サラ・ブライトマン

March 02, 2011

♪Time To Say Goodbye〜 Wedding Sound

          レスピラールIII
レスピラールIII
              〜My Best Wedding Sound20〜
ヒーリングミュージック、Enya、Adiemasuなどが流行り始める少し前、私の興味は「レスピラール」というCDでした。
image(イマージュ)よりずっと前のこと。
シリーズで数枚発売されています。
                   
異国情緒のある雰囲気の曲が多く、披露宴ではほんの少ししか使えませんでしたが、その中にありました! 
 「Time To Say Goodbye」by サラ・ブライトマン 

今ではもう有名ですが、その頃はまだあまり知られてなく。
原曲はサルトーリ作曲、アンドレ・ボチェッリが歌ったクラシックです。 
それが「エニグマ」のオスカー・ピーターソンのアレンジにより、サラとA・ボチェッリのデュオとして大ヒットしました。
と言いながらも私も元祖ボチェッリのほうは、残念ながら未だに聞いたことがないのですが。

デュオのTime To sayはサラの友人、ドイツのボクサーの引退試合で歌われたことで広く知られたのだそうです。
原題のイタリア語では「コン・テ・パルティロ」〜君とともに旅立とう〜 というお別れではなく、旅立ちの歌。
よーく聴くとコンテパルティロ〜と歌ってますよね。d(’‐^)


多くのアーティストがカバーしていますが、今年また新たに見つけちゃいました。 
「外交官黒田康作」見てます?
このエンディングで、♪Time To Say・・・が流れます。
「アマルフィ」の延長のような設定なので、同じエンディング曲で、
歌い手が変わる、それもすてきなシチュエーションです。

このエンディング、ドラマの終盤間際からじわじわと流れ、そのままエンドクレジットへ持っていくニクイ演出。 
 とってもいい感じでそこだけでも繰り返し見ている私です。 ^^;

♪ イル・ディーヴォが歌う「Time To Say Goodbye」
まもなく発売になります。
外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
SMJ(2011-03-09)
販売元:Amazon.co.jp

披露宴ラストの二人の退場〜送賓へ。 
また、キャンドルでもステキです。 
 
 男性4人のVocalで歌い方はクラシック的ですが、アレンジが
popバラードになっていて、とても品の良い曲になっていますよ。 v(^0^)
                         
 
♪サラバージョンのTime To Sayは、こちらの「アマルフィ」の記事でもご紹介していますので、良かったら見てくださいね。
 
                                      

pearlblueblue at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 19, 2010

A Question Of Honour

クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン

My Best Wedding Sound20

サッカーのことよくわかっていない私でも、この曲だけは。
 d(’-^)

 サッカーニュースの時間は、必ずバックに流れていますよね。
World Cupの年は、それに合わせてかサッカー好きの新郎さんが多いようです。
なぜわかる?  新郎リクエストが多くなり、使われる音楽はサッカーのあのときの曲、この曲と言われまして。  オオーw(*゚o゚*)w

 よくわかっていない私は、必死に調べたものでした。 
 今では・・・。 フッフ〜ん。。。 ( ̄ー ̄)/

それでは、2010年ご結婚のサッカー大好き新郎新婦へ、おすすめのBGMで〜す。

 ♪ A Question Of Honour〜サラ・ブライトマン 
      -入場・ケーキ入刀などに
         短いバージョンでストレートに。 
         サッカーファンということが、わかりやす〜い。
 
   ♪ Passion〜ニック・ウッド 
      -新郎退場やテーブルラウンドに
     ビールCMでも使われていますが、有名なメロ以外も
     なかなか味があります。 人気の一曲です。

 ♪ We Will Rock You 〜Queen 
      -新郎退場やフォトサービスに
   
 ♪ World Soccar Anthem -The Glory
 ♪ 日本サッカーの歌 〜坂本龍一 
      -お色直し入場などに

 ♪ Anthem 〜Vangeris -乾杯などに
      壮大な前半は、どこから使うか迷っちゃうかも。
       
 ♪ Go West 〜ペットショップ・ボーイズ 
      -乾杯や送賓などに
     イントロが見事に締めてくれます。 前進あるのみ!

 でも・・ ダントツのおすすめは、やはり”A Question Of Honour” さっき出た? そうなんですが、オペラとPop Rockの融合、Longバージョンがありまして・・d(’-^*

 テレビから聞こえるあの有名な部分の冒頭は、オペラチック。 
サラの声の響きにはじまり、神聖なチャーチオルガン、そして雷鳴とどろき、ダークなリズム、ソプラノVoiceの流麗な響き、だんだんとあのメロディーに迫っていく感じが・・なんとも魅力的。
 その後は、またオペラチックにEnding・・。 そこはメインキャンドルなんかに使えたら面白〜い。

 お客様には冒険過ぎて、おすすめしませんでしたが、ブライダル・フェアではやりましたよ。 d(’-^) も〜う、ステキでした。  

 頑張れ!! 日本!!  
                             

pearlblueblue at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 16, 2009

アマルフィ〜〜〜5

アマルフィ♪やっと 行けました。 
アマルフィ・・。 d(’‐^)
旅行じゃなくて映画です。

サラ・ブライトマンが出演する!!
 それが一番見たくて &世界で一番美しいといわれるアマルフィ海岸と。 
 おそらく そこへ行けることはないでしょうから せめて大スクリーンで見たかったのです。 
 動機が不純か・・ 。>_<。。 
TVCFでおなじみ、誘拐事件から始まり・・オール・イタリアロケ。  

映画の中の日本人と あのイタリアの風景は なんか違和感が・・と思ったのも確か。 でもでも サラは美しかった!!! 
 CDやPVよりも、この方の歌で映画が展開されていくことが たまらなく嬉しく、またとてもステキでした。

 背景に音楽がとけこみ、いや逆かな・・。音楽に背景が重なり・・ですか。 オーケストラも歌声も 映像の雰囲気を いっそう美しく格上げしたのは確かです。(^‐^)V 

 ラスト、エンドロールは 
      Time To Say Goodbye(Con Te Partiro)。
これが よかった〜〜〜。 一番感動したかもしれません。 
New Yearを迎えたイタリア人たちのHappyな笑顔が とてもこの曲に合っていて ジーンときました。

 ” いままでに 見たことも おとずれたこともない場所を
   船に乗って 海を越えて あなたとともに 旅立とう ” 
  
  わんだ ふぉ〜 です。 ^-^*

アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~
アマルフィ~サラ・ブライトマン・ラヴ・ソングス~


 実は 満席のため 先に「GIジョー」を見たのでした。 
ゲームしているみたいで、結構 楽しかったですよ。  
 スカーレット役のレイチェルは とてもカワユい赤毛の美人。
カッコイイです。 
 それから イ・ビョンホンが好きでしたが、もしかして 前髪が短いほうが もっとステキなのでは・・・。と個人的な感想です。

 映画三昧の 幸せな一日でした。    Honey Love

pearlblueblue at 01:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 12, 2009

♪ O Mio Babbino Caro 〜私のお父さん〜2

 花嫁の季節6月。
   ジューン・ブライドは幸せになれるという。
 このブログには、6月に限らず「私のお父さん」の歌詞から訪れてくださる方が多いようです。 

 父の日・・? それともお父さまに何かサプライズ的なことをお探しなのでしょうか。(お問いあわせいただければ、何かお力になれるかも)
 というわけで、父の日も近いのでパパの話題を。 

 確か昨年は映画「花嫁のパパ」を、その前は「オー・ミオ・バッビーノ・カロ〜私のお父さん」の歌をご紹介させていただきました。
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2001-11-28
おすすめ度:4.5


家から離れてはじめて父親の存在感に気づかされました。 
いつも怒鳴られ、怖い父だったのに、久しぶりに声を聞いたとき、
胸がきゅんとしてなぜか泣けてきて・・そんなころがありました。

 そして、あの日、こわ〜い父の目に 初めて見た涙・・。 
老眼鏡をはずして目をこすってました。 ち〜ん!なんて鼻をかんじゃって・・。
 プッチーニの「私のお父さん」ではなく、どちらかというと
「娘よ」の芦屋雁ノ助のイメージの父です。^ー^* 
 ♪よ〜めに行く日が こなけりゃいい〜と・・、ってかんじかな。
 
ハニー ラブ そんな「お父さん」は、花嫁にとって不思議と永遠の別れ
 のごとく感じるのですよね。
      もしもチャペルで一緒に歩けるなら、披露宴で一緒に
入場できるなら、是非そうして下さい。 
 子供の頃のように手をつないだり、腕を組んだり「私のお父さん」と一緒、とってもステキなシーンになります。 v(^O^*
  
 パパにとっては・・娘の手をとって歩くこと、うれしくてさみしくて、
でも幸せなひとときで、きっと最高のプレゼントに・・。
  
 披露宴で一緒に歩くなら、おすすめのBGMは・・
♪サラ・ブライトマン「私のお父さん」(上記) 入場や花束贈呈でも。

♪うれしくてさみしい日(ママから娘への歌でありますが)
幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
アーティスト:竹内まりや
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008-05-21
おすすめ度:5.0

♪アンフォゲッタブル /
    ナタリー&ナットキング・コール(父娘デュエット)
ラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツ
アーティスト:オムニバス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2002-04-17
おすすめ度:4.5

  久しぶりに「花パパ」見ようかしら・・。 
    うちの「鼻・・パパ」は元気かな〜・・。(’-^*     

pearlblueblue at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 05, 2009

ためいき・・・・ Beautiful サラ・ブライトマン5

パンフまじ・・っ? 電車が動かないらしい・・? そんな〜私行かなくてはならぬ。 だって今日は高額チケットのサラ・ブライトマン コンサートなのにぃ。 
 ぎゅうぎゅうの電車に無理やり体を押し込んで。 いつもなら絶対そんなことしないけれど、今日だけは・・・。ーー;

 オープニングは、真っ赤なドレスのすそをひらひらさせてダイナミックに登場、バン!と曲が終わって、両腕を広げ深々とお辞儀をするサラ・ブライトマン。  
 端正な小さなお顔と長いキラキラのヘア。 細く長い手足に遠目でも胸の谷間がバッチリ見えちゃった。^o^* 抜群のスタイル。 
 もともとは舞台、ミュージカル女優、指先の動きもまるでバレエを見ているかのような美しい動きです。 ハニー ラブ 

 幻想的な照明や、浮かび上がり変化していく背景 月や星空、森に水辺と その中で歌うサラはほんとうに美しく、一挙手一動見逃せませんでした。 
 
 クラシックでは「ネッラ・ファンタジア」の透明な旋律に感動で泣けちゃいました。 Popsでは「Whta A Wonderful World」音がかっこよかった〜。 
 また「こんぺいとうの踊り」がR&B風になっていて。 そのときサラはステージ奥で 自転車に乗って・・? 妖精のような魔女のようなこの方が 可愛らしくもちゃりんこに・・。^o^  

 曲の合間は、クラシック曲のイントロをモチーフにして、踊り子さんたちが色っぽく、ときには少女のようにかわいらしく踊ります。 
その背景もとってもドラマチック。  水上に見せたシンクロ?のシーンでは、サラはステージ上に横たわり、鏡のように映し出されていた様子。  とっても不思議でホントに退屈させません。
サラ ブランコ2 
 前半は ブランコに乗って 花びらが舞うシーンが最高に美しいシーンでした。
 
 後半はクリスマスアルバムの中から、私の♪ 着メロ曲が歌われ・・ d(^o^p 
今度はキラキラの光る雪がふりそそぎ 圧巻!!! きゃ〜 キレイキレイ〜。 Beautiful・・・ ハぁ〜もう うっとりため息ばかりなり・・ *^o^*

パンフ2 この美しい方も同世代。 
ダンスから クラシック曲へと移り変わっても息があがらず、透明な声でシーンを変化させていく。 
 すばらしいアーティストサラ・ブライトマンの想いは 十分に伝わり 想像以上の感動のひとときでした。  

 武道館を出ると ステージで見た大きなMoonと対照的に、夜空にはくっきりと「上弦の月」が。   「雪月花」の似合うアーティストもめずらしいかもです・・。

 チケットは二人分ほどの額ではあったものの、時間さえ許せばもう一度見たかった・・。 いまもこの時間 最終公演が・・・。
 aaa・・・ (ためいき)・・・         

 P.S お写真は パンフレットと新聞より・・・パシャッ!

pearlblueblue at 21:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 12, 2007

9月のサウンドレター〜誰も寝てはならぬ5

サラRED
  やっと秋の気配が・・。  クラシックに相応しい季節ですね。
 プッチーニが最後に書いたオペラ ”トゥーランドット”より ♪「誰も寝てはならぬ〜Nessun Dorma」。  冬季トリノオリンピックで、荒川静香さんが舞い、この曲は一気に有名になりました。 パヴァロッティが歌ったトゥーランドットをご紹介しましょう・・・。
 
 ・・・古代中国皇帝の一人娘「トゥーランドット姫」は、花婿候補に3つの謎をかけ、解けなければ処刑するという条件を述べました。  トゥーランドット姫の美しさに一目惚れしたダッタン国のカラフ王子は、その難問をみごとに解くのですが、姫は王子の求婚を受け入れません。
 そこで王子は、姫に謎かけをします。「私の名は誰も知らないはず。夜明けまでに私の名を解き明かせたなら、この命を捧げよう」
 トゥーランドット姫は、家来を総動員し、王子の名前を何としても見つけよ!〜今夜は「誰も寝てはならぬ」と命令します。 やがて王子を愛するリューという女が捕らわれ、拷問にかけられますが、リューは王子の名を明かすことなく、剣を奪って、自らの命を絶ってしまうのです

 王子は、強引に姫にキスをして、自分の名前をそっと打ち明けます。 王子を愛するリューの献身愛と、王子の情熱に心を打たれたトゥーランドット姫は次第に心を開き「彼の名は『愛』です・・」と宣言。 二人は結ばれます。
 カラフ王子は、トゥーランドット姫が自分のものになると自信を持って、このアリアを歌うのです。 静かな中に情熱があふれる、心ふるわす美しい名曲です。 
 すやすや眠っておりますが、サラ・ブライトマンバージョンもとてもすてき。d('‐^*) 

 このオペラは未完成のまま、プッチーニは他界しちゃったのだそうです。 余談でした。
   ♪ メインキャンドル点火!   

pearlblueblue at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 01, 2007

6月のサウンドレター 〜私のお父さん〜5

サラ ”SARAH BRIGHTMAN”
 プッチーニはオペラのアリアを数多く書いた音楽家。  荒川静香さんで有名になった♪「トゥーランドット」もプッチーニ作曲。(光栄なことにプッチーニとBirthdayが一緒なんです!)
 最近は、オペラ・アリアとPOPSの融合で、カッコよくアレンジされている音楽が増えました。 
激しい歌詞と、POPなリズムで、いっそうドキドキさせてくれる。 ♪「Question Of Honnar」〜サッカー・テーマ曲や車のCMで大人気のこの曲もそう。 
 オペラは、歌から感じる情熱というか「熱情」に惹かれます。

 6月のサウンドレターは、その中でも、ジューン・ブライドにお薦めしたい、プッチーニ作品より一曲。 〜歌劇「ジャンニ・スキッキ」より「O Mio Babbino Caro 〜オーミオ・バッビーノ・カロ」。 
邦題は「私のお父さん」。 歌詞をご紹介しましょう。

 〜私の大好きなお父さん
  私、とってもあの方が好きなの
  これから二人でポルタ・ロッサの町へ 
  指輪を買いに行かせて下さい。
 
     ええ、ええ、どうしても行きますわ!
     もし、お許しがなかったら
     私たち、ヴェッキオ橋へ行き
     アルノ河に身を投げる決心です!

        ほんとに心から愛しているの!
        ああ、生命をかけて!
        だからお父さん、どうか、おねがい!

 激しい思いがほとばしる歌。  (-ー; 死ぬとか縁起でもない?  それほどの情熱と捉えてくださいませ。 この激しい歌詞とは違い、音楽は、とてもとても美しいメロディーで、イントロから惹きつけられます。 
 また多くの女性アーティストたちに歌われています。 キャサリン・ジェンキンス、フィリッパ・ジョルダーノ、シセル、キリテ・カナワ、ニコル・キャベル、などなど・・。歌い手としては、レパートリーにしたい一曲なのでしょう。 

 チャペルの入場や、披露宴内で、お父さまと一緒の入場シーンがあったらおすすめです。 美しい旋律と、おごそかな雰囲気で、感動的なシーンになりますよ。
”サラ・ブライトマン”が歌うバージョンが特にステキ!d(’‐^*)

 ♪日常を離れて、時にはうっとりする曲も、静かなやさしいエネルギーを与えてくれます。
  〜私のお父さん〜 父の日に愛を込めて 

キャサリン "KATHERINE JENKINS”

pearlblueblue at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud