマから始まったのだそうです。 結婚の誓いに指輪を贈るということ、また、薬指にはめるのは、左手の4番目の指が一番心臓に近いとされていたのだそうです。  
 それから、ローマ神話の結婚をつかさどる神、ユノー神(Janiusユノー)の名前から”June-6月”に。  そこから”ジューン・ブライド”6月の花嫁は幸せになるといわれてきたのだそうです。      
         へ〜ですね。 
 古代ローマに興味津々、Bridalの仕事をしているのに、目からウロコでございました。 

 オードリーの”ローマの休日”もいいけれど、d('‐^*) 
   ラッセル・クロウの”グラディエーター”を見たくなった。

pearlblueblue at 18:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

December 16, 2007

お手紙5

てるてるキャンドル
 絵:TERUTERU天使
お久しぶりです。  お元気でお過ごしでしょうか?
10月27日に結婚式をさせていただきましたMです。
先日は本当にありがとうございました。
当日は、緊張の一日で、Iさんにお礼を言うことも出来ず、簡単ではありますがお手紙を書かせて頂きました。

 DVDも出来上がり、今になって披露宴の様子をきちんと知る事ができました。
打ち合わせした時に話していた曲も色々とかけて下さり、また、私達の思った以上に素晴らしく、タイミングも良く、本当にびっくりしています。
私たちの披露宴の音楽を担当して下さり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 いつも優しく、そして対応もとてもスムーズで気持ちよく、Iさんのおかげで私達の納得出来る式の雰囲気が作れたと心から思っております。

 日々お忙しいと思いますが、どうぞお体にはくれぐれもお気をつけて お仕事されてください。 どのカップルもIさんの手にかかれば必ず喜ばれることは確実ですね。
 本当にありがとうございました!

こちらこそ・・・。v(^‐^*)

ピノキオ オリジナル・サウンドトラック-スペシャル・エディション-(CCCD)
続きを読む

pearlblueblue at 01:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

December 03, 2007

のりきった〜!!5

てるてる ハート3
あっという間に11月が終わっちゃいました 10月下旬からあまり記憶がなく、それほどめまぐるしく日々が過ぎて。 今年はいつもに増して、同じ日に件数が重なり、どうしたものか本当に悩んで悩んで、頭の中も髪の毛も真っ白に・・(0‐0)

 最後の連休はホントきつかった〜。 担当する宴席は、土日1件づつの本番でもかなりの神経疲労。 それなのに私、もう若くないのに〜、11月17〜わずか10日で8件。 いつもは「毎日披露宴があったらいいな〜」と思っているのに、この時期ばかりは、やはり土日だけでいいのだと思う。(X‐勝─
 26日は、今日が終わったら!とビール。11月の初めてのお酒のような気がした。 そこまでは元気だったのだけれど、一気に気を抜いてはいけないと、へんな気を使っていたのか、昨日は顔を見られるたびに「疲れてる?」と言われ・・・。 確かに、きゃ〜!  私のお顔が・・。 かわいそうなほどお疲れのよう・・・。 (ー0ー)くまさんも2匹。 自分のこと、少しはいたわってあげよう。
 
 うちのスタッフもホントに良く頑張ったんです! 30分を切る移動があったりと、超ハードスケジュールで走りまわり、体調不良でも、大きな事故もなく、無事におさめてくれたこと、本当にありがとう。 各会場、すばらしいチームプレイでした。d('‐^) 

 ココロがみえたらって ときどきおもうけど
 みえないからこそ がんばれるのかもしれないね   
                     by TERUTERU

pearlblueblue at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 30, 2007

すたっふのひとりごと5

11月25日(日)T・S御両家 MC:持込み司会

 本日の宴席は、横使いのレイアウト。照明にとってはやりにくいコトこの上なし。 さらに高砂後ろは何もなしで殺風景。 少しでもよく見えればいいかな…と、高砂に向ける照明を増やしてみました。
 司会はおそらく披露宴を経験したことのない自称フリーアナウンサーの他称オバサン。('‐^;)

進行表にあったカラオケの「大阪LOVER」という曲が歌本にもリモコンにもなく、最終兵器の携帯で調べて難なく発見。 ホントに携帯あれば何でもできる世の中になってます(^o^) これからは番号が見つからない場合、この方法で検索した方がより確実だと思われます。
 で、せっかく番号控えたというのに、打ち合わせで司会曰くカラオケ→ピアノへ変更とのこと(ーー;)番号調べて歌のチェックもしたのに…
進行はシンプル、高砂は殺風景、司会は頼りない、これではせっかくビデオさんが入っているのにもったいない・・・少しでもこちらでカバーできればと思い、いろいろやってみました。

入場で音と照明のシンクロ
 入場曲「We Will Rock You」のイントロ(ドンドンパッ!の部分)に合わせて上のネオンをいじってみました。
 新郎新婦からは見えない部分ですが、会場から「おぉ〜」という声が出たそうです(Hさん談)。
二人が高砂に着いたら照明ON
 入場と再入場、高砂に2人が着いた瞬間に高砂に向けてあった照明を一気に全開にしてみました。 高砂を際立たせる場面がそのあたりしかなく、ピンスポ操作しながらだとそれが限界でした。。。 予想通り司会が一礼や拍手を促すコメントをしなかったのでいいきっかけになりました(`^´メ)続きを読む

pearlblueblue at 00:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 24, 2007

今日のお二人 〜 笑顔と涙 〜5

てるてる やさしさ 絵:”てるてる天使”より 

9月23日は、母の誕生日。 母の名は、微笑み、笑顔の”笑子”さん。 その同じ日、また笑顔のステキな二人に出会えました。
アキラくんとトモちゃん。 私は打合わせ時に、二人の簡単な似顔絵を書いておきます。 その新婦については、”トモちゃん! えがおの可愛い子”とニコニコ顔のトモちゃんの絵を記してありました。(上手〜)
 お客様なのに、トモちゃんと呼びたくなる、かわいい、くったくのない笑顔が魅力的な女の子。 会話のたびに、にっこにっこして、ありがとうございます、と言葉を返してくれる。”ありがとう”が、こんなに心を癒すものなのかと感じたものです。
            
 ♪音楽が決まり、今日の本番を楽しみにしていてくれたお二人。 アキラくんは、少々緊張気味。 今日は披露宴内人前式。 お友達や、出席者に見守られての結婚式。 その音楽は厳粛にも、カジュアルにもアレンジできます。 ミュージシャンを目指していたアキラくんの選んだ曲は、”エリー・マイラブ”。 ステキな音楽にのって、緊張を破りたかったのか、両手を上げ、満面の笑みでご入場。 場内からは、わお〜! アキラ〜〜!!と歓声があがって、一気に和みました。
 そして、トモちゃんとお父さまは、”China Roses”で、しっとりきれいにご入場。 お父さまは、やさしい笑顔で、アキラくんのもとへトモちゃんを送る。

そのつつまれる空気を思い出すと、涙がでちゃう。 とてもとてもあたたかい、なごみのなかで、結婚式が行われました。

 オレンジ色のドレスでキャンドル。 その色がトモちゃんのほんわかとやさしい雰囲気にまた良く似合って。 アキラくんが選んだ”Twilight In Uper West”夕暮れのキャンドルにはとてもステキです。
 このご披露宴は、まさしくお二人の人柄のタマモノ。  トモちゃんは、その笑顔で人を癒し・・・と、エピソードを聞くたびに、本当にこの子の素直さ、透明さ、可愛らしさ、やさしさに胸が熱くなって、なんか泣けちゃうのです。 
 音量を考えながら、お手紙を聞きながら花束へ。 Bank Band”の”糸”。トモちゃんは声をつまらせながら、頑張って読みました。 一番きれいにしてあげたいシーンです。 あちらこちらで、感動のグシュグシュが。(> <。)。 
        
 笑顔もいろいろ、太陽のようにサンサンと光をふりそそぐひまわりタイプや、おとなしく微笑むひなげし?タイプ。 
 オレンジ色のドレスのように、暖かくてほんわりとして、強い光ではなく、春のたんぽぽのようなやわらかな笑顔。 トモちゃんは、そんなお嫁さんでした。  お幸せに・・・。 (^‐^)b  

エリー・マイ・ラブ~いとしのエリー
TRUTH


pearlblueblue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 09, 2007

初心に5

カサブランカ

 末広がりの88、今日は記念日。 設立☆周年なんです 巷では8月8日は何の日?  調べてみました
 ☆そろばんの日 パチパチ・・らしい。
 ☆笑いの日 ハハハ・・のゴロ合わせですって。
 ☆デブの日 いや〜ん・・・・。8の字のふくよかなイメージ? 気をつけなきゃ!!
「88」が「はは」「パパ」と読めること、「ハチハチ」を並び替えると「ハハ・チチ」になることから ☆親孝行の日 でもあるらしい。 これはいただきです!d('‐^*)
 それから「世阿弥」が亡くなった日でもありました。
室町時代に足利義満のお気に入りだった能役者「世阿弥(ぜあみ)〜観世流」の言葉。「初心不可忘」しょしんわするべからず 〜

 「初めの新鮮な感動を忘れるな」という意味と思っていましたが、実は、稽古の進歩をはかるために、初心の未熟な芸もとっておけという意味のようです。(ちょっとむずかしい) 
 ひとつの初心を乗り越えられたとき、それは新しい時点での初心との遭遇なのだとか。
 段階ごとに経験する未熟さ、初めが「初心」。 上手になりだした頃が危ない、誉められるままに「時の花」を「真の花」と勘違いし、咲き誇った花を枯らせてしまう。 その花よりもなお、優れた花を咲かせてこそ「誠の花」となる。  そんな意味のある言葉なのだそうです。

 勉強になった!(^‐^)b  カサブランカの花のかおりにひたって、また今日から一節、「初心」に。

pearlblueblue at 00:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

July 29, 2007

All for One, One for All5

仮面の男  アレクサンドル・デュマの『三銃士』。アトス、ポルトス、アラミスとダルタニアンが友情を結ぶシーンでこの標語が登場します。 
 我々は一心同体。 
日本語訳「みんなは一人のために。 一人はみんなのため
                      に。」 

 映画「仮面の男」にも年老いた三銃士たちが登場します。  私はこちらが好き。 何十年経っても、三銃士の精神はそのままに、命をかけて戦う姿がカッコイイんですよ。(^^*)

日本においては、ラグビーの自己犠牲の精神を最も美しく表現した標語なのだそうです。 すてきな言葉・・。

 私が”ブライダル”の仕事をしている理由のひとつがここに。  
コンサートや舞台は、その道のプロが集まっていても、リハがありますよね。 でも披露宴は一大イベントなのに、脇がプロ、主役はこの日の二人・・・。  リハはありませン。

 担当キャプテンをはじめ司会・音楽・照明・カメラマン・ビデオ・お花・ヘアメイク・着付けに、お料理サービススタッフなどなど。
 各セクションのプロが、一度きりのステージに向けて、ぶつけ本番の大勝負をするのです。 
            
ハプニングもありますが、みんなの精神が、成功へと導く見えないエネルギーに・・・。 
 わずか二時間半の披露宴のために、新郎新婦は長期間をかけて打合せ、その当日、私達は最後の大舞台を任されるのです。 
 ときには”疲労宴”なんて言ってますけどね。

 一点集中の精神が、いいものを生み出し、真剣勝負が感動にかわります。d('‐^*)  何度やってもいいものです。
 結婚するおふたりは、「One for All」の精神でしょうか。
All for One・・・。みんなは一人のために・・・。

 ♪Sting、ブライアン・アダムス、ロッド・スチュワートが歌う、
”三銃士”のテーマ、「All For Love」 ぜひご披露宴で

pearlblueblue at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 03, 2007

すてきな想い5

ルイーズベア 今日の新郎新婦は・・・。 Kenちゃん、Kaoちゃん・・。 

 もう10年のお付き合い、そして結婚へ。 笑顔がかわいい、人気者の二人でした。 打合せ時「Kao・・・さんは、何の曲がいい?」と顔を真っ赤にしてたずねるKenちゃん。  長いお付き合いでも、なんか新鮮。  Kenちゃんは、Kaoちゃんのこととても好きなんだな〜と見てわかります。ハニー ラブ

 新婦お色直し退場は、新郎のお父さまと一緒でした。 通常は新婦父と・・ですが、わけがあり。 Kenちゃんのお父さまが、Kenちゃんの妹さんが神前式だったので、一緒に歩くことが叶わなかったとのこと。  
 Kaoちゃんは、替わりにご自分がKenちゃんのお父さまと歩くことを選んだのです。
 
 お父さまは、サプライズで呼ばれ、驚いたままKaoちゃんの隣へ・・・。音楽は、kiroro”未来へ”。 
 Kiroroが好きなお父さまのために、Kaoちゃんが選曲。 新婦の腕をとったお父さまは、”未来へ”にのって満面の笑みで進みました・・。嬉しそう〜。 

 Kaoちゃんのこころが会場いっぱいに伝わり、すてきなシーンになりました。 
 かわいいお嫁さんを迎えられたお父さまも幸せですね。  
 おめでとう。d('‐^)


pearlblueblue at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud