キセキ

October 16, 2010

出会えたキセキ 25

   世紀のぞろ目、2010年10月10日「大安」でした。

          ハニー ラブ
そのすごい日の エピソード 1 〜結〜
♪ 私が担当させていただいたお二人も、この日の朝、婚姻届を提出されたそうです。
とてもよいご披露宴でした。

最近は、2ヶ月前の予約も珍しくありません。 
でも1年と数ヶ月前からこのお二人のお顔を観ていました。

いつも手をつないでホテル内を歩いて・・。 (^-^*
なんか微笑ましくてかわいい22歳。  とても自然なんです。 

ご披露宴でわかった、この子達の出会いはなんと! 幼稚園。  
そして小・中・・ と彼がずっとあわ〜い恋心を抱きつつも、高校生になってからお付き合いをはじめ、今日の日を迎えました・・・。

新婦さんは、Weddingドレスで登場時、拍手をあびて感極まり、
嬉し涙がぽろぽろ。 私も泣けちゃいました。  
 この最初の入場シーンが、一番感動です。

ケーキ入刀でもまた笑顔の涙涙。  
お友達も微笑みと涙涙。

このお二人は、出会ってからここに至るまで長かったというべきなのでしょうか? 
結ばれるべくして、ご結婚を迎えた軌跡を見ることができました。

                Honey Love
 エピソード2 〜縁〜
♪ はじめて、同年、同日に生まれたお二人に出会いました。

お誕生日が一緒のカップルは見ていますが、千葉県と岩手県で、同じ時代同じ日にお生まれになった二人が、出会って結婚。
 ちょっとぶるっとします。 

お誕生日が一緒とわかり
「びっくりしませんでしたか?」の問いに、
「いや、別に。 そうなんだ〜って感じでした。」
お答えにびっくりしたのは私でした・・。 

当人たちは、いたって自然なんです。  
これがご縁なんですね・・。 


          Honey 笑顔
  エピソード 3 〜縁結〜
ご披露宴、結び。 お父様の謝辞。 
長い謝辞でした。 お父様は二人が出会うまでのことを思い出しながら・・。 おじい様の若いころに遡りました。 

戦争から命からがら戻った後、相手の方と引き合わされ一週間で結婚(昔はそうだったらしい)。  そしてお父様が生まれ・・、お父様は若い頃に下宿していたところのお嬢様と結婚。 そして新郎さんが、出雲大社の<出雲>に生まれた・・。 

社寺の設計をする会社に就職。
派遣された現場が、千葉県のある神社。 
そして伴侶となる、巫女さんに出会ったのです・・。

お父様は、「まるでそこへ行くために、急に勉強をし出し、建築士を取った」とおっしゃっていました。  運命に導かれてなのでしょうか。
  
年の差14歳。 でも彼は若く見え、彼女は大人っぽく、4〜5歳ぐらいの年の差にしか見えない、落ち着いたお似合いのお二人でした。


この謝辞は、命が受け継がれていること、また導かれながら出会っている「縁」というものを感じさせられました。 

おじい様が戦争から戻れなかったら、この二人は出会えなかった・・と。
感動の謝辞。

「運命」は決められていて、定められた道を歩かされているのかもしれません。  
 
出会うきっかけをくれたのは「運命」でも、
そこから道をつなぐのは、それぞれの心だと思います。

偶然というにはすご過ぎる、運命的な出会いが、この日だけでこんなにありました。
 
 お幸せに。  d(’-^*
                    
 

pearlblueblue at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 08, 2008

出会えた キセキ5

つき
 先日最終回を迎えた「ROOKIES」を見ました。 毎回、熱い涙があふれた最高のドラマです。

 一回目は見れたけど、なんせ土曜の夜8時。 無理・・。 ビデオ予約の余裕すらない。 
 でもでも最終回に向けて再放送されました〜! という訳で、ビデオに撮って連日見ることができました。

 最終回直前の、先生の言葉がいい。 「オレはこの学校に来てよかった。 そしてお前たちに出会えてよかった。」   
 ぐっときましたねd(’-^*
 
 以前、おもしろい本に出会っていました。 それには
「出逢ったことに意味がある」
「どんなときもどんな場面でも そのときの自分と同じ波動や 魂レベルの人としか 出会えないようになっている。」と。 
つき 2       
 出会える人は、ほんの一握り。 友達になったり、恋しちゃったり、結婚したり・・。 大切な人たちに出会えたことは、どうやらキセキではないようですね。 

「夢にときめけ! 明日にきらめけ! めざせ甲子園!」 d('-^*       
 私にだって、高校野球の応援に行き、真っ黒に日焼けし、勝っては泣き、負けては泣きと、一喜一憂していた頃がありましたのよ。     
                                  
キセキ(初回限定盤)(DVD付)


pearlblueblue at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud