エピソード

February 18, 2013

模擬披露宴で☆

 先日 ブライダルフェアにて模擬披露宴が行われました。

新郎新婦の導線や、イントロ、ドアオープンのタイミングなど
最高のシーンをお見せするための貴重なリハ−サル。 
一度しかお見せ出来ないのが残念です。


表向きはいつもひっそりとしている私ですが。
実は、激しい心拍数で、今にも飛び出しそうな心臓にこころ振り回されている。 
このドキドキ感は、本当にイやでたまらないけれど、無事に済むとヤミツキになる。 胸の辺りのもやもやが、爽快感に変わるからです・・(笑)
        
音楽を ただかけていると思われている仕事。
簡単そう、とか、楽しそう・・とか言われたこともありますが とんでもない! 
簡単に済ますか、感動を生むかは、感性次第。

音楽は、スタートしたら止められません。 
なので、0.1秒単位の秒読みをすることもあります。
進行中の音楽とシーンをかさね合わせながら、次のシーンのことを考え、準備をしながら・・と目・耳に両手、とフル稼働、特に頭の中は忙しいのです。
おまけに、ケーキやキャンドルは、心拍数倍増!!
披露宴一件無事おひらきになると、気を使い果たし、ぐったり、腹ペコになります。

司会ほど注目はされないし、賞賛も浴びない。 
そんな仕事。(なんか損な仕事!?) 
      
リハでは、モデルさんもすたすたと歩いてしまうので、ゆっくり歩くことをお願いし、タイミングを計っていきます。
新郎長身のおもしろい男の子、新婦髪の長い、足の長い女の子。
お二人ともプロのモデルさんです。  音楽の長さたっぷりで余裕ですが、怖い・・・


さて、本番模擬披露宴・・。
新郎新婦が入場後、新郎がお花を集めて、ブーケにし、新婦へ
プロポーズ。 新婦は、プロポーズの返事として、その花束から
一輪を新郎へブートニアとしてお返し。
                         
そんなストーリーからはじまりました。

開宴・・新郎新婦入場。
♪ 音楽先行、スタートです。 20秒ほどでドアオープン!
ウェディングドレス姿の二人が登場です。 

おどろきです・・・  新婦が・・・美しすぎて・・・・(笑)
本当にさきほどのリハのあの女の子ですか??
いや〜〜 きれいなんてものではなく、こんなこと初めて。
歩き方、微笑み、身のこなし、それに何よりも、私がかけている音楽にとけ込んでいて・・
いえ、音楽が彼女にぴったりで。 この曲にこんなにふさわしい人、他にはいないかも。
             
不覚にも模擬披露宴中に目がくぎづけ・・
あまりのステキさにこころ奪われてしまいました。  
新郎がブーケをささげ、新婦からお返し・・お返し・・・・のはずが・・
ブーケの中の一輪の花がどうしても抜けない・・・
ありえないこの間も、♪音楽は流れ・・1分を経過・・
音楽はまもなくエンド・・・♪ あ”〜 お願い!切れないで・・と必死に願う・・ 

でも・・このハプニングにもまた美しくほほえみ、優雅な仕草で
一輪を抜こうとし、新郎もお手伝いし、
曲は終わりに近づきながらも、そのシチュエーションが旋律とうまくかさなってなんとまたステキではありませんか・・・ 
絵になります・・。  ふたたびうっとり・・。  
ドキドキのさなか、やっと一輪が!  新郎へプロポーズのお返し。

気を張りめぐらした成果か? ぎりぎり曲がうまくおさまり、
とてもいい感じになりました。
              

今日の花嫁のような清楚で可憐、Beautifulと・・・いろいろな美しさを兼ね備え、ハプニングもきれいに対応できるモデルさんはそう多くはない。
平日は他のお仕事をされているとか。 
出で立ちにこの方のお人柄が出ている気がしました。

リハから変身した、プロの見事なお仕事ぶりに拍手です。

お写真が撮れたらよかったのですが、あいにく両手がふさがっていましたのでお見せできないのが とても残念でなりません。 (> <

会場の空間、進行、ドレス、モデル、照明、音楽、これらの見事なマリアージュ(相性の良い組合せ)の瞬間でした。
      


pearlblueblue at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 13, 2012

雨降って・・・5

     なんとか持ちこたえたお天気。 
       でもその日の天気予報は、雨でした・・。
                          

ご披露宴終盤でのことです。 
司会から、「それではご新郎さまより、皆様へお礼のご挨拶でございます・・・。」

             
ご新郎は 一礼し・・、ちょっと間があって・・、ふっと笑いました。
会場内もわずかながらその笑いにクスクスと・・ 
また少しの間が、
なかなか新郎挨拶がはじまら・・・?。

「皆様、本日は・・・・」 ・・・ ・・・

そして
「あの〜 ・・実は、今日の天気は雨だと思っていたので、
 それ以外の言葉を考えていませんでした。」(笑)
「先ほどから外の様子を伺っていたのですが、
 雨は降っていないということで・・。(笑)
 
他に考え付かないので、
書いてきたものを読ませていただこうと思います・・。  
                

 -- 仕切りなおしで、パチパチ パチパチ・・(拍手)--

「皆様、本日は雨の中、お足元の悪い中・・・・、」 
 -- 場内、ど〜っと笑いに包まれました。

「・・私たちの結婚披露宴にお運びいただき、まことにありがとうございました・・」
                  
「私たち二人が出会ったとき、雨が降っていました。
 初めてのデートも雨、プロポーズし、入籍した日も雨。

 私たちにとっていつも何かの節目は雨でした。
 ”雨降って地固まる”といいいますが・・ 
 今日もやはり雨が降りました。 」  (そう書いてある・・) 
    (笑笑)         

あまりの面白さに涙が出そうでした。
懸命に読むご新郎の言葉が、皆様の笑い声にかき消されるほど、
なごやかな謝辞になりました。
               

いつも雨だったお二人の一番の節目の日、
雨上がりの虹がかかり、夢が叶ったということなのでしょう・・。

おめでとうございます。  *^-^*
                          

pearlblueblue at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 16, 2011

♪ ずっと。5

         ずっと。(初回限定盤)(DVD付)
ずっと。(初回限定盤)(DVD付)

  3月12日、地震の翌日は土曜日。
  普通に結婚式が行われる予定でした。

その朝、ホテルからの連絡ですべて延期となりました。

以前記しました、泣いてたご新婦の披露宴も。 
あれから約3ヶ月を経て、6/4に とりおこなわれました。
その前夜にまた少し大きな揺れがあったので、
大丈夫でありますようにと祈る気持ちでいっぱいで迎えた日。
                                    
婚礼担当者はじめ、司会の方、私も含めお二人の顔を見たときは
なんか母のような気持ちに・・。(p_q*)

地震はいつおさまるかわからない、出席者の予定再調整、
季節は変わり、おそらくお料理の内容も変わり、ドレスのサイズは大丈夫?、会場が空いている日は?などなど。
延期というのは、思いのほか大変なこと。 
                    
でも、ものは考えよう、
あの大きな地震が披露宴中じゃなくてよかった!。
頻繁な余震の中、行わずでよかった!。

本来の結婚式は、新婦様お誕生日だったのです。
それで”Happy Birthday”もかねて、ケーキ入刀。 
延期になっちゃいましたがそのまま、皆様にお誕生日も祝っていただきました。
                                 
メインテーブルには、四六時中お友達が押し寄せ、
大変な人気ぶり。
              
ご挨拶時、「もう・・音楽で感動して・・ずっと泣いてました・・」と、
ご新婦様からのありがとうをいただきました。
             おめでとう・・。
                    

おひらきで選んだ曲は、 ♪「ずっと。」青山テルマ                              
 ♪ずっと ずっと・・
  こんな私だけを愛してくれて本当に すごく幸せ・・

  こんな私だけどあなたのそばで いっぱい笑っていたい・・
  ずっと ずっと・・
 
ちょっとさみしげな、控えめな曲ですが、それだけに想いが伝わるWedding Song。

とても大変な時を乗り越えたのだから。
ずっと ずっと 一緒に。
      お幸せに・・。
                      

pearlblueblue at 01:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 26, 2011

わたしに出来ること5

 先日記したご披露宴、いろいろなことがありました。

冒頭に新郎からのご挨拶、
”このような状況の中、お集まりいただきありがとうございます・・”
そう始まり、ご来賓の祝辞でも、

”この大変な中、本日、結婚式を執り行うかどうか、
ギリギリまで悩み 決断されたと聞いております・・。”

そう、ここに来るべきかどうか、列席者も悩まれたこと。
交通の便や、停電など、通常とは違うご苦労があって、到着されたお客様たちでした。


宴後半、カラオケでモメちゃったことが・・。
”こんな時に歌えるか!” ご親戚のおじ様。 
右に出るものがいない歌唱力と、新婦父がお願いしたのですが、お怒りになって・・ ^-^;

結局、皆様に押され、自慢のノドをご披露くださいました。 (*'-'*)
いい声です。 さすがに上手でした。

その時、おじ様をなだめ、歌わせた若い方が、一緒に並び、手拍子を添え、会場がだんだんと手拍子に。
いつものカラオケとはまた違った、ひとつの絆のようなものがありました。 (*゚▽゚*)



その朝は、地震から一週間。 
テレビは、被災地の状況を報道し続けており、あまりにも辛い現実に、涙でお化粧が出来ない・・。

それでも私は披露宴の仕事をしなくてはならない。
こんなときに・・でしょうか?。


ご新婦様は、涙で”手紙”が書き上げられなかったと、
ほんの8行ほどの書きかけのお手紙を読み始め、
書けなかった家族への想いを、ご自身の言葉でつづりました。

お母様は宴席中、ずっとにこにこされてましたが、
母の大変さを見ていた娘からの言葉に、号泣。
 
お父様がずっと機嫌が悪い、口を利いてくれないと聞いてました。
その父は、花束で声を出して泣きました。
男兄弟の中の一人娘は、22歳。
大切な大切なお嬢様だったのですよね。


ここは普通に披露宴のワンシーン。
でも、また特別にいろいろな想いの混じった涙、ゲストも涙涙。

私たちも泣けちゃいました。 (>_<。)


こんなときではありましたが、あたたかい心がつながった とてもよいご披露宴に。

まだ続く余震に、明日は大丈夫かと、昨夜は眠れなかったであろうお二人が、ほっとされ、幸せな笑顔を見せてくれました。 


そう、いま 私に出来ること。 
一組でも多く、幸せのスタートをさせてあげること。 
笑顔にしてあげること。 忘れられないひとときの感動を心に刻んでいただくこと・・・。

延期や、キャンセルもありますが、こころ新たに、
これからご結婚を控えている方へ向けて、発信を続けます。
結婚する二人の笑顔から、幸せの輪が広がることを願って・・・。

                       

pearlblueblue at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 17, 2010

♪ If We Hold On Together  -Wedding-

21D0D7N4MHL__SL160_ラヴ&amp;ライフ〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ダイアナ・ロス
ラヴ&amp;ライフ〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ダイアナ・ロス

さて、マリーンズ・ファンのお二人のご披露宴は・・。
 v(^-^)

マーくん、リーンちゃんが登場して、ダンスを交えたWeddingショーを披露、会場は大興奮でした。
リーンちゃんのピンクのお靴、大きくってカワイかったです〜。 


新婦側、ご来賓の祝辞で。
ダイアナ・ロスの ”If We Hold On Together” これがとても好きな歌であるとご紹介下さいました。

 ”山もあれば谷もある

 ”夢を持って立ち向かえば
  いつかきっとかなう。

 ”心をひとつにすれば 夢は消えたりはしない
  いつの日かいざなってくれる・・・ 
  
二人で頑張る、結婚生活そのもののような歌と。
(そうだったのか・・と今更ながら教わった次第です・・)

おそらく「タイトルは不明だけど聞いたことがある曲」のひとつではないでしょうか。  d(’-^*

 ♪お色直し退場や、花束贈呈にもすてきですよ。 
        

歓談に入り、うちのピアノちゃんは、その”If We・・・”をそっと弾き始めました。
 その音を耳にした上司の方は、「あっ! この曲ですよ」と言わんばかりに、新郎新婦へ促し、ピアノへ会釈して下さいました。

これが生演奏のステキなところ。 ♪
祝辞に耳を傾け、披露したピアニストに拍手です。  v(^O^)
                       

pearlblueblue at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 16, 2010

出会えたキセキ 25

   世紀のぞろ目、2010年10月10日「大安」でした。

          ハニー ラブ
そのすごい日の エピソード 1 〜結〜
♪ 私が担当させていただいたお二人も、この日の朝、婚姻届を提出されたそうです。
とてもよいご披露宴でした。

最近は、2ヶ月前の予約も珍しくありません。 
でも1年と数ヶ月前からこのお二人のお顔を観ていました。

いつも手をつないでホテル内を歩いて・・。 (^-^*
なんか微笑ましくてかわいい22歳。  とても自然なんです。 

ご披露宴でわかった、この子達の出会いはなんと! 幼稚園。  
そして小・中・・ と彼がずっとあわ〜い恋心を抱きつつも、高校生になってからお付き合いをはじめ、今日の日を迎えました・・・。

新婦さんは、Weddingドレスで登場時、拍手をあびて感極まり、
嬉し涙がぽろぽろ。 私も泣けちゃいました。  
 この最初の入場シーンが、一番感動です。

ケーキ入刀でもまた笑顔の涙涙。  
お友達も微笑みと涙涙。

このお二人は、出会ってからここに至るまで長かったというべきなのでしょうか? 
結ばれるべくして、ご結婚を迎えた軌跡を見ることができました。

                Honey Love
 エピソード2 〜縁〜
♪ はじめて、同年、同日に生まれたお二人に出会いました。

お誕生日が一緒のカップルは見ていますが、千葉県と岩手県で、同じ時代同じ日にお生まれになった二人が、出会って結婚。
 ちょっとぶるっとします。 

お誕生日が一緒とわかり
「びっくりしませんでしたか?」の問いに、
「いや、別に。 そうなんだ〜って感じでした。」
お答えにびっくりしたのは私でした・・。 

当人たちは、いたって自然なんです。  
これがご縁なんですね・・。 


          Honey 笑顔
  エピソード 3 〜縁結〜
ご披露宴、結び。 お父様の謝辞。 
長い謝辞でした。 お父様は二人が出会うまでのことを思い出しながら・・。 おじい様の若いころに遡りました。 

戦争から命からがら戻った後、相手の方と引き合わされ一週間で結婚(昔はそうだったらしい)。  そしてお父様が生まれ・・、お父様は若い頃に下宿していたところのお嬢様と結婚。 そして新郎さんが、出雲大社の<出雲>に生まれた・・。 

社寺の設計をする会社に就職。
派遣された現場が、千葉県のある神社。 
そして伴侶となる、巫女さんに出会ったのです・・。

お父様は、「まるでそこへ行くために、急に勉強をし出し、建築士を取った」とおっしゃっていました。  運命に導かれてなのでしょうか。
  
年の差14歳。 でも彼は若く見え、彼女は大人っぽく、4〜5歳ぐらいの年の差にしか見えない、落ち着いたお似合いのお二人でした。


この謝辞は、命が受け継がれていること、また導かれながら出会っている「縁」というものを感じさせられました。 

おじい様が戦争から戻れなかったら、この二人は出会えなかった・・と。
感動の謝辞。

「運命」は決められていて、定められた道を歩かされているのかもしれません。  
 
出会うきっかけをくれたのは「運命」でも、
そこから道をつなぐのは、それぞれの心だと思います。

偶然というにはすご過ぎる、運命的な出会いが、この日だけでこんなにありました。
 
 お幸せに。  d(’-^*
                    
 

pearlblueblue at 02:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 10, 2010

あふれる笑顔のために

 時代が変われば 披露宴も変わる。
ここのところ、どちらかのご両親が出席しない披露宴が続きました。 3件も・・・。

 この時期を選ぶ方は、それぞれ理由があるのかもしれません。 予算がとか、新婦のおなかが・・とか・・。  いろいろいろいろ。

 それでも入籍だけではなく、披露宴を行ったこと、よく頑張ったと思います。

 でもね。。。 いろいろあれど、この日だけでも何とかならなかったのかな・・? と思う私がいて。

 その3件、*お二人の友人と新婦側の親族のみ、新郎側出席なし。 新婦両親がそれを知らず来てびっくり。 お父様お怒り・・。 
ですよね・・  嫁にもらうほうの親が来ていないって、お嫁に出す両親はどんなにいたたまれないことでしょう。

 *余興はすべてご新婦様側のみ、友人とご親族のみで、唄や踊り。 沖縄の方だったので陽気で楽しかったのですが、新郎側来賓が・・・たいくつで・・・。
進行の打合せ時、新郎がまったく口を開かなかったとか・・。  それでそのまま当日ですか・・。  ・・よくわかりません。 

 *式が30分遅れて・・。  ・・新郎が結婚式したくないとか・・。
この期に及んで、何を言ってるのだ・・・。

 みたいな・・。

 理由はそれぞれありまして、まあ分かるのですが、気になるのは、新婦の笑顔。 
 笑っていて幸せそうな顔に見えるけれど、その笑顔がふ〜っと消える瞬間を何度見たことでしょう。 

 顔が曇るのです。  見ている方も悲しくなります。

 せめて今日だけでも、体裁整えることしてあげてほしいかな。 
新婦を輝かせて。  新郎さん・・。

家族の反対やもめていることなど、アンバランスな披露宴は、出席者にもわかってしまうし、これからの生活で、かかわらないわけにいかない親族です・・。
 
 大変なのはっ!  お嫁さん・・ですよね。 
 
 そのアンバランスを平気でやってしまう、このごろの披露宴。

結婚することって、面倒で大変で、いろいろ起こって、マリッジブルーになる。
 破談もたくさん見てきました。 

Honey Love
 なので結婚式当日を無事に迎えられたお二人に、おおきな山を越えたのですね。 d(^0^)b 「おめでとう」 と思う私がいます。

いざこざを越えてスタートした新郎新婦が、晴れ晴れといっそう輝いて見える日でもあります。 
 
 なのでね・・、ちょっと中途半端な気がして、お客様も気を使いますし、終わってからも何かと問題抱えるし・・、と心配してしまうのでした。

 余計なお世話ですが。


 お金もかかってますし、大切な節目の日。 
それがわかるだけに、あふれる笑顔にさせてあげたいなと思います。

 忘れられない日に。  私たちにできること・・。  
              
                     


pearlblueblue at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

July 12, 2010

心が・・・折れる・・

てるてる かさ〜てるてる天使〜 
作:田村みえ さん  
  
    ♪ 雨がやんだら
       すてきなコト
      きっと・・・はじまる   
     
そう願うよ。 
  じめじめのこの季節に・・
  最強のお客様が・・。

 年に数回、困っちゃう方と出会う。
それは単に、私と相性が悪いだけなのかもしれない。 
いろいろこまかいとか、いちいち面倒とか(ごめん)、それでもお客さま、もちろん頑張りますよ。  

 でもその程度ではなく今回は・・・メール攻撃。 
そのメールにはすごい魔力が。。

 さ〜やるぞ〜!!と開いたメール、簡単な箇条書きで質問事項。 
いいんですが・・、体は拒否をしてしまいました。

 一旦閉じてもう一度読む・・・。 なんだろうこの感じ・・。  
だんだんムカムカしてくるのです。
 そんな感情はいけないと押し殺し、再度ゆっくり読み返す・・と、私の頭は鈍痛と眠気に襲われます・・・。
それは毎回起こる、負のエネルギー満載の読むのが怖いメール。

 サッカーでパワーをもらった私の今日のやる気と、明日の元気までも奪われてしまう。 箇条書きに一段づつしか物を見ないメール。 おまけに意味が良く分からん。
 
いや〜、全体から細部を考える側としては、こんな質問の仕方、最大の弱点であり反発さえ起こします。 

 送ったご本人はそんなつもりはないのでしょうが・・。 
 でも・・ うわ〜・・心が折れる〜・・・。 >_<。。


私たちには人とキャッチボールできる、声も、言葉も、
こころもあります。         

 メールには、声のトーンや、こころが見えません。 
だからこそ送信先へ必要な配慮。

 手紙(メール)は、封筒を開けるとき わくわくしたように。
 心が向上する魔法の言葉であってほしいですね-☆。 
                   
 明後日は元気になってるといいな・・。     
                    
                         
 

pearlblueblue at 03:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

December 14, 2009

音楽のちから5

カメラ 008
 はやくも 年末・・。 そして2009年もあと半月でございます。

 この秋は、ハヤテのごとく時が過ぎ、ブログ更新できないまま今になってしまいました。すみません。
 たくさんたくさん 書きたいことはあったのに。  一日が30時間あったらいいのにぃ。
    ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


 今シーズンの楽しかった披露宴の数々。 
その1・・・ ♪コメコメウォー!!!
 新郎コメコメファンだったらしく、最初から全曲 米々Clubに彩られました。 それもパーティっぽい楽しい曲が多く、友人たちも知っている。 
 イントロが聞こえると、「ハハハ」と笑い声が。 ^-^

 私も楽しかった〜!! 「愛はふしぎさ」を皮切りに、誰もが知る 「♪君がいるだけで」「♪愛してる」・・・ 
 そしておひらきは〜、やはり「♪浪漫飛行」ですよね。

 米々サウンドは、一気にコンサート会場のように盛り上げ、ゲストを楽しませてくれました。
 何よりも このお二人にコメコメが似合いすぎていて、本当にステキだったのです。        

   ☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

その2・・・ ♪ILove You Forever・・
ゼクシィCM原曲、英語バージョン、これが入場曲・・。ふぇ〜?? 私ったら、和装なのになんでこの曲でOKなんてしてしまったのでしょう・・???
ちゃんと打合せしたのに。 あ〜・・うっかり・・。 
 
 とおもいきや、本番。
日本髪和装のお二人・・・ イントロ ♪ パパパパーン・・ そして雪・・・。
 ドアOpen! 新郎が イヤ〜ア!!と番傘を振り、ぱっと傘がひらいた。 そのダイナミックな掛け声に場内はドッと笑い。 
 新郎は そっと新婦を傘に入れて・・雪の中を一緒に歩く・・・ そんなシーンが出来上がりました。
 すてき・・・ぃ それで中盤このパパパパーンは三味線のような拍子木のような音が入り、この和装にピッタリとかさなりました。 

 ですよね。 そんなつもりで打合せながらも、余裕のなかった私の頭から記憶が飛ぶような状態でしたが、思った以上にすばらしいシーンで、会場内は拍手の嵐。  お二人が選んだこの曲で大成功でした!! 

 マンマミーアが好きと言っていた新婦に、花束で「♪ スリッピング・スルー・マイ・フィンガーズ」メリル・ストリープが歌ったバージョンをおすすめしました。
 このメロディと情感が私は大好き。 映画の中でもとてもいいシーンで歌われています。

 そして本番花束・・これがまたすてきにかさなって、映画よりも感動しちゃいました。  (ノ◇≦。)!! 

 昨日 その新婦さん3週間ぶりにお会いして。 音楽がとてもよかったと言ってくださいました。  ありがとうございます。 ^-^*

         

 音楽だけが良くても感動は生まれません。 情景ありきで音楽は深みを増します。  
 泣き笑い、お客様と同じ時間を過ごし、一緒に感動して、この仕事をしていてよかったと思う瞬間が何度も何度もありました。 (落ち込んでいたのです)

 そんな感動をくださったそれぞれの新郎新婦に感謝です。 
一期一会のひとときでしたが、皆様に出会えてよかった。 
 ありがとうです。

 ほんの一部のご紹介でしたが、そんなこんなで いい年末を迎えられそうです。                       

pearlblueblue at 03:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 27, 2009

< 和 > の美しさ5

61xHEuY1+xL__SL160_ 
もうすっかり秋の寒さ。
 間もなく冬の到来ですね。

  この秋の婚礼シーズン・・・ 
 先週のご披露宴では、和装のお客様が多く、私が担当させていただいたお二人も  白無垢から、入場時には掛け替えて色打掛(いろうちかけ)に。  
 
 掛け替えとは、先ほど羽織っていた白の打掛けをはずし、色打掛を羽織ること。 色打掛は、赤や黒の生地に金糸・銀糸などで、鶴や御所車などの刺繍が施され、目にも華やかです。 
 大奥などで、姫様たちが一番外側に羽織っていたお着物、と言えば、ご想像がつくかと。 ^-^

 入場時に掛け替えると 先ほどの衣装から早変わり。 
会場で待つお客様にとってちょっとしたサプライズ、また新鮮な印象になります。          d(’-^*)
          

その日の新郎は、ハニカんだ笑顔で やや緊張しながらも、皆様の顔を見ながら ゆっくりゆっくりとすすみ・・・。   新婦は、華やかな色打掛に身をつつみ、しづ・しづ・・と後に続きます。  
 和装がお似合いで、とても絵になるお二人でした。
                      

 私はオペレーション中。  なので残念ながらそのステキなシーンのお写真はありません。  >_<。。  
 和装美と美しい音楽が かさなり、目にも耳にも うわ〜ぁ・・・・
   (あえてひらがなで・・)
 ぜひとも お見せしたかったとても胸を打たれたシーンでした。

 ♪ 私がかけていた曲は、
  EXILEの ♪ We Will〜オーケストラ・バラードバージョン〜。  
 きれいに ワンコーラスで、盛り上がり 着席となりました。

ハニー ラブ
 そこで涙ぐんだのは、私だけ・・ではないと思います。
最初から感動ではじまった ご披露宴でした。

 「和婚」って いい。  ☆きれい〜!☆とか、☆かわゆい〜!☆とか、そんなんじゃない。

 言葉がでなくて・・・
 静かで 深くて、あたたかな感動に満ちあふれていて・・・。
                          
           EXILE BALLAD BEST(DVD付)
EXILE BALLAD BEST(DVD付)


pearlblueblue at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 18, 2009

はじまりは いつも雨・・  5

    きみに会う日は 不思議なくらい雨が多くて・・

ハニー ステレオSCENEIISCENEII
アーティスト:ASKA
販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ

 秋の音楽ではありませんが、リクエストがでました。 
この曲が聞こえると、思い出すシーンがあります。

冒頭もステキですが
 ♪ 今夜きみのこと〜 誘うから空を見てた・・・。

このメロディーラインの色気に 胸がキューンとして・・。 
思い出すのは男性ではなく  d^‐^*
 ジューン・ブライドだった後輩の披露宴。
日本髪和装で この曲で入ってきました。

今なら ちょとちぐはぐかなとも思うのに、
その頃は彼女の雰囲気とASKAの歌はとてもマッチしていて、

 ♪ 今夜きみのこと〜 誘うから空を見てた 〜 
このフレーズには トリハダが立ち
何かせつなくきゅ〜んとして涙しちゃいました。

 チャゲ・アスが好きと言っていた彼女が選んだ
          ♪ ”はじまりはいつも雨”  
Honey Love

 それまでは、そんなに興味がなかった曲なのに
 入場シーンをとてもステキに彩づけてしまったのです。

もう10数年も前のことなのに 
いつもこの曲の「絵」は、後輩の披露宴。

今後もたぶん ずっと・・。 ^‐^*

  音楽の不思議なちからです。   

      

pearlblueblue at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 12, 2009

♪ O Mio Babbino Caro 〜私のお父さん〜2

 花嫁の季節6月。
   ジューン・ブライドは幸せになれるという。
 このブログには、6月に限らず「私のお父さん」の歌詞から訪れてくださる方が多いようです。 

 父の日・・? それともお父さまに何かサプライズ的なことをお探しなのでしょうか。(お問いあわせいただければ、何かお力になれるかも)
 というわけで、父の日も近いのでパパの話題を。 

 確か昨年は映画「花嫁のパパ」を、その前は「オー・ミオ・バッビーノ・カロ〜私のお父さん」の歌をご紹介させていただきました。
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2001-11-28
おすすめ度:4.5


家から離れてはじめて父親の存在感に気づかされました。 
いつも怒鳴られ、怖い父だったのに、久しぶりに声を聞いたとき、
胸がきゅんとしてなぜか泣けてきて・・そんなころがありました。

 そして、あの日、こわ〜い父の目に 初めて見た涙・・。 
老眼鏡をはずして目をこすってました。 ち〜ん!なんて鼻をかんじゃって・・。
 プッチーニの「私のお父さん」ではなく、どちらかというと
「娘よ」の芦屋雁ノ助のイメージの父です。^ー^* 
 ♪よ〜めに行く日が こなけりゃいい〜と・・、ってかんじかな。
 
ハニー ラブ そんな「お父さん」は、花嫁にとって不思議と永遠の別れ
 のごとく感じるのですよね。
      もしもチャペルで一緒に歩けるなら、披露宴で一緒に
入場できるなら、是非そうして下さい。 
 子供の頃のように手をつないだり、腕を組んだり「私のお父さん」と一緒、とってもステキなシーンになります。 v(^O^*
  
 パパにとっては・・娘の手をとって歩くこと、うれしくてさみしくて、
でも幸せなひとときで、きっと最高のプレゼントに・・。
  
 披露宴で一緒に歩くなら、おすすめのBGMは・・
♪サラ・ブライトマン「私のお父さん」(上記) 入場や花束贈呈でも。

♪うれしくてさみしい日(ママから娘への歌でありますが)
幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
アーティスト:竹内まりや
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008-05-21
おすすめ度:5.0

♪アンフォゲッタブル /
    ナタリー&ナットキング・コール(父娘デュエット)
ラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツ
アーティスト:オムニバス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2002-04-17
おすすめ度:4.5

  久しぶりに「花パパ」見ようかしら・・。 
    うちの「鼻・・パパ」は元気かな〜・・。(’-^*     

pearlblueblue at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 20, 2009

笑顔のパワー5

Honey 笑顔 ピカピカの靴で望んだ ある日の披露宴で。

 ♪ 音楽は、打合せて決まり。  
キャンドルの曲はおまかせ・・とおっしゃる。 内容がよくわからないからと・・?。 

 その理由は、キャンドル中のサプライズ演出が、どうやらコーディネーターさんの押し付けのようでした・・。 
 友人卓のキャンドルを・・・・ あ〜!! ごちゃごちゃで脈絡のない進行のため 思い出すのもストレスになる。 
                       
 結果、メインキャンドル点火と同時に花火・・、最後は決め!これは音楽が良かったからだもン!!! 
 
 でも、二人のお顔はあまり嬉しそうに見えなかったのは私だけかなぁ・・。 
 おすすめもいいけれど 性格や好みもあります。 
シチュエーションにも脈絡がないし、意味不明な流れで・・私も司会も賛同できない不思議なキャンドルサービスでした。 

 そんな披露宴ではありましたが、締めくくりは、今では定番の    "エンドロール"。
 結婚式後のお友達の写真がたくさん入っていて、笑顔・・笑顔・・み〜んな笑顔・・。 ^ー^  *^-^* 

 その笑顔になんかグッときてしまい、そこは泣くところではないのに、ひっそりと感動していた私でした。  
 みんなとてもイイお顔をしてました。 
 Honey Love
  今更ですが、結婚式ってホントにすばらしい。  
    こんなにも人を笑顔にしちゃう。 
             まわりにも幸せをもたらします。  

 コーディネーターさんのことも吹っ飛んだ。  q(^-^

 あのたくさんの笑顔の取り巻きがいる新郎新婦。 
 にぎやかな披露宴、なが〜い送賓の列。 

 このお二人のお人柄とこれからが ここに見えました。   

pearlblueblue at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 03, 2009

ありがとうです・・女神様5

ハニー ラブ ご披露宴の音楽の打合せで。 
 ♪EXILEの曲でブーケセレモニーをしたいご新婦。  
曲にあわせてひとつご提案をした。 それが・・「私が決めた流れを変えた」とコーディネーターさんがお怒りに・・。  
 
 提案は、音楽とシチュエーションを考えてのこと。 
私に決定権はないし 変えてもいない。 ご新婦さまがどうしたいのかだと思うのだが・・。 
 どうやら その担当者には嫌われたみたい。 その方からの発注が途絶えた・・。 コーディネーターさんも私にとっては”お客様”。  ”ハハ〜! オオセの通りに” は仕事の鉄則であるけれど・・。 

 音楽一つで空気は変わる。 そう思ってやってきた自分の仕事って何? 音楽の打合せって何をすればいいの・・?と なんだかよくわからなくなり  悲しいほどに・・落ち込んだ。

てるてる やさしさ その翌週のご披露宴でのこと。 
朱色の打掛のご新婦。 鹿児島出身のご新郎が選んだキャンドルの音楽は”篤姫”づくし。 
二人の着物姿に”篤姫”コールが飛び交いました。

 テーブルにだんだんと火が灯り 緊張感の中、空気を作るのに必死な私。 メインキャンドル点火・・。
     (何とかうまくいったかな・・。 ) ほっと一息。  

 おひらきを迎え・・。 局アナさんの新郎の義理のお姉さまが 私のところへ来て下さって・・。 

”音楽がもうとても感動でした。 
メインキャンドルをあんなふうに表現するなんて・・。 
どれもすてきでしたが、あのキャンドルが最高。  もうグッときて胸がいっぱいになって思わず涙が・・。 帰ったら篤姫の音楽を聞きたくなりました。  いろいろな披露宴を見てますが、今日のは最高! すばらしかったですよ。 ” 

 泣きたくなったのは 私・・。 胸がいっぱいになったのは 私・・。 
音楽の繊細さに気づいてくれる人は数少ない。  
 精神的にどん底の私に、女神様が勇気付けてくれました。  
 忘れられない嬉しい言葉。 

 お仕事のつながりは大切。 でも、喜んでもらう結果を出すことで、信頼される仕事をして行きたい。 
 その気持ちは変わらない。          




ランキング参加中です! ぜひポチっとお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ

にほんブログ村






pearlblueblue at 04:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 23, 2009

胸キュン!Song 25

さくらも咲きはじめましたね。
ここは春の音楽をご紹介するべきところですが、リクエスト曲から、私の胸キュン!冬のうた 載せてもいいかしら・・。
      
 2曲あります。  Honey Love ひとつは ♪恋する雪 愛する空 
タイトルもすてきですが、メロディーラインもきれい。 ちょうど良いテンポで、歌詞もいい。 こんないい曲なのに、うちではまだ一度しかリクエストされなかったのがもったいないです・・。  ご入場で使いました。 
 後半の歌詞のほうがなお良いのですが。 (^-^)
      
  Honey Love そしてもう1曲、♪ almost in love
こちらは、なんかドキドキして 胸をかきたてられるかんじがする・・・私だけかな?
 ♪・・何も言わずにひきよせて 響きあう胸の鼓動・・・ 
今回はBGMでさりげなく使いましたが、キャンドルにもいいですね。 d('-^)
 2曲ともCHEMISTRYです。

 最近の邦楽リクエストは、ちょっと音が乱暴な(?)曲が多くて^^;
婚礼に合いそうなきれいな旋律の曲は少ないですね。 
ガチャガチャした雰囲気の曲はいつでもどこでも車の中でもいいじゃない。 すてきな衣装でシャナリと歩くなら、もう少しそれに合うものを選んでほしいな・・と思うのでした。 アップテンポでもいいのです。 ガチャガチャしてなければね・・

 今回この2曲を教えてくれたご新郎は、シャイなロマンチストさん。 *^-^*
選曲で、この方がとってもとってもご新婦を好きなのがよくわかります。 当然ですが・・。 その想い、しっかりキャッチしちゃいました。 あ〜 私が受け取っちゃちゃ〜 いけませんね。 もちろんご新婦様へお伝えするために。  

 その他にEXILEもたくさん出てきました。 
*Beautiful、*Believe、*I Believe、*Song for you、*君がいるから、*We Will〜バラードバージョン、*M&A。 そして前回ご紹介したClass *冬の日の2009。  
 好きな曲で 性格がわかっちゃいます・・。 ^ー^*

 次回は 春の音楽を。  
 さくらが舞い散る前に・・ 間に合うかな・・・。

pearlblueblue at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 23, 2009

披露宴レポート5

ハニー ラブ
  今日は、おだやかなかわいいお二人の披露宴でした。 ともに24歳 若いけれど、雰囲気はほんわかと落ち着いてました。 ^-^*

 近頃は、カチンと来るお客様が増え、担当者も司会も、勿論この私も悩まされることが多くなってきて・・。 お客様ではあるけれど、なんかおかしいよ・・。
 カチンとくるのは、その「言い方」である。  ま〜、とにかく カワイクない!! メールばかりだから、感情の表現方法を知らないのだ・・きっと・・と思い直して、言葉をえらび返していく・・。 
そうしないと私だってバクハツだ!!

 ホテルは金額を下げて婚礼獲得の争奪戦ではあるけれど、一応各商品にはそれぞれお値段があり、払えないならばそれは買えないでしょう?        
 でも、ごねて脅迫して(そう聞こえる・・)何が何でもそれを入れようとする、自分たちがやりたいもので てんこ盛りの披露宴。  
列席者がうんざりであろうことは目に見えている。  
 ご祝儀をいただくのでしょう? ご招待した方々のことは考えてる・・?(やりたいことをするだけなら、お祝いは受け取らないほうがいいよね・・。d('-^) )

ミニ小鉢
こちらも、いい披露宴にするために全力で話し、なぜそうするのかまで説明し、だんだんと方向を変えていく。
 (てんこ盛りの披露宴でも私は構いませんが・・。 ーー;) 
列席者が”いい披露宴だったよ”とお二人に声をかけてくれるなら それが最も嬉しいこと。 そう思っていただけたなら、主役の二人もとても幸せな気持ちになるであろう。  
 そこにつくしたからとて私たちのギャラは何も変わらないけれど、その面倒なお客様が、感動あり、喜び、招待客の笑顔に迎えられたなら、私たちに出会い、時間を費やした意味もあるというもの。 (無理を言ったことの反省も、少しはあるかもしれない・・と密かな期待をしつつ・・。 )

Honey Love
 さて今日のお二人は、全くそんなことがなく、本当にいい子達で。 言い方がカワイイので、皆に大切にされる。 
 世の中そんなものである。 
 明るくって、「いろいろすみません」 「ありがとうございます」 
そんなことをよく言って下さり、その何気ない言葉が、私たちを快く動かすのである。  たとえ無理があっても、何とかしてあげたい!と思っちゃうのである。

 そんな二人を見て、大げさなことは何もしていないけれど、列席者の胸がじ〜んと熱くなる。 私の目も心も潤んだ。 
「とてもうらやましいと思った。 おれも結婚したくなった・・・。」
「彼のことは話せばつきないほど、たくさんあるけれど、今日は何も言葉にならない・・・」
 これは、それぞれ彼のお友達のスピーチ。

 彼女のお友達は、言葉に詰まりながらも頑張って 笑顔でお手紙を読んだ。 そのお手紙を彼女に手渡し、キュッと抱き合って、背中をポンポンポンとたたいた。 なんかとてもいいシーンだった。
 
 ご友人を見てもご家族を見ても、二人のお人柄が感じられる。 
人は影響されて変わる。 どんな人に出会うか、これは自分を自分で導いた結果の出会いか? それならば、面倒なお客様に当たってしまうこと、私に至らないところがあるからなのであろう。 
 これも出会って教えられたこと。 

 今日のお二人には、人を元気にいい気持ちにさせる、そんなコツを教えられた気がした・・・。  ありがとう。
 
 ずっとそのままのお二人でいてほしいな。  
 おめでとうございます。  ^-^*/   
                              


pearlblueblue at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 26, 2008

しるし 5

11月23日! 今年最高の大変な1日でした〜・・・。 
取りあえずは無事に済んだようですが。 

翌日の私はボロボロ。 ーoー; 
 携帯メールをチェック、のはずが携帯を耳に当てていたり??  開宴時間を間違えて、スタッフが来ていないとあわてて電話をしていたり・・? 
まったくお間抜けな行動の1日で。

 2週間ほど前のこと、ガラスの手紙のご注文がありました。 ガラスの手紙 

11/23挙式、商品到着が間に合うかどうか・・・ あ〜 厳しい日程です。 
「手書き原稿」がなくては制作に入れないため、到着を待ちながらも期限は迫る・・・。 

 お手紙到着〜・・・。  え〜っ  これは・・新郎から新婦への 愛のお手紙。
 じ〜んときてしまう、愛情あふれるあたたかいお手紙。 

 披露宴でこのお手紙を、新婦へ向けて読みたいと、そんな進行を考えられていたようでした。 これがなくては意味がない。 
 でも日数が・・。 
 そこで、時間との戦いではありますが、もし間に合わなかった場合は、お手紙のコピーを読んでいただくしか・・−−; 意味が半減する提案ではありますが仕方がない・・。 ご新郎様、時間がないことはご承知のため、承諾下さいました。  でも、とても優しいお人柄であろうことが電話でもわかりました。   
 
Honey Love  何とか読ませてさしあげたい・・・。  
        
 それが、関係者の協力もあり、間に合った・・・!。
  
 「(略)---11月4日入籍。 11月23日結婚。 これから先何十年、辛いこと、苦しいこと、うれしいこと・・・その全てをいつも2人で一緒に分かち合おうね。(略) ご両親から受けた愛情に負けないくらいの愛情をもって絶対に幸せにするよ。 ・・・(略)」 
 
 曇りのない ガラスに刻まれた 愛の言葉は  
 11月23日当日、ご新婦様の元へ届けられました。   
        おめでとう・・。  (^-^*        

 P.S そのステキなシーンの背景に、ミスチル♪”しるし”が
       聞こえてきたような気がしました。     

pearlblueblue at 00:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 11, 2008

音楽に生きた大切な仲間4

てるてる涙  私にとって、今年 最大の悲しみ。 彼女の功績を讃えたく、あえてブログに記します。
 
 彼女はもともとプレイヤーとして披露宴で演奏経験あり。  音楽の操作は初めてなので、その日は私のオペを見学することになっていました。 なのにハプニングが・・。 開宴後、急に音質が低下して・・・。 新婦お色直しは、ビリビリの音でかけるしかない状態。  困った・・  どうしよう・・。
 
 そこにはグランドピアノが。  そうだ!  思わず彼女に
”この歓談中、ピアノを弾いて! キャンドルの「美女と野獣」以外の曲なら何でもかまわない・・ ” こんなこと突然言われて面食らうもの。 でも何とか ”お願い!” >_<。   
 演奏者はこんなこともありえる。 彼女は”え〜っ、え〜っ”と言いながらもピアノの前に座り、♪パラ〜ポロ〜。 ”何でもいいんですね。” パラポロからダラ弾き、そしてメロディーになっていく。 もちろん突然のことだから、楽譜なんかない。  それでも何とか30分弾いてもらった。 すごい〜。 ^-^*

 見事な腕を見せてもらったのは、もう9年前の11月のこと。 まだ鮮明に覚えているあのときのこと。

 その腕前は、巨人軍専属のオルガン弾きの経歴を持つことで納得。 イチローは”天城越え”清原は”とんぼ”が流れましたが、かつて各球場とも選手たちのテーマは、演奏されていました。  
 私もやりたかった仕事でした。  その憧れの仕事をしていた人と出会い、彼女はうちのスタッフになりました。て 
  
昨年暮れ、その彼女が入院。  
前から腰痛があり、最悪の事態に。 でも復帰するから、少しの間お休みをと。  メインスタッフ一人欠員の中、時々メールで近況報告、そちらはどうですかと返事を待つ。  
 
 ある日、必ず返ってくるメールがなく・・・。 どうしたのかと、心配しながらも5月5日再びメール。   
 えっ・・・? それから数日後の電話に耳を疑いました。 
 5月1日、その大切な仲間が他界したと お母様から・・。 何かよく聞こえなくなって・・・。 自分が何を言っているのかわからなくなり、どう電話を切ったのか・・ 記憶が飛んじゃって覚えていない・・・。 続きを読む

pearlblueblue at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 14, 2008

映画って本当に面白いもの・・5

水野晴郎水野晴郎さん・・。  
水曜ロードショー、ゴールデン洋画劇場。 映画大好きっ子は、必ず見てました。 
  
 
 かつて、その水野晴郎さんのめいごさんのご披露宴、シェラトンにて。 私がエレクトーンを弾かせていただいたんです。  関係者ではありませんが、偶然にも担当させていただけたのです。 

Honey 笑顔  もう17〜8年程も前のことと思うのですが。 
  いつもは白のスーツ姿の水野さん。 この日は黒の礼服で。 忘れられないエピソードがありました。
 
 披露宴の中で水野さんは、めいごさんのために 「水野晴郎の映画がいっぱい」というのを披露したのです。  それは、めいごさんとその彼を主役に、二人の出会いから結婚に至るまでのストーリーを、いろいろな映画のワンシーンを網羅して、スクリーンで上映したのです。   ナレーションはもちろん水野晴郎さん。
 映画大好きな私は、目がハートになりました。  

 白黒映画から、その当時の映画まで、何作入っていたのかな。 「風と共に去りぬ」のスカーレットも、「ローマの休日」のオードリーがスクーターに乗っての暴走シーンもと、名作が盛りだくさん。  いつもの饒舌なトークで、みなさん楽しめて、それはそれは見事でしたよ。  
 映画好きのめぐりあわせでしょうか。 役得でした〜。
 
 最後はいつもの
「いや〜、映画ってほんっと〜うに面白いものですね・・」

 それからはなんか知り合いのような気がしてまして。 耳が大きいところや、風貌がうちのパパさんに似てるんです。  お腹の辺りも・・ ^-^*  
 父から影響を受けて、5歳から映画のとりこの私が、生まれてはじめて見た映画は、「アラビアのロレンス」。  覚えているのは、砂漠とらくだが出てきたことと、なんかきれいな音楽。  この音楽を聴いていると目の前に砂漠が広がります。  
 その不思議な体験からはもう、人生映画なしでは語れない一人であり、今の仕事が出来るのも映画あってこそ。
 
 もうあの満面の笑顔で、撮影秘話や映画の見どころを聞けないのは、とてもとても残念でなりません。 
 ご冥福をお祈りいたします。    

pearlblueblue at 18:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 31, 2008

キャっ〜! 近くで見ちゃった〜!!5

たまにはこんなこともあります。 芸能関係者のご披露宴。
 今回は、市川團十郎様のお弟子さんのご披露宴でした。 
 團十郎様ご夫妻の仕切りのもと、たくさんのお弟子さんも余興をご披露。    
 さすがは舞台人、会場内はド〜ッと笑いに包まれ、音楽係の私としては、このタイミングをもしもはずしちゃったら・・・と冷汗をかきかき、手からも汗が出る思いで、頑張りました! が必死のあまり、残念ながら余興は楽しめず・・。 。>_<。。。

drawing  市川海老蔵さま、乾杯のご発声のもと開宴。 
 主役のご新郎様ももちろん、皆様昨日が、千秋楽とあってお疲れなのかなと、音楽はやわらかく・・控えめに・・と勝手に気を遣いました。
 余興で頭がいっぱいだったものの、お弟子さんたちも皆様感じ良く、はんなりとした空気に包まれて、こちらも心がなごみます。

 こんなところに結婚式の良さがあります。 
 幸せオーラのおすそ分け。   
 
 歓談中に、海老蔵様が、BGMに乗って、指でテーブルをトントンしているのが見えました。  ♪ なぜか嬉しくなっちゃった。 ^-^*
 海老蔵様は、楽の翌日、披露宴出席、そのまた翌日は、玉三郎さんと7月歌舞伎の記者発表と連日出ずっぱり。 
 本当に芸能人は、なんてタフなのでしょうか・・。 

 さすがに、携帯で写真は失礼かと思い、私は一枚も撮れませんでしたが、分けていただきました。 
 遠目なので、掲載してもよかったかしら・・・? ハートもたくさん付けちゃいましたし・。  d('-^*)

  ♪ 照明担当のDくんは、 ”お〜い お茶” で
    ノドを潤し 仕事してました!   感心〜!   

(お徳用ボックス) おーいお茶 2L*6本


pearlblueblue at 01:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud