新春歌舞伎

January 21, 2010

海老蔵様

201001211120000えびさま
そういえば・・・。 
 お正月早々 急にチケットが取れて、行って来たんです!海老蔵様。 
舞台初日を迎えた翌日3日のことでした。 
 歌舞伎・・お正月っぽいでしょ。

 おめでたい話題でここのところはテレビで拝見していましたが、一年ぶりに観たなま海老蔵様。 

 今回は一人で何役も早変わりで演じるという、「慙紅葉汗顔見勢(はじもみじ あせのかおみせ)伊達の十役(だてのじゅうやく)」。
顔を紅葉のように真っ赤にしながら、汗をかきかき十役早変わりという意味らしい。 
 
その上演時間、なんと約5時間半。 
 お正月早々、これは眠ってしまうのではと思ったら、いや〜楽しかったこと、あっという間でございました。
                   
 一瞬にして、全く別の役に変わる。 海老蔵様が一人で10人もの役を演じるのです。 男から女へ、または別の男役へ。 それも豪華衣装も全てチェンジ。 かかっても数秒という早業に圧倒され、どうなっているんだろうとそればかり気になったり・・。

 今回は、猿之助(えんのすけ)さんが演出なので、宙吊りがありました。  海老様が・・・。 花道から3階まで、あの大きな目をかっと見開き、瞬きもせず。 見つめる私の、ほんの5メートル先を通り過ぎて行かれました。

Honey Love
 何といっても海老蔵様は、華があります。
どんな役も 美しい。
  写真左は仁木禅正(にきだんじょう)、左右どちらも海老様。  仁木禅正に扮したとき、 ”よっ!! おじいちゃんそっくり!!” 
なんて声が。 会場はどっと笑い。 (^‐^*

 新橋演舞場は、海老様目当ての若い方もいっぱいです。
(私も・・含む・・) 獅童くんもステキでした。
歌舞伎界は、若手スターがファン層を増やし、親しみやすい内容になってきていますね。

 今年も華やかにしなやかに ご活躍されることでしょう。 
 楽しみです。               

pearlblueblue at 12:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud