BGM- ♪ 〜披露宴〜

October 02, 2013

 ♪ ご入場です!!  

     ♪ 新郎新婦 ご入場直前・・・
       扉の向こうのお二人は、心臓が飛び出す寸前ですね。
       私たちにも伝わってきます。 dd^‐^pp
       一緒にドキドキしています。。。
                              
この日を迎えるまで、どんな音楽で入場しようか、悩みますね〜。  

どんなシーンよりも「入場曲」の選曲が一番難しい気がします。 
なんせ列席者が待ちに待った、ご登場のシーンですから。

挙式後のウェディングドレス入場の場合は、式とはまた違った、
華やかな厳かさを演出してみたり、
もうPartyのはじまり!と 元気に明るい曲にしても良し。

ご参考までに 2012〜13年の人気入場曲をご紹介しましょう。 ♪
 
♪ Wedding March / Q:indivi
 参考:♪ Wedding March〜結婚行進曲(2010-10-04の記事)

♪ Wedding March〜Part2 / Q:indivi
   大人気のQ:indivi きらきらの入場曲
    ♪ A Whole New World / ピーボ・B&レジーナ・ベル
   王道Disneyより、アラジンは一番人気の夢のあるバラード 
    ♪ Beauty And The Beast / Celine Dion
    美女と野獣、タイトルに新郎笑いながらも選ばれる 
    美しいバラード曲
    
♪ Butterfly / 木村カエラ
  かわいらしい曲調も、ハーモニーも最高ですね!

♪ Can You Celebrate? / 安室奈美恵

  安室ちゃんファンには、絶対に欠かせない曲のようです。
♪ 万讃歌 / 葉加瀬太郎
  バイオリンの旋律で 格調高く 和装にて。

♪ Part Of Your World / Q:indivi
 
  原曲とは違うイメージですが、これも楽しくて面白い。
    ♪ ハピネス / AI 
  世界中が祝ってくれているようなサウンドです。

♪ She / エルビス・コステロ 
  大人Wedding この曲大好きです。
こちらのページもご参考までに。
参考:♪ She 〜 Wedding Sound(2011-03-05の記事)
                   
      
会場やお二人の雰囲気にあわせて選んでくださいね。

ちなみに、オペレーションをする私が一番胸を打たれるのが、
このはじめの入場シーンです。

お打合せで、普段のお二人とお話しをし、本番となって盛装で登場されるシーンなのです。
ほんとうに おめでとう!!と思う瞬間です。 d(’-^*
                                   

     abc
ABC協会 
プロフェッショナルウェディングヴェンダー
       今井 幸子


pearlblueblue at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

April 28, 2013

Love・・・

 久しぶりのブログになってしまいました。

 ♪ CDアルバムの収集つかず、タイトル整理中。

まあ〜 ”LOVE SONG”やら、”Lovely”なんとか、LOVEのつくタイトルの多いこと
この上なく、(^-^;まぎらわしい。

曲名でも同様、”LOVE”のほか”愛の・・”なんとか、など。

言動の中心、”心”は”愛”がすべて、”愛”からはじまるということ、
いまさらながら実感したのでした。
                         
でも逆に、いちいち”愛” ”LOVE”という言葉で表現するのは、
”愛”は基本でも前提でもないということを、思わずにいられない。
歌ですから、言葉にしなくては伝わらないのは確かですが。
音楽だけでも十分想いは伝わると思う私にとっては、何となく煩わしい。
                          
なんでこんなこと思ったのかな・・

韓ドラ”ソドンヨ”をやっと見終えた。
百済(ペクチェ)の王と新羅(シルラ)の姫の国境を越えたラブロマンス。

字幕だし、長かったけれど、見てよかった〜! 
いろんな愛を見ました。
涙ぽろぽろです。 (> <)。。

また次回のブログにて。  


pearlblueblue at 02:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

April 10, 2011

♪ The Prayer 〜 Wedding Sound

         スペシャル・タイムス
スペシャル・タイムス
               My Best Wedding Sound
 お気に入りの”月”のサイトに、
    明けない夜はない。 
    止まない雨はない。 と書かれてありました。   

私が”お願い!”をする心のよりどころは ”☆星”ではなく ”月” 

”太陽”のほうが叶える力がありそうですが、偉大すぎて、願い事なんてパ〜ンと弾き飛ばされそうですよね。  
最近は、朝の光ってなんてすばらしいのだろうと、太陽のおかげさまをあらためて感じています。
  
でも、ご覧になったことありますか? 
雲がなくすっきりとした夜空に 輝く月を。
太陽の圧倒されるまぶしさとは違い、満月の輝きは
神々しく闇を照らし、希望を与えてくれます。 
その月に見とれながら ”お願い”をする。
Moon Powerは、深々としぼんだ心を満たし、邪気を祓ってくれる。
 願いは叶う! と思わせてくれます。  
                            Honey Love

映画”キャメロット”より。 
アーサー王の魔法の剣、エクスカリバーで、邪悪な騎士が王国を支配するのを阻止するために旅立つ、少女と盲目の若者ギャレットの冒険物語。

そのメインテーマ ”The Prayer”は、
先に述べた名プロデューサー、David Foster作曲。 
厳粛で品があり、神秘的で美しいメロディです。 
                        

   苦悩と悲しみの世界は終わり
     傷ついた心はすべて癒される
                        
     穏やかな人生が送れますように 見守っていてください
     一人一人が愛する人を見つけられますように 祈ります 
     こどものように 純粋に

その歌詞の一部ですが、映画の中では、
私たちを見守っていて下さい、手をさしのべて下さい。という歌なのでしょうね。

原曲は、♪セリーヌ・ディオンとアンドレア・ボチェッリが歌う、
ポピュラーなバラード。
 そしてもうひとつ、♪シャルロット・チャーチ&ジョシュ・グローバンが歌う”The Prayer”は、クラシックとPopsの融合に。 
 これもまたすてき。 

ジョシュ・グローバンジョシュ・グローバン
アーティスト:ジョシュ・グローバン
ワーナーミュージック・ジャパン(2002-05-22)
販売元:Amazon.co.jp


それぞれの声に合うアレンジになっていて
どちらが・・・とは甲乙つけ難く、Weddingではどこで使うか、またはどちらを使うかで、シーンの雰囲気が変わってきますね。 

 私なら・・両方入れちゃうかも。  d(’-^*

Prayer・・・祈り。  神に祈る、月に祈る・・・。
 こころをつくす祈りは、いつの日かきっと叶えられる。 
 そう思う。  
                       

pearlblueblue at 14:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 21, 2011

イグアスの虹 〜 ♪Nella Fantasia5

        あの地震後の初披露宴になりました。
        主賓の方が”イグアスの滝”にまつわる伝説を
        ご紹介下さいました。 

イグアスの滝は、アルゼンチンとブラジルにまたがる、世界三大瀑布のひとつです。
ミッション HDニューマスター版 [DVD]ミッション HDニューマスター版 [DVD]
出演:ロバート・デニーロ

イグアスとは先住民の言葉で「大いなる水」という意味。
イグアス川は延長1320km。 川幅500〜2700m。 
その先に世界一のイグアスの滝。
落差は80m、全幅4000m、地響きのような轟音に「悪魔の喉笛(のどぶえ)」と呼ばれる絶景。
                
Honey Love

遥か昔、イグアス川にムボイという”
  大蛇の神”が住んでいました。 
  川岸の住民はこの大蛇を鎮めるため、
  春になると村の娘を捧げていました。
  次のいけにえには、ナイビという美しい娘。

  ナイビにはタロバという恋人がいました。
  二人はカヌーを漕ぎ、村から逃げ出します。
          
  激怒した大蛇ムボイは、巨大な尾を振り回し、川を引き裂き、
  二人のカヌーは引き裂かれて出来たイグアスの滝に
  飲み込まれてしまいました。

  嫉妬深いムボイは二人を救うものの、ナイビを滝つぼの岩に、
  タロバをやしの木に変え、二人を見張り続けています。

  しかし、そのの悲しみに胸を打たれた「善の神」が、
  よく晴れた日に、二人の間に虹を架けました。
  二人の想いは、この虹を伝い恋人のもとへ届くのだそうです。

  晴れていれば、太陽と反対方向に見えるイグアスの虹。
  満月の夜には、闇に浮かぶ虹を見ることができるのだそう。
                         
  その虹には、命をよみがえらせ、見たものを幸せにする
  そんな伝説があるという。     



映画「ミッション」で、このイグアスの滝を知りました。  
それにちなみもうひとつ、音楽をご紹介しますね。

 ♪「ガブリエルのオーボエ」 エンニオ・モリコーネ作曲
   イエズス会と先住民の間で、音楽が共通言語となり
   互いの心が動いていきます。

 豪快な滝とは対照的に、清々しく、心に染み入る名曲です。
     エデン
エデン

別名: ネッラ・ファンタジア 〜 Nella Fantasia」 
 女性アーティストのカバー曲も多数あります。  
サラ・ブライトマンのバージョンは花束贈呈に、♪Celtic Womanは、幻想的に人前式やWD入場に似合います。 d(’-^*
     
イグアスの伝説のように・・たとえ天地が揺らぎ、二人が引き裂かれても、想う心はきっと伝わる。 奇跡が起こる・・。 
 そう願います。 ♪ガブリエルのオーボエにのせて。    

      ケルティック・ウーマン
ケルティック・ウーマン

pearlblueblue at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 13, 2010

Sexy & Beauty 〜 ♪ Speechless 〜5

          ガガ・リミックス(初回生産限定盤)
ちょっと艶っぽい歌声、マドンナを思わせる容姿、世界中で人気沸騰の「LADY GAGA」。

お名前もなんか衝撃的?。
LADY・・ 女であることを思い切り表現している。
この妖艶さは何でしょうか。  まだ24歳です。 

ちょっと過激ではありますが、Lady Gagaは、Sexy&Beauty。
その風貌からてっきりマドンナかと思い込んでいましたが・・・似ているけど・・ぜんぜん違うじゃない。

写真の映り方、ポーズ、コスチューム、メイク、それらが少し変わるだけで、まったく違う表現をする。

本当に七変化。 でもいずれもBeautiful。
下着っぽい格好でピアノを弾いたり、おっとっと・・というところもありますが・・。 Lady Gagaらしい・・というか。 (^-^; 

何も気にせず、やりたいことをやってしまえるその強さ、たくましさ。
あっぱれでございます。

2010年アメリカタイム誌の、世界で最も影響力のある有名人、「タイム100」でアーティスト部門の1位に選ばれた方。
才能あふれる傍ら、ストリッパーで生計を立てていた頃もあったようです。


はじめて、Lady Gagaのリクエストが出ました。
その声がまたマドンナっぽくもあり、いい声です。
そして音楽がまたステキ。

このリクエスト「Speechless」は、新婦お色直し退場でかけました。

その新婦さんはCool & Beauty。  
とてもお似合いの一曲でした。 d(^-^*

 ♪キャンドルなどでも ステキかもしれません。 
                             

    ザ・モンスター
ザ・モンスター



pearlblueblue at 02:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 25, 2010

DAVID FOSTER  JAPAN TOUR5

デイヴィッド
 行って来ました! 
♪世界的な音楽プロデューサー ”ディヴィット・フォスターJAPAN TOUR2010”

 あのボディガードのサントラを手がけ、ホイットニーの歌う、
ダン!! 「♪エンダ〜・・・」を一世風靡させた方。
 
またセリーヌ・ディオンを発掘したのもデイヴィッド。 d(’‐^*
「♪To Love You More」&葉加瀬太郎、こちらもブライダルソングで引っ張りだこです。
 
最近では、ジョシュ・グローバン「♪You Raise Me Up」も大ヒットですね。
ディヴィッドのかなでる音楽は、流麗で美しくひびきます。 
ブルっとする感動ものも数知れません。  
                   

♪私の披露宴音楽の原点が、このディヴィッド・フォスターの生み出す音楽でした。 
その昔「ウオーター・ファウンテン」という曲に魅せられて。 

♪ピアノの旋律の「流れ」と「間」の美しいこと・・。 
そのうたいかたに酔わされ、メロディやハーモニーからあふれる色気、せつない音など、惹きつけられるものがたくさんある音楽なのです。。 
      ハニー ラブ

会場内は芸能関係者だらけで、平原綾香さんや、眞鍋かをりさん、作曲家の岩代太郎さんと松本しのぶアナご夫妻、それからなんかイケメン軍団がいましたが、これからデビューされるのかしら?

絶対聖子ちゃんも来ているはず!!とキョロキョロしちゃいました。 
以前書きましたが、松田聖子が歌う「抱いて・・」は ディヴィッド作曲プロデュースなの。
             
♪コンサートは、映画「セントエルモス・ファイヤー」のテーマで
オープニング。 
なんとディヴィッドは会場客席から登場しました。 (^-^* 
もう〜、わ〜キャー〜〜!!  さわりたかった〜。 

私が探していた聖子ちゃんは・・、もしや・・ ♪ 
きゃ〜!! (☆゚∀゚)いた〜! SEIKO MATSUDA 登場。 

ディヴィッドのピアノで一緒のステージで「抱いて・・」を披露。 
まさかまさかこんなシーンが見られるなんて・・。 
 涙ぽろぽろしちゃいました。 

Honey Love

それから、シカゴと言えば、あの空に抜けるようなクリスタルVOICEのピーター・セテラ。 
この二人あって生まれた名曲「♪素直になれなくて」。 
 いい声でした、ピーター・セテラ。 

♪ラストは、シャリースというフィリピン出身の女の子、まだ18歳。
ホイットニーやセリーヌはここにはいないけれど、彼女が変わって数々の名曲を熱唱しました。
声色、厚み、音域、末恐ろしいほどの才能に、場内静まり返って・・違うか、聞き入ってしまい、歌い上げると割れんばかりの拍手です。 すごい子がいるものです・・。

それぞれの曲に、いろいろなことが思い出され、ちょっとセンチになりました。
 披露宴には、やはりこんな美しい曲が本当に似合う。

♪61歳のダンディなデイヴィッド・フォスターさま。 
感動をありがとうございます。
まだまだ現役 これからもすてきな音楽を聴かせてほしいですね。

もしもかなうなら、サラ・ブライトマンとデイヴィッドの協演があったらいいな〜と切に願います。 v(^-^*
                        10.20


ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~
アーティスト:デイヴィッド・フォスター
ワーナーミュージック・ジャパン(2010-09-15)


pearlblueblue at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 30, 2010

アリエッティ5

ハニー ラブ     借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック
見ましたよ。 アリエッティ。 d(^-^)

人間のおうちの床下に住む、小人たちのお話です。 
キャラクターもかわいくて、女の子受けしますね。 
ミニチュアやドールハウスが流行りそう。
  
♪この音楽に惹かれて、この映画観たくなったのです。
ジブリ映画が 久石譲さん以外の音楽を使いました。

全体がハープのメロディにつつまれ、幻想的で美しく、緑が生い茂る森の中のような雰囲気に合っています。  
 とても心地よい音楽でした。

♪作曲家は、自分の好きな音域やメロディラインを使う傾向があり、聞いていると、作曲者がどなたかわかってしまうことがあります。

久石譲さんもすてきな曲を作られますが、特徴があるので、分かりやすい。
でもそれが映像的に想像がついてしまいイヤに感じることもあります。(ごめんなさい) なので、今回のハープのセシル・コルベルは新鮮でしたね。  

小人たちのおうちが、小さいながらとてもステキな家で、花柄模様の壁紙や、ベッドシーツ、人間が使った消印付切手が、壁にポスターや絵のように飾られていて、なるほど〜と感心しました。 

アリエッティたちのお食事の器は、人間から見たらホントにミニチュアなのですが、その〜 小さなスープ皿やお茶のお道具、どこから持ってきたんだろう・・?
 な〜んて、アリエッティの髪を止めてるのは クリップなの? 洗濯バサミ? いずれにしてもアリエッティの手で扱うには大きすぎないか? とか、想いながら見た私は・・・なんて夢のないことでしょうね・・・・ >_<: 

ときどき声優さんたちの顔が浮かんできて、それがちょっと残念ですが、音楽は良かった☆。

 避暑地の風を感じる涼しい響き、また旅をしなければならない、
ジプシーのようなかなしい響き、そんなふうにも聞こえました。 


 一応真剣に見ていた私には、終わり方があっけなく、そのうちにエンドクレジットのラストが 「おわり」と出たときには、
”あ〜っ! 夏休みの子供映画だったのよね。” と覚めたのでした。

 「おしまい」 
                     


    ♪ お食事中 ずっとかけていても良さそう。 

pearlblueblue at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 25, 2010

Back Ground Music5

BlogPaint

頭の中がふっとうしてるかも・・?  
 暑い熱い暑〜〜い。
 
けれど、秋にご結婚を控える幸せなお二人へ向けて、まじめに書きま〜す。 d(’-^)

 私が思う婚礼の音楽は、”披露宴の「BGM」”なんて軽く?言われちゃうのには少々抵抗があります。 
 BGMって 「Back Ground Music」・・・ですが。 
   Honey 笑顔 
♪ 「新郎新婦入場」や「ケーキ入刀」「キャンドル」など 主な場面のBackに流れていますが、主役がどう見えるかを決定付ける とてもとても重要なものなんです・・。

♪ ウェディングドレスの新婦がためいきのごとく美しく、または
超!キュートだったり、ゴージャスだったり・・?。  
お客様が羨望(せんぼう)のまなざしで注目、釘付けになるほどのことを 音楽一つで如何様にも変えられるからです。

 息をひそめ見入る場面なのか、笑うところ、泣けちゃうところ?、
和装? ドレス? どんな形?  そして何色か?

 それによって 音楽が変わる。

♪ 音楽が、衣装やお部屋の雰囲気にピッタリ合ったとき、そして二人の動きに重なったとき、それはそれは・・感動です。 d(’‐^)
  
ハニー ラブ
 BGMとは。。。背景として流れる音楽。  
    その場を演出するために必要な音楽。  
 
 でも婚礼の音楽は、原曲の魅力あってこそですが、映画のサントラのように、場面から切り離しても、そのシーンが思い浮かぶような、そんな力を持っています。 
 

ご結婚を控えている皆様、大切な場面のイメージをふくらませて、すてきなご披露宴にしてくださいね。   d(^‐^*b 


P.S まもなく、
 「2010年上半期 リクエスト・ベスト」を発表致します。            
                
                        

pearlblueblue at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 01, 2010

海老様☆ ご婚礼

 おめでとうございます。 ^-^*

 さすが、日本の伝統芸能を継承されるお方。 
 ステキなご披露宴でした〜。
 
 和装はやはり感動です〜。  おごそかさが違います。 
チャペル挙式もすてきですが、日本の打掛はほんとうにすばらしいお衣装です。 白い織の輝きに幾重にも身を包むことで、つつしみ深さや、大切に愛されていることの象徴に思えました。  
 淡いピンクの牡丹は 麻央ちゃんによく似合っていました。
                    

 皆様テレビでご覧になられたようですね。 披露宴BGMの検索で当ブログにもたくさんの方に来ていただきました。

 遅くなって ごめんなさい。 >_<。。 
 おかげ様で何を書くべきか わかりましたよ。(笑)

Honey Love

 ♪ ご披露宴で使われた音楽 
   もちろんチェック致しました。 d(’-^*
 
 ☆最初の和装入場曲は、歌舞伎関係の方々の演奏
 ☆乾杯・・・水上の音楽(ヘンデル)

 ☆Wedding入場・・・曲名不明です(エンヤ)。 
  よく聞こえなかったけど、あまりなじみのない曲でした。 新曲?

 ☆ケーキ入刀・・花嫁のパパ
 ☆麻央ちゃん手紙・・ 未来へ〜オルゴール

 あれだけの大所帯の披露宴では、音楽がなくても 皆様のあたたかい拍手だけで十分に場を動かすことが出来ます。 

              
 お気づきでしたでしょうか?  手紙のオルゴールのあとは、花束をお渡しするとき、まったく音楽はありませんでした。 
(TVで聞こえなかっただけ? )でも違和感はなく、それで良い感じでした。

 一般人では なかなかむずかしいシーンです。  
あのお二人には、音楽よりも「静寂」や「無」や「閑静」が合っているのかも知れません。

 手紙のシーン、海老様 ちょっと酔ってましたね? 
歌舞伎のお仲間に、あんなに飲まされちゃって・・。 
 
 海老蔵ファンの私としては、麻央ちゃんはお似合いのお嫁さんだと思いますので、喜んで祝福いたします。
 そして、舞台もぜひ見に行きたいと思ってます。   


 
 ・・今日のご披露宴では、キャンドルで AKBが出てしまいました・・。  
   えらい違いです。。。 >_<。。 

     ♪ えっびまおまお えびまお〜  
                 
                            

pearlblueblue at 02:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 19, 2010

A Question Of Honour

クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン

My Best Wedding Sound20

サッカーのことよくわかっていない私でも、この曲だけは。
 d(’-^)

 サッカーニュースの時間は、必ずバックに流れていますよね。
World Cupの年は、それに合わせてかサッカー好きの新郎さんが多いようです。
なぜわかる?  新郎リクエストが多くなり、使われる音楽はサッカーのあのときの曲、この曲と言われまして。  オオーw(*゚o゚*)w

 よくわかっていない私は、必死に調べたものでした。 
 今では・・・。 フッフ〜ん。。。 ( ̄ー ̄)/

それでは、2010年ご結婚のサッカー大好き新郎新婦へ、おすすめのBGMで〜す。

 ♪ A Question Of Honour〜サラ・ブライトマン 
      -入場・ケーキ入刀などに
         短いバージョンでストレートに。 
         サッカーファンということが、わかりやす〜い。
 
   ♪ Passion〜ニック・ウッド 
      -新郎退場やテーブルラウンドに
     ビールCMでも使われていますが、有名なメロ以外も
     なかなか味があります。 人気の一曲です。

 ♪ We Will Rock You 〜Queen 
      -新郎退場やフォトサービスに
   
 ♪ World Soccar Anthem -The Glory
 ♪ 日本サッカーの歌 〜坂本龍一 
      -お色直し入場などに

 ♪ Anthem 〜Vangeris -乾杯などに
      壮大な前半は、どこから使うか迷っちゃうかも。
       
 ♪ Go West 〜ペットショップ・ボーイズ 
      -乾杯や送賓などに
     イントロが見事に締めてくれます。 前進あるのみ!

 でも・・ ダントツのおすすめは、やはり”A Question Of Honour” さっき出た? そうなんですが、オペラとPop Rockの融合、Longバージョンがありまして・・d(’-^*

 テレビから聞こえるあの有名な部分の冒頭は、オペラチック。 
サラの声の響きにはじまり、神聖なチャーチオルガン、そして雷鳴とどろき、ダークなリズム、ソプラノVoiceの流麗な響き、だんだんとあのメロディーに迫っていく感じが・・なんとも魅力的。
 その後は、またオペラチックにEnding・・。 そこはメインキャンドルなんかに使えたら面白〜い。

 お客様には冒険過ぎて、おすすめしませんでしたが、ブライダル・フェアではやりましたよ。 d(’-^) も〜う、ステキでした。  

 頑張れ!! 日本!!  
                             

pearlblueblue at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 03, 2009

ありがとうです・・女神様5

ハニー ラブ ご披露宴の音楽の打合せで。 
 ♪EXILEの曲でブーケセレモニーをしたいご新婦。  
曲にあわせてひとつご提案をした。 それが・・「私が決めた流れを変えた」とコーディネーターさんがお怒りに・・。  
 
 提案は、音楽とシチュエーションを考えてのこと。 
私に決定権はないし 変えてもいない。 ご新婦さまがどうしたいのかだと思うのだが・・。 
 どうやら その担当者には嫌われたみたい。 その方からの発注が途絶えた・・。 コーディネーターさんも私にとっては”お客様”。  ”ハハ〜! オオセの通りに” は仕事の鉄則であるけれど・・。 

 音楽一つで空気は変わる。 そう思ってやってきた自分の仕事って何? 音楽の打合せって何をすればいいの・・?と なんだかよくわからなくなり  悲しいほどに・・落ち込んだ。

てるてる やさしさ その翌週のご披露宴でのこと。 
朱色の打掛のご新婦。 鹿児島出身のご新郎が選んだキャンドルの音楽は”篤姫”づくし。 
二人の着物姿に”篤姫”コールが飛び交いました。

 テーブルにだんだんと火が灯り 緊張感の中、空気を作るのに必死な私。 メインキャンドル点火・・。
     (何とかうまくいったかな・・。 ) ほっと一息。  

 おひらきを迎え・・。 局アナさんの新郎の義理のお姉さまが 私のところへ来て下さって・・。 

”音楽がもうとても感動でした。 
メインキャンドルをあんなふうに表現するなんて・・。 
どれもすてきでしたが、あのキャンドルが最高。  もうグッときて胸がいっぱいになって思わず涙が・・。 帰ったら篤姫の音楽を聞きたくなりました。  いろいろな披露宴を見てますが、今日のは最高! すばらしかったですよ。 ” 

 泣きたくなったのは 私・・。 胸がいっぱいになったのは 私・・。 
音楽の繊細さに気づいてくれる人は数少ない。  
 精神的にどん底の私に、女神様が勇気付けてくれました。  
 忘れられない嬉しい言葉。 

 お仕事のつながりは大切。 でも、喜んでもらう結果を出すことで、信頼される仕事をして行きたい。 
 その気持ちは変わらない。          




ランキング参加中です! ぜひポチっとお願いします

にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
にほんブログ村
にほんブログ村 映画ブログ 映画音楽・サントラへ

にほんブログ村






pearlblueblue at 04:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

April 21, 2009

ウェディングベル5

      月9のドラマが ♪ ”はじまる・・はじまる・・”

ハニー ステレオ懐かしい〜。 ”Sugar”の”ウェディングベル”がエンディングで流れました。

 うわ〜っ。 かわいかった私がよみがえりまする。 ^-^* 
一緒にバージンロードを歩くことを夢見てたのに、ちがう女性が目の前を通る・・。 そこに呼ばれてるの? なんて・・ タブーでしょ、と思うようなことが面白い曲調でかわいらしく歌われています。 

 カバーしているPuffyの歌声もかわいいですね。

披露宴で使うとしたら・・・乾杯とか面白いかも。  
乾杯のご発声が、かなりエライ方でしたらあまりおすすめできませんが、ちょっと楽しいPartyっぽい披露宴ならいいのではないでしょうか。 d(’-^)

 ただですね・・・ ーー;  ” くたばっちまえ・・ アーメン! ” 
という歌詞がありますので ご注意下さいませ。  

pearlblueblue at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 26, 2009

幸せに。 紀香ちゃん!5

BlogPaint 残念なお知らせでしたね。 紀香ちゃん・・。>_<。。

 今週は、キャンセルが出ました。 やはり〜・・・。
”永遠にともに”の曲はやめて曲変更ですって・・・。 

 人は人、自分たちはダウジョウブと思えばいいのにぃ。  
縁起が・・なんて言っていたら、絶対大丈夫な曲なんてないんじゃないか? d(’-^) 

 自分で”永遠に・・”と決めたことを否定しなくてはならなくなったことは、とてもとても辛いですよね。 披露宴の音楽をいろいろ考えていた紀香ちゃんのことを思えば、そのときの決意も、この辛さも痛々しいほど感じます。

 それでも相手を一切非難しない、過ぎたこととサバサバできるなんて、なんてすごいのでしょう。 ステキすぎます。 (^-^*

 明るい輝きオーラを放つ紀香ちゃんは、おそらく見えない努力や気づかいをたくさんしている人・・。 だからきっと幸せになれる人。
 残念ではありますがこれで良かったのでしょうね。  

 また新しい恋をして幸せになってほしいですね!。

 今度こそ”永遠にともに”・・
 いや、そんなに気張らなくていいんじゃないかな・・?。 

 ちなみに ”永遠に・・”は、弊社集計2008年度リクエスト「邦楽」
 のナンバー2でございました。     

pearlblueblue at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 23, 2009

胸キュン!Song 25

さくらも咲きはじめましたね。
ここは春の音楽をご紹介するべきところですが、リクエスト曲から、私の胸キュン!冬のうた 載せてもいいかしら・・。
      
 2曲あります。  Honey Love ひとつは ♪恋する雪 愛する空 
タイトルもすてきですが、メロディーラインもきれい。 ちょうど良いテンポで、歌詞もいい。 こんないい曲なのに、うちではまだ一度しかリクエストされなかったのがもったいないです・・。  ご入場で使いました。 
 後半の歌詞のほうがなお良いのですが。 (^-^)
      
  Honey Love そしてもう1曲、♪ almost in love
こちらは、なんかドキドキして 胸をかきたてられるかんじがする・・・私だけかな?
 ♪・・何も言わずにひきよせて 響きあう胸の鼓動・・・ 
今回はBGMでさりげなく使いましたが、キャンドルにもいいですね。 d('-^)
 2曲ともCHEMISTRYです。

 最近の邦楽リクエストは、ちょっと音が乱暴な(?)曲が多くて^^;
婚礼に合いそうなきれいな旋律の曲は少ないですね。 
ガチャガチャした雰囲気の曲はいつでもどこでも車の中でもいいじゃない。 すてきな衣装でシャナリと歩くなら、もう少しそれに合うものを選んでほしいな・・と思うのでした。 アップテンポでもいいのです。 ガチャガチャしてなければね・・

 今回この2曲を教えてくれたご新郎は、シャイなロマンチストさん。 *^-^*
選曲で、この方がとってもとってもご新婦を好きなのがよくわかります。 当然ですが・・。 その想い、しっかりキャッチしちゃいました。 あ〜 私が受け取っちゃちゃ〜 いけませんね。 もちろんご新婦様へお伝えするために。  

 その他にEXILEもたくさん出てきました。 
*Beautiful、*Believe、*I Believe、*Song for you、*君がいるから、*We Will〜バラードバージョン、*M&A。 そして前回ご紹介したClass *冬の日の2009。  
 好きな曲で 性格がわかっちゃいます・・。 ^ー^*

 次回は 春の音楽を。  
 さくらが舞い散る前に・・ 間に合うかな・・・。

pearlblueblue at 20:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 09, 2009

SEIKO MATSUDA5

        
聖子ちゃんっ・・同い年なんです。 
 このしっとり ”♪赤いスイート・ピー” すてきでしょ。

 ♪天使のウインク、♪大切なあなた、♪瑠璃色の地球、サントリーのペンギンさんCM♪Sweet Memoriesなど、どれをとっても大ヒット、かつては定番のブライダル・ソングでした。

 最近 CMで見かける聖子ちゃん。
 年を重ねて思うのは、「松田聖子」はやはり、凄い。

 変わらないあの声の響き、神秘のヴェールをまとってどこか天上にいるような人。
 「松田聖子」は永遠のアイドルで、数少ない☆スター。 恋して別れて、結婚して出産、別れて結婚・・いいんです、それで。   
 いろいろあっても凛としている生き方がすてき。 

Honey Love     初めて聖子ちゃんの武道館コンサートに行った時のこと。  ニューヨークで、「シトロン」というアルバムのレコーディングをしてきたと。 はじめて日本語のない世界に行った経験をステージ上で話し、朝起きても「おはよう」という声が聞けない、言葉が通じない数ヶ月、「血を吐く思いで作ってきたアルバムです・・・聞いてください」・・・ 少し涙声で でも笑顔で紹介して歌ってくれた「抱いて・・・」

 もう果てしなく昔のことだけれど、聖子ちゃんを見るといつも思い出す、「血を吐く思い」の忘れられないエピソード。 


 今、輝いているすてきな40代、50代女性がたくさんいます。 
半世紀も生きているのに(失礼)ますます輝いているってすごい。
 持って生まれた天性の「美」と、見えないけれど隠れた努力だってきっとある?  
 でも、輝いている人は、やはり生き方がカッコイイ。  
 
 今夜は月がきれい。  私だってまだまだ輝きたい。
  聖子ちゃんと同年代なんだから・・ね!
           d(^-^*                

pearlblueblue at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

July 19, 2008

アメージング・グレース5

Amazing Grace
 アメージング・グレースがリクエストされました。  演奏者の指定はなし。 これは・・・・・難しいです・・・。
 
 有名どころ、♪ヘイリーのアメージング・・・は”白い巨塔”を連想してしまうから×。 ♪ヌーノは、きれいだけれど雰囲気がちがうな・・×。 
 あっ・・これは、お色直し入場時の♪”アメージング・グレース”を探しているのです。 和装からWDドレスになり、”プチ人前式”っぽく”誓いの言葉”も入れたいのだそうで。 

 ハニー ステレオ ♪シセルが歌っているバージョンも、切れの良いピアノから始まり、しっとり明るめアレンジで結構好き。 
でも、今日はCDが見つからないから・・×。 
♪白鳥恵美子バージョンのこのアカペラ、私はあまり・・・で×。 
♪シャルロット・チャーチの声は好きだけれど、アメージング・・の歌い方は落ち着かなくて ×。  ♪ナナ・ムスクーリは、幻想的っぽいけれどスローすぎて×。(あくまでも今回のシチュエーションに対してです) 
 王道の”サラ・ブライトマン”や”セリーヌ・ディオン”、”マライア・キャリー”のアメージング・グレースってないのですね。 残念! 聞いてみたいな・・・。 宗教的な理由からでしょうか? (ここに触れるとまた長くなるのでやめときますね。) と、そんなこんなで選ばれたのは、
♪”鈴木重子が歌う アメージング・グレース”。 

 その魅力1. 歌のフレーズが、♪レソソ〜 シ(ラ)ソシ〜・・・
この(ラ)を歌っているかどうか・・◎。 シソシ〜の人が多いのです(何のコッチャ?と思ってます・・・? ここはユズれないの。>_<; )
 その魅力2. ミディアムテンポのジャズ風アレンジに野太い鈴木さんの声で、ちょっと粋な感じかな?。 今回の入場にはピッタリです!!  d(’-^*)

 マイ・ベスト・フレンズ
  
 たかが一曲、されど一曲。 音楽一つで映るものが変わることを知ってしまうと、手を抜けないのです。 
 だって、最高の日にしてあげたいじゃない。^-^*   

pearlblueblue at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 12, 2008

海辺の誓い5

「オペラ座の怪人」 オリジナル・サウンドトラック
 今日のお二人は、ご新郎が演出にこっていて、やりすぎではなく、さらりとしながらもあたたかい、とってもいいご披露宴でした。
 その演出のひとつ、オペラ座の怪人の第二幕序曲部分をお色直しで使いました。 映画の中では、オペラ座の舞台が開かれるシーンだったかと思いますが。  その♪ファンファーレで入場とのご希望。 そして、”All I Ask Of You”へ曲は移り、キャンドル・・・・。 
 d(^o^)b 私も好きな雰囲気、でもとっても緊張〜。  情熱的な音楽もお二人によく似合っていました。  

 その後、一人お祝いのスピーチを述べると、新郎がマイクで一言お礼を述べ、新婦友人にも新婦が声を詰まらせながらお礼の言葉。 なんかイイ〜・・。 これがわざわざではなく、友人スピーチに感動し、思わず言葉を返したくなったようでした。

 お手紙・花束もオペラ座から”Think Of Me”。 これも途中で壮大なオーケストラが入り、贈呈の瞬間にジャーンと合わせて行きます。 新郎さんが、音楽がぴったりハマって、オ〜ッ!こんな風になるのかとおしゃってました。 嬉しいお言葉です。 
 私たちの仕事の醍醐味、光や音楽とシーンがぴったり合ったとき、それはそれはわが事のような感動なんですぅ。  

Honey おじぎ
 お互いの知られざるエピソード・・。 そうだったんだということ、たくさん出てきます。 良いこと、たとえば過去に友人を助けたことがあったとか、結婚する相手にわざわざ話さないですよね。 
でも友人スピーチから、そんなすてきな一面を垣間見ることができます。 披露宴ってたいへんでも、やはりやるべきですね。

 新婦ご両親もかつては、同じ”母の日”に結婚式を挙げたのだそうです。
 結びに、新郎の謝辞。 ”私たちは、幕張の海で始まり、九十九里の海でプロポーズをしました・・。 そしてこの思い出の地、幕張で結婚できたことをとても嬉しく思います・・。” d(’-^*) 
  
  さわやかな海風と、きらきらひかる水面を背景に、
   ”海辺の誓い” 第三幕の始まりですね。  
     お幸せに。   
                         at.5.11

オペラ座の怪人 ロングランキャスト


pearlblueblue at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 03, 2008

夢の香り 〜セント・オブ・ウーマン〜5

夢の香り
はじめてリクエストに上がった〜。(^-^)b 

 ”Por Una Cabeza(ポル・ウナ・カベーサ)” 
これは昨年5月、紀香ちゃんのご披露宴で皆様に知れ渡った曲です。    
今回のお二人もそれをご覧になってのリクエストだとか。 

 もとは、タンゴのスタンダードナンバーだそうで、私は映画
”セント・オブ・ウーマン〜夢の香り”で出会い、大好きなシーンで流れていたので覚えていました。 

 アル・パチーノ演じる盲目の元大佐が、人生に終止符を打つ前に、ニューヨークで贅沢にいろいろなことをするのですが・・。    そのお供をするのが、クリス・オドネル演じるアルバイト学生。 
 不思議なこの顔ぶれに、ほんのつかの間、ガブリエル・アンウォー演じるドナの登場。 
 盲目の大佐がステキにエスコートし、Beautiful&Prettyなドナとタンゴを踊るの。 *^-^*  これがね・・、わずか2分半ほどのうっとりシーン・・・。 もう、何度リピートして見たことか。
Honey Love
 きっと紀香ちゃんもこの映画好きだったのでしょうね。  タンゴのリズムにのって真っ赤なドレスで、とてもよくお似合いでしたし。 

 大佐は盲目なので、嗅覚で女性の香水を見事に当て、顔立ちや雰囲気を想像する面白いシーンがあります。  タンゴのシーンでは、ガブリエル・アンウォーのほのかに香るような美しさに、大佐が感じた香りが・・・こちらにも漂ってくるような気さえします。 
 
 セント(SCENT)・・とは香り・匂い。  
薔薇の香り、雨の匂い、草の香り、海の匂い・・・。 香りや匂いって音楽と同じで、いろいろな記憶がよみがえりますよね。 d(’-^*) 
 この映画、アル・パチーノも、クライマックスもホンとに素晴らしいですよ。 
 
 ぜひ、”夢の香り”を感じてみて下さい。 d(’-^*) 
 タンゴの節句でもありますし・・・?    

Norika Wedding Style


pearlblueblue at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 24, 2008

2007〜Wedding リクエスト4

レイラ
SRCL6451_レイラ
SRCL6451_レイラ




昨年の披露宴は、邦楽のリクエストが6割ほど。 それもR&B、ラップ? 湘南乃風や、ET-KINGなどが多く、歌詞が身近でもムードはいまいちで・・(ごめんです)。   
 洋楽はあまり知らない・・・という方も多く、CMやよく知られているおなじみ曲の登場が多かったですね。  
 もっとすてきにできるのに・・・と少し残念に思うのでありました
 窓のないホテル宴会場の良さは、なんといってもドラマチックに演出出来ること。 天井高や、暗転が出来る空間をうまく使えば、あなたもすてきなヒロインになれますよ。

 音楽は、もちろん好きな曲をかけていいのですが、二人を引き立てるためにあるもの。 シーンやシチュエーションに合っていないと好きな曲もXX;台無しです。 キラキラにドレスアップしているということもお忘れなく。 
 イントロが素敵だったり、間奏がカッコ良かったり、何もサビだけが一番の聴き所ではありませんよ。 d(’-^*) これから結婚する方は、時間をかけて、すてきな音楽を選んでくださいね。

 参考までに・・。
2007年リクエスト発表!(注:あくまでも弊社集計です・・・。)
<邦楽>〜♪第5位:Endless Story ♪4位:言葉に出来ない ♪3位:幸せをありがとう ♪2位:永遠にともに 
<洋楽>〜♪第5位:To Love You More ♪4位:Beauty&The Beast ♪3位:Book Of Days ♪2位:Carton Heroesハニー ラブ

 そしてグランプリは、
 ♪邦楽:Precious(映画・海猿主題歌)〜伊藤由奈(主にケーキ入刀や、キャンドルで) 
 ♪洋楽:A Whole New World(Disney・アラジン)〜ピーボ・ブライソン&レジーナ・ベル(こちらも同シーン) でした!  o(^o^)p  

Precious

  ときどきは、スタッフがお勧めする披露宴音楽なども
 ご紹介していきますね。  どうぞお楽しみに。  d(’-^*) 

    ☆「薔薇のない花屋」が最終回。  
      山下達郎が歌う主題歌も
      さびしげだけれど素敵。      ♪ずっと一緒さ 

ずっと一緒さ



pearlblueblue at 22:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 24, 2007

今日のお二人 〜 笑顔と涙 〜5

てるてる やさしさ 絵:”てるてる天使”より 

9月23日は、母の誕生日。 母の名は、微笑み、笑顔の”笑子”さん。 その同じ日、また笑顔のステキな二人に出会えました。
アキラくんとトモちゃん。 私は打合わせ時に、二人の簡単な似顔絵を書いておきます。 その新婦については、”トモちゃん! えがおの可愛い子”とニコニコ顔のトモちゃんの絵を記してありました。(上手〜)
 お客様なのに、トモちゃんと呼びたくなる、かわいい、くったくのない笑顔が魅力的な女の子。 会話のたびに、にっこにっこして、ありがとうございます、と言葉を返してくれる。”ありがとう”が、こんなに心を癒すものなのかと感じたものです。
            
 ♪音楽が決まり、今日の本番を楽しみにしていてくれたお二人。 アキラくんは、少々緊張気味。 今日は披露宴内人前式。 お友達や、出席者に見守られての結婚式。 その音楽は厳粛にも、カジュアルにもアレンジできます。 ミュージシャンを目指していたアキラくんの選んだ曲は、”エリー・マイラブ”。 ステキな音楽にのって、緊張を破りたかったのか、両手を上げ、満面の笑みでご入場。 場内からは、わお〜! アキラ〜〜!!と歓声があがって、一気に和みました。
 そして、トモちゃんとお父さまは、”China Roses”で、しっとりきれいにご入場。 お父さまは、やさしい笑顔で、アキラくんのもとへトモちゃんを送る。

そのつつまれる空気を思い出すと、涙がでちゃう。 とてもとてもあたたかい、なごみのなかで、結婚式が行われました。

 オレンジ色のドレスでキャンドル。 その色がトモちゃんのほんわかとやさしい雰囲気にまた良く似合って。 アキラくんが選んだ”Twilight In Uper West”夕暮れのキャンドルにはとてもステキです。
 このご披露宴は、まさしくお二人の人柄のタマモノ。  トモちゃんは、その笑顔で人を癒し・・・と、エピソードを聞くたびに、本当にこの子の素直さ、透明さ、可愛らしさ、やさしさに胸が熱くなって、なんか泣けちゃうのです。 
 音量を考えながら、お手紙を聞きながら花束へ。 Bank Band”の”糸”。トモちゃんは声をつまらせながら、頑張って読みました。 一番きれいにしてあげたいシーンです。 あちらこちらで、感動のグシュグシュが。(> <。)。 
        
 笑顔もいろいろ、太陽のようにサンサンと光をふりそそぐひまわりタイプや、おとなしく微笑むひなげし?タイプ。 
 オレンジ色のドレスのように、暖かくてほんわりとして、強い光ではなく、春のたんぽぽのようなやわらかな笑顔。 トモちゃんは、そんなお嫁さんでした。  お幸せに・・・。 (^‐^)b  

エリー・マイ・ラブ~いとしのエリー
TRUTH


pearlblueblue at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud