す・て・き

March 26, 2009

幸せに。 紀香ちゃん!5

BlogPaint 残念なお知らせでしたね。 紀香ちゃん・・。>_<。。

 今週は、キャンセルが出ました。 やはり〜・・・。
”永遠にともに”の曲はやめて曲変更ですって・・・。 

 人は人、自分たちはダウジョウブと思えばいいのにぃ。  
縁起が・・なんて言っていたら、絶対大丈夫な曲なんてないんじゃないか? d(’-^) 

 自分で”永遠に・・”と決めたことを否定しなくてはならなくなったことは、とてもとても辛いですよね。 披露宴の音楽をいろいろ考えていた紀香ちゃんのことを思えば、そのときの決意も、この辛さも痛々しいほど感じます。

 それでも相手を一切非難しない、過ぎたこととサバサバできるなんて、なんてすごいのでしょう。 ステキすぎます。 (^-^*

 明るい輝きオーラを放つ紀香ちゃんは、おそらく見えない努力や気づかいをたくさんしている人・・。 だからきっと幸せになれる人。
 残念ではありますがこれで良かったのでしょうね。  

 また新しい恋をして幸せになってほしいですね!。

 今度こそ”永遠にともに”・・
 いや、そんなに気張らなくていいんじゃないかな・・?。 

 ちなみに ”永遠に・・”は、弊社集計2008年度リクエスト「邦楽」
 のナンバー2でございました。     

pearlblueblue at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 05, 2009

ためいき・・・・ Beautiful サラ・ブライトマン5

パンフまじ・・っ? 電車が動かないらしい・・? そんな〜私行かなくてはならぬ。 だって今日は高額チケットのサラ・ブライトマン コンサートなのにぃ。 
 ぎゅうぎゅうの電車に無理やり体を押し込んで。 いつもなら絶対そんなことしないけれど、今日だけは・・・。ーー;

 オープニングは、真っ赤なドレスのすそをひらひらさせてダイナミックに登場、バン!と曲が終わって、両腕を広げ深々とお辞儀をするサラ・ブライトマン。  
 端正な小さなお顔と長いキラキラのヘア。 細く長い手足に遠目でも胸の谷間がバッチリ見えちゃった。^o^* 抜群のスタイル。 
 もともとは舞台、ミュージカル女優、指先の動きもまるでバレエを見ているかのような美しい動きです。 ハニー ラブ 

 幻想的な照明や、浮かび上がり変化していく背景 月や星空、森に水辺と その中で歌うサラはほんとうに美しく、一挙手一動見逃せませんでした。 
 
 クラシックでは「ネッラ・ファンタジア」の透明な旋律に感動で泣けちゃいました。 Popsでは「Whta A Wonderful World」音がかっこよかった〜。 
 また「こんぺいとうの踊り」がR&B風になっていて。 そのときサラはステージ奥で 自転車に乗って・・? 妖精のような魔女のようなこの方が 可愛らしくもちゃりんこに・・。^o^  

 曲の合間は、クラシック曲のイントロをモチーフにして、踊り子さんたちが色っぽく、ときには少女のようにかわいらしく踊ります。 
その背景もとってもドラマチック。  水上に見せたシンクロ?のシーンでは、サラはステージ上に横たわり、鏡のように映し出されていた様子。  とっても不思議でホントに退屈させません。
サラ ブランコ2 
 前半は ブランコに乗って 花びらが舞うシーンが最高に美しいシーンでした。
 
 後半はクリスマスアルバムの中から、私の♪ 着メロ曲が歌われ・・ d(^o^p 
今度はキラキラの光る雪がふりそそぎ 圧巻!!! きゃ〜 キレイキレイ〜。 Beautiful・・・ ハぁ〜もう うっとりため息ばかりなり・・ *^o^*

パンフ2 この美しい方も同世代。 
ダンスから クラシック曲へと移り変わっても息があがらず、透明な声でシーンを変化させていく。 
 すばらしいアーティストサラ・ブライトマンの想いは 十分に伝わり 想像以上の感動のひとときでした。  

 武道館を出ると ステージで見た大きなMoonと対照的に、夜空にはくっきりと「上弦の月」が。   「雪月花」の似合うアーティストもめずらしいかもです・・。

 チケットは二人分ほどの額ではあったものの、時間さえ許せばもう一度見たかった・・。 いまもこの時間 最終公演が・・・。
 aaa・・・ (ためいき)・・・         

 P.S お写真は パンフレットと新聞より・・・パシャッ!

pearlblueblue at 21:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 09, 2009

SEIKO MATSUDA5

        
聖子ちゃんっ・・同い年なんです。 
 このしっとり ”♪赤いスイート・ピー” すてきでしょ。

 ♪天使のウインク、♪大切なあなた、♪瑠璃色の地球、サントリーのペンギンさんCM♪Sweet Memoriesなど、どれをとっても大ヒット、かつては定番のブライダル・ソングでした。

 最近 CMで見かける聖子ちゃん。
 年を重ねて思うのは、「松田聖子」はやはり、凄い。

 変わらないあの声の響き、神秘のヴェールをまとってどこか天上にいるような人。
 「松田聖子」は永遠のアイドルで、数少ない☆スター。 恋して別れて、結婚して出産、別れて結婚・・いいんです、それで。   
 いろいろあっても凛としている生き方がすてき。 

Honey Love     初めて聖子ちゃんの武道館コンサートに行った時のこと。  ニューヨークで、「シトロン」というアルバムのレコーディングをしてきたと。 はじめて日本語のない世界に行った経験をステージ上で話し、朝起きても「おはよう」という声が聞けない、言葉が通じない数ヶ月、「血を吐く思いで作ってきたアルバムです・・・聞いてください」・・・ 少し涙声で でも笑顔で紹介して歌ってくれた「抱いて・・・」

 もう果てしなく昔のことだけれど、聖子ちゃんを見るといつも思い出す、「血を吐く思い」の忘れられないエピソード。 


 今、輝いているすてきな40代、50代女性がたくさんいます。 
半世紀も生きているのに(失礼)ますます輝いているってすごい。
 持って生まれた天性の「美」と、見えないけれど隠れた努力だってきっとある?  
 でも、輝いている人は、やはり生き方がカッコイイ。  
 
 今夜は月がきれい。  私だってまだまだ輝きたい。
  聖子ちゃんと同年代なんだから・・ね!
           d(^-^*                

pearlblueblue at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 20, 2008

11・22 〜ベスト・パートナー〜5

うしろ  私はだ〜れ?
 あは〜!! バレバレですが。 q(^o^) たまにはうしろからも良いでしょう。 相変わらず 愛らしいお姿。 白い頭をなでなでしたくなる。 ^-^*

 11月22日はいい夫婦の日。 たとえ平日であっても、毎年この日に結婚式があります。  今年は仏滅、でも土曜日だし、暦はあまり気にしないようですね。 ^-^*
            Honey Love
スポーツ報知より・・・。『北京五輪陸上リレー・銅メダリストで、先日現役を引退した朝原宣治さん(36)とバルセロナ五輪・シンクロナイズドスイミング・銅メダリストの奥野史子さん(同)夫妻が、「いい夫婦の日(11月22日)」にちなんだ、「パートナー・オブ・ザ・イヤー2008」に選ばれ都内で授賞式に出席した。
 大学時代から交際し、2002年に結婚。約18年の愛を振り返り、奥野さんは「北京でメダルの瞬間を見られたことが最高のギフト」とおのろけ・・・。』

 とてもすてきな記事ですよね。 *^-^* お二人が長いお付き合いの末、ご結婚ということは知らなかったのですが、北京で応援する奥野さんと、健闘中の朝原さんのお顔を見ていて、以前より増して、ステキな感じを受けました。 
 何というのか・・・心の「きずな」がしっかり繋がっているとか?結ばれているとかではなく、一本になっているみたいなすごい安心感があったのです。
 そしてお二人ともとってもイイ顔をしていました。 まさしくステキなパートナーだと思います。  

いつも一緒に さて、こちらの二人、「いつも一緒ね・・〜ダニエルぅ」 

「きずな」はまだ成長過程にあるようですが、お手てはしっかりとつながれているように見えました。  (私には・・・) d('‐^*     

pearlblueblue at 00:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 07, 2008

まだまだ だな〜5

サンビーナス秋の婚礼シーズン はじまりはじまり・・・・。
「忙しい」という字は、心を亡くす・・・と書く。 私たちが忙しいということは、ホテルのコーディネーターさんたちは もっと忙しい。
 お互い悪気は無くても、言葉のアヤやタイミングの悪さで、プチプチ切れる音が聞こえることが・・・。 でもこちらは、お仕事をいただく身。 理不尽な状況でも言葉を呑みこみ、怒りを抑え、そのうちに我慢している自分に腹が立ってきて・・・。 音楽を聴くとかそんな気分にもなれない、悶々としたこの気持ちを紛らわしたいとき救ってくれるのが「てるてる天使」の絵本。 
                    
 このブログでもご紹介していますが、この「てるてる天使」や「KITTY」は、そんな私の心を平静に保たせてくれる最高の癒しアイテム。^-^*
 ただただ愛らしい・・・この子たちがいなければ、どんな感情が湧き出てくるのか、考えると恐ろしや・・・。 

 てるてるに 「席は・・いつもよういしてあるから つかれたらやすんでいってね」な〜んて言われちゃうと、そうだね、と思っちゃうし、「しんこきゅうしてみよう きっと小さなコトだから」 ・・・ね・・。 
至って単純な自分であることにも気づかされ・・。 イヤなことは、出来るだけ忘れるようにつとめていますが、必要なことも忘れるようになってきてしまって・・・^o^;  どうしましょ。

Honey 笑顔
 そんな私に、とても刺激をくださった方が。 d(’-^*
100歳のおばあさまでした。 どう見ても70〜80歳にしか見えないお若さ。 100と聞いて驚き、びっくり、また驚き!  大阪にお住まいのそのおばあさまは、「赤とんぼ」の山田耕作さんのお弟子さんだったようで、現在もピアノを弾きながら、歌を教えているのです。 
 真っ白な髪の毛もお顔もとてもきれいで品良く、ハイヒールを履いてお出かけ。 ですから姿勢もよく、ほんとにお若いのです。 

 100歳で、歌にピアノ。 考えたこともなかった。 こんな風に年を重ねられるなら、人生どんなに楽しいものでしょう。 
 もともと育ちのよい方なのかも知れませんが、ずっと維持することは、本人の力なくては叶わない・・・。
「百歳万歳」という昨年放送の再放送番組、ということは現在101歳。 その半分に満たない私は、なんか気恥ずかしくなっちゃって。
 
 足 イタイタ なんて言っている場合じゃなく・・。 
     まだまだ だな〜・・・。             

pearlblueblue at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 21, 2008

うれしくて うれしくて5

小田さん2

チケットの抽選からもれて泣いている私に、不意に一枚譲ってくれた方がいたのです。 
ありがとうです〜。(^‐^*  そしてついにこの日が・・。

  冒頭、スクリーンに、オフコース時代の映像や小田さんアニメが・・、もうそれだけで胸がいっぱいで、涙がぽろぽろ・・・。 
  早すぎよと言われても止まらない。「こころ」が流れ、きゃ〜!!小田さん登場〜。 感動・・・。
 うれしくてうれしくて 言葉にできない・・

 オフコースの曲も歌ってくれました。「初めて世間に認められた曲・・」と言って「さよなら」が。 イントロから一気に、高校生の私にワープ。 先輩が卒業しちゃう・・。>_<。。・・・と、この「さよなら」が流れていたあの頃のことがよみがえって。 
 静かに歌を聴きながら、人生を振り返るような(まだ早いだろう?)なつかしい想いにつつまれました。 Honey 笑顔
 
 「この年になるとまた会いましょうと言えなくなる・・」なんて言うものだから、もしも・・・小田さんのこの声がもう聞けなくなったらどうしよう・・と急に悲しくなっちゃって・・・涙。 

 小田さん、息してる?と思うほど息継ぎが見えなくて、走ったりしているのに、CDを聞いているみたいに本当にきれい。 こころがピュアになれそうな透明な声にまた感動・・・。

 会場いっぱいにステージを移動して、いろんな方向のFanへ向けて歌う。 小田さんの中に万人へのとても大きな愛を感じて、また泣けちゃう。
 
 アンコールでは「Yes-Yes-Yes」も歌ってくれた。 オフコースに熱狂していたかわいかった頃にまた戻れた。

 泣いたり、回想したり、手を振ったりと忙しい私でしたが、小田和正様は、私の歴史になくてはならない 最高のアーティストです。 d('‐^*     
 
 ♪あなたに会えて ほんとに よかった・・・。   
  また会えたらいいな。  
    
小田さん1

pearlblueblue at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 31, 2008

キャっ〜! 近くで見ちゃった〜!!5

たまにはこんなこともあります。 芸能関係者のご披露宴。
 今回は、市川團十郎様のお弟子さんのご披露宴でした。 
 團十郎様ご夫妻の仕切りのもと、たくさんのお弟子さんも余興をご披露。    
 さすがは舞台人、会場内はド〜ッと笑いに包まれ、音楽係の私としては、このタイミングをもしもはずしちゃったら・・・と冷汗をかきかき、手からも汗が出る思いで、頑張りました! が必死のあまり、残念ながら余興は楽しめず・・。 。>_<。。。

drawing  市川海老蔵さま、乾杯のご発声のもと開宴。 
 主役のご新郎様ももちろん、皆様昨日が、千秋楽とあってお疲れなのかなと、音楽はやわらかく・・控えめに・・と勝手に気を遣いました。
 余興で頭がいっぱいだったものの、お弟子さんたちも皆様感じ良く、はんなりとした空気に包まれて、こちらも心がなごみます。

 こんなところに結婚式の良さがあります。 
 幸せオーラのおすそ分け。   
 
 歓談中に、海老蔵様が、BGMに乗って、指でテーブルをトントンしているのが見えました。  ♪ なぜか嬉しくなっちゃった。 ^-^*
 海老蔵様は、楽の翌日、披露宴出席、そのまた翌日は、玉三郎さんと7月歌舞伎の記者発表と連日出ずっぱり。 
 本当に芸能人は、なんてタフなのでしょうか・・。 

 さすがに、携帯で写真は失礼かと思い、私は一枚も撮れませんでしたが、分けていただきました。 
 遠目なので、掲載してもよかったかしら・・・? ハートもたくさん付けちゃいましたし・。  d('-^*)

  ♪ 照明担当のDくんは、 ”お〜い お茶” で
    ノドを潤し 仕事してました!   感心〜!   

(お徳用ボックス) おーいお茶 2L*6本


pearlblueblue at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud