松田聖子

October 25, 2010

DAVID FOSTER  JAPAN TOUR5

デイヴィッド
 行って来ました! 
♪世界的な音楽プロデューサー ”ディヴィット・フォスターJAPAN TOUR2010”

 あのボディガードのサントラを手がけ、ホイットニーの歌う、
ダン!! 「♪エンダ〜・・・」を一世風靡させた方。
 
またセリーヌ・ディオンを発掘したのもデイヴィッド。 d(’‐^*
「♪To Love You More」&葉加瀬太郎、こちらもブライダルソングで引っ張りだこです。
 
最近では、ジョシュ・グローバン「♪You Raise Me Up」も大ヒットですね。
ディヴィッドのかなでる音楽は、流麗で美しくひびきます。 
ブルっとする感動ものも数知れません。  
                   

♪私の披露宴音楽の原点が、このディヴィッド・フォスターの生み出す音楽でした。 
その昔「ウオーター・ファウンテン」という曲に魅せられて。 

♪ピアノの旋律の「流れ」と「間」の美しいこと・・。 
そのうたいかたに酔わされ、メロディやハーモニーからあふれる色気、せつない音など、惹きつけられるものがたくさんある音楽なのです。。 
      ハニー ラブ

会場内は芸能関係者だらけで、平原綾香さんや、眞鍋かをりさん、作曲家の岩代太郎さんと松本しのぶアナご夫妻、それからなんかイケメン軍団がいましたが、これからデビューされるのかしら?

絶対聖子ちゃんも来ているはず!!とキョロキョロしちゃいました。 
以前書きましたが、松田聖子が歌う「抱いて・・」は ディヴィッド作曲プロデュースなの。
             
♪コンサートは、映画「セントエルモス・ファイヤー」のテーマで
オープニング。 
なんとディヴィッドは会場客席から登場しました。 (^-^* 
もう〜、わ〜キャー〜〜!!  さわりたかった〜。 

私が探していた聖子ちゃんは・・、もしや・・ ♪ 
きゃ〜!! (☆゚∀゚)いた〜! SEIKO MATSUDA 登場。 

ディヴィッドのピアノで一緒のステージで「抱いて・・」を披露。 
まさかまさかこんなシーンが見られるなんて・・。 
 涙ぽろぽろしちゃいました。 

Honey Love

それから、シカゴと言えば、あの空に抜けるようなクリスタルVOICEのピーター・セテラ。 
この二人あって生まれた名曲「♪素直になれなくて」。 
 いい声でした、ピーター・セテラ。 

♪ラストは、シャリースというフィリピン出身の女の子、まだ18歳。
ホイットニーやセリーヌはここにはいないけれど、彼女が変わって数々の名曲を熱唱しました。
声色、厚み、音域、末恐ろしいほどの才能に、場内静まり返って・・違うか、聞き入ってしまい、歌い上げると割れんばかりの拍手です。 すごい子がいるものです・・。

それぞれの曲に、いろいろなことが思い出され、ちょっとセンチになりました。
 披露宴には、やはりこんな美しい曲が本当に似合う。

♪61歳のダンディなデイヴィッド・フォスターさま。 
感動をありがとうございます。
まだまだ現役 これからもすてきな音楽を聴かせてほしいですね。

もしもかなうなら、サラ・ブライトマンとデイヴィッドの協演があったらいいな〜と切に願います。 v(^-^*
                        10.20


ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~
アーティスト:デイヴィッド・フォスター
ワーナーミュージック・ジャパン(2010-09-15)


pearlblueblue at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 09, 2009

SEIKO MATSUDA5

        
聖子ちゃんっ・・同い年なんです。 
 このしっとり ”♪赤いスイート・ピー” すてきでしょ。

 ♪天使のウインク、♪大切なあなた、♪瑠璃色の地球、サントリーのペンギンさんCM♪Sweet Memoriesなど、どれをとっても大ヒット、かつては定番のブライダル・ソングでした。

 最近 CMで見かける聖子ちゃん。
 年を重ねて思うのは、「松田聖子」はやはり、凄い。

 変わらないあの声の響き、神秘のヴェールをまとってどこか天上にいるような人。
 「松田聖子」は永遠のアイドルで、数少ない☆スター。 恋して別れて、結婚して出産、別れて結婚・・いいんです、それで。   
 いろいろあっても凛としている生き方がすてき。 

Honey Love     初めて聖子ちゃんの武道館コンサートに行った時のこと。  ニューヨークで、「シトロン」というアルバムのレコーディングをしてきたと。 はじめて日本語のない世界に行った経験をステージ上で話し、朝起きても「おはよう」という声が聞けない、言葉が通じない数ヶ月、「血を吐く思いで作ってきたアルバムです・・・聞いてください」・・・ 少し涙声で でも笑顔で紹介して歌ってくれた「抱いて・・・」

 もう果てしなく昔のことだけれど、聖子ちゃんを見るといつも思い出す、「血を吐く思い」の忘れられないエピソード。 


 今、輝いているすてきな40代、50代女性がたくさんいます。 
半世紀も生きているのに(失礼)ますます輝いているってすごい。
 持って生まれた天性の「美」と、見えないけれど隠れた努力だってきっとある?  
 でも、輝いている人は、やはり生き方がカッコイイ。  
 
 今夜は月がきれい。  私だってまだまだ輝きたい。
  聖子ちゃんと同年代なんだから・・ね!
           d(^-^*                

pearlblueblue at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud