スタッフ

December 03, 2007

のりきった〜!!5

てるてる ハート3
あっという間に11月が終わっちゃいました 10月下旬からあまり記憶がなく、それほどめまぐるしく日々が過ぎて。 今年はいつもに増して、同じ日に件数が重なり、どうしたものか本当に悩んで悩んで、頭の中も髪の毛も真っ白に・・(0‐0)

 最後の連休はホントきつかった〜。 担当する宴席は、土日1件づつの本番でもかなりの神経疲労。 それなのに私、もう若くないのに〜、11月17〜わずか10日で8件。 いつもは「毎日披露宴があったらいいな〜」と思っているのに、この時期ばかりは、やはり土日だけでいいのだと思う。(X‐勝─
 26日は、今日が終わったら!とビール。11月の初めてのお酒のような気がした。 そこまでは元気だったのだけれど、一気に気を抜いてはいけないと、へんな気を使っていたのか、昨日は顔を見られるたびに「疲れてる?」と言われ・・・。 確かに、きゃ〜!  私のお顔が・・。 かわいそうなほどお疲れのよう・・・。 (ー0ー)くまさんも2匹。 自分のこと、少しはいたわってあげよう。
 
 うちのスタッフもホントに良く頑張ったんです! 30分を切る移動があったりと、超ハードスケジュールで走りまわり、体調不良でも、大きな事故もなく、無事におさめてくれたこと、本当にありがとう。 各会場、すばらしいチームプレイでした。d('‐^) 

 ココロがみえたらって ときどきおもうけど
 みえないからこそ がんばれるのかもしれないね   
                     by TERUTERU

pearlblueblue at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 30, 2007

すたっふのひとりごと5

11月25日(日)T・S御両家 MC:持込み司会

 本日の宴席は、横使いのレイアウト。照明にとってはやりにくいコトこの上なし。 さらに高砂後ろは何もなしで殺風景。 少しでもよく見えればいいかな…と、高砂に向ける照明を増やしてみました。
 司会はおそらく披露宴を経験したことのない自称フリーアナウンサーの他称オバサン。('‐^;)

進行表にあったカラオケの「大阪LOVER」という曲が歌本にもリモコンにもなく、最終兵器の携帯で調べて難なく発見。 ホントに携帯あれば何でもできる世の中になってます(^o^) これからは番号が見つからない場合、この方法で検索した方がより確実だと思われます。
 で、せっかく番号控えたというのに、打ち合わせで司会曰くカラオケ→ピアノへ変更とのこと(ーー;)番号調べて歌のチェックもしたのに…
進行はシンプル、高砂は殺風景、司会は頼りない、これではせっかくビデオさんが入っているのにもったいない・・・少しでもこちらでカバーできればと思い、いろいろやってみました。

入場で音と照明のシンクロ
 入場曲「We Will Rock You」のイントロ(ドンドンパッ!の部分)に合わせて上のネオンをいじってみました。
 新郎新婦からは見えない部分ですが、会場から「おぉ〜」という声が出たそうです(Hさん談)。
二人が高砂に着いたら照明ON
 入場と再入場、高砂に2人が着いた瞬間に高砂に向けてあった照明を一気に全開にしてみました。 高砂を際立たせる場面がそのあたりしかなく、ピンスポ操作しながらだとそれが限界でした。。。 予想通り司会が一礼や拍手を促すコメントをしなかったのでいいきっかけになりました(`^´メ)続きを読む

pearlblueblue at 00:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 05, 2007

ちょっと自慢〜?5

事務所を作って14年目でしょうか。 
以前在籍していたスタッフの履歴書を見つけました。
学生時代にはじめたバイトのはずが、卒業を迎える頃には、手放すのがおしいかわいい存在になっていたスタッフや、一度この世界を離れ、再びやりたくなったから・・と、現場に復帰したスタッフもいました。

 Uくんは、立教大3年の夏から所属し、ブライダルのオペレーションを一からはじめ4年間在籍。とても頼もしい存在になってました。就職しても、Helpに来てくれたり。

 彼が去って2年ほど、1枚のCDが届いたのです。
「社長へ・・・ 僕が作った曲がCDになりました。」
え〜っ・・・?、某事務所のアイドル歌手でしょうか。ファーストアルバムの1曲に「作曲:○○☆☆」と彼の名前があるではないですか。
いつも手にしているCDに、身近な人物の名前があるなんて〜。
彼は大企業に就職したのに、どうしても音楽を作る仕事がしたいと2年程で辞め、それからバイトをしながら夜間の専門学校に通ったのです。 その思い切りの良さに、応援していた私としては、Uくん、やったね!o(^-^)。

その彼はどうしているかしら? そうだ、検索してみよう!。 
あった〜!  エイベックスの作曲オーディション、4000人から選ばれた10名の中に彼の名前を見つけてしまいました。 すごい!
 彼に少しでも関われた私としては、ちょっと自慢です〜。

 Sさんとは、チャペルのソリストを募集して出会いました。
武蔵野音大、大学院を受けるという時でした。はじめて彼女の歌を聴いたとき、学生なのにこんな人がいるの?・・・と思うほどすばらしかったのです。 表現力、感性、人間性・・・。なぜか彼女の歌を、いろんな人に聞かせてあげたいと思いました。  

 ある日、オリジナルのチャペル式の機会があり、海の見える47階で、そのロケーションにあわせた音楽を考え、♪結婚するお二人へプレゼントしたことがありました。 
翌日カメラマンさんからお電話が。「いろいろな式を撮影してきましたが、こんな感動は初めてでした。それを伝えたくて」と。 とても嬉しい言葉を聞かせていただきました。 そうですよね。 その想いを伝えたくなるほど、彼女の歌は不思議に、心があらわれるような感じになるんです。 なんと表現したらよいのかしら。 是非、お聞かせしたいですね・・・。
 
 そのSさんも卒業・・。またまた、見つけちゃいました!。リゾートホテルで小さなディナーショー、ソロコンサートをしているとは聞いていましたが、芸能事務所のプロ歌手養成の講師もとご活躍のようでした。
また、コンサートなどの収益金は、慈善団体へ寄付しているよう。 そんな女の子なんです。 あの透明な繊細な歌は、彼女の心のあらわれ、それが聞く側の胸を打ちます。

 そんなすばらしい二人がうちの事務所にいたんですよv(^-^)
 幸か不幸か?私たちに関わったのも何かのご縁、皆さんの履歴のほんのひとときでありましたが、少しでも何かのお役に立っていたら嬉しいですね。

 おっと、('‐^*) 今活躍しているスタッフたちも、何かとうるさい私が選んだのですから、もちろん、自慢の大切な仲間です。  

pearlblueblue at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud