ガラスの仮面

August 28, 2009

ガラスの仮面 5

かがやき
”ガラスの仮面”44巻がでた〜!
 
 通称”ガラ仮(カ)”に出会って 果てしなく時は流れ・・ それから30年以上゛花とゆめ゛にまだ連載中なんです。

 コミック第1巻の表紙はぼろぼろに。 
修理で貼り付けたセロテープもぱりぱりに・・。  ^-^;・・・。 

 不器用で何のとりえもない平凡な少女「マヤ」と、監督と女優の娘で 演劇界のサラブレットの「姫川あゆみ」が主役。  
 でもマヤちゃんは、自分では気づいていない天性の才能を持ち、亜弓さんは、見せない努力を重ねる人。 
 
この二人は、幻の名作「紅天女(くれないてんにょ・・梅の木の精霊)」を演じられる女優になることをめざして闘っているのです。 
 ざっとこんなストーリー なんですが。
Honey Love

 劇中劇「二人の王女」の26巻はとても見ごたえあります。 
 また マヤを陥れた卑怯な役者を 亜弓さんが演技で負かす
「カーミラの肖像」など、面白いですよ。 
(天才に努力で立ち向かい、ただ1人のライバルを守る亜弓さんがステキ)   
  
 演じるとは、
役柄の心、内面ありきでその人物になってゆくこと。 邪魔をされても足を引っ張られても、舞台に穴を空けてはならない。 
 心が張り裂けそうな悲しみの中でも、役柄の「仮面」をつけ舞台に立つ・・。  
 もしも演技中に「自分」が出てしまえば、もろいガラスの仮面は たちまちにこわれてしまう・・。  

 アニメやドラマや舞台・ミュージカルにまでなったガラスの仮面。  劇中劇でいろんな名作が登場し、読書のキッカケにもなりました。 
  スポ根ならぬ、演劇根性マンガ。  
  私の人生のバイブルのひとつです。  
         まだまだ続きます。 (^0^p      

ガラスの仮面 (第26巻) (花とゆめCOMICS)
ガラスの仮面 (第26巻) (花とゆめCOMICS)
  

pearlblueblue at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud