真央ちゃん

March 28, 2007

かたちになる 音楽5

世界フィギュア2007、ミキティおめでとう。真央ちゃんおめでとう。
各選手の苦しみやプレッシャーは、想像を絶するものであり、計り知れないけれど、私たちにとても大きな感動をもたらしました。

また男子、高橋大輔さんの演技、素晴らしかった〜〜!!

高橋さんは”オペラ座の怪人”を見事に舞った。曲を知っているだけに、次にくるフレーズにはどんな振りがくるのかをつい期待してしまう。ダイナミックな部分には、両手を広げたり、跳んだり? バイオリンやピアノの細かな動きには、クルクル回ったりとか、素早い動きを想像しちゃう。
 
でもそんな競技ではないし、採点基準もあるので、そんな見かたはいけないかもと思うけれど、音楽だけが大げさすぎてもおかしい。 高橋大輔さんは、あの難しいオペラ座・・・の曲にオーバーラップし、ダイナミックなフレーズも見事に、音楽を表現していた。 
(^-')bまたあの映画が見たくなっちゃった。

目に見えない音楽を仕事とする私としては、フィギュアやシンクロ、バレエ、ダンスなど体で音楽を表現するアスリートたちは、アーティストだと思う。
ミキティ、真央ちゃん、高橋選手、シンクロのデデューなどに通じるのは、背景の苦労話では終わらずに、その糧を見事に”光”に変えてしまう力。

見えない音楽が形になり、その心の表れが私たちの目に映る、美しい瞬間でした

 これから結婚するお二人へ
 オペラ座の怪人より  All I Ask Of You 
 キャンドルサービスにおすすめ。 うっとりしますよ。(^-^)o


pearlblueblue at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud