BGM- ♪ 入場曲

October 02, 2013

 ♪ ご入場です!!  

     ♪ 新郎新婦 ご入場直前・・・
       扉の向こうのお二人は、心臓が飛び出す寸前ですね。
       私たちにも伝わってきます。 dd^‐^pp
       一緒にドキドキしています。。。
                              
この日を迎えるまで、どんな音楽で入場しようか、悩みますね〜。  

どんなシーンよりも「入場曲」の選曲が一番難しい気がします。 
なんせ列席者が待ちに待った、ご登場のシーンですから。

挙式後のウェディングドレス入場の場合は、式とはまた違った、
華やかな厳かさを演出してみたり、
もうPartyのはじまり!と 元気に明るい曲にしても良し。

ご参考までに 2012〜13年の人気入場曲をご紹介しましょう。 ♪
 
♪ Wedding March / Q:indivi
 参考:♪ Wedding March〜結婚行進曲(2010-10-04の記事)

♪ Wedding March〜Part2 / Q:indivi
   大人気のQ:indivi きらきらの入場曲
    ♪ A Whole New World / ピーボ・B&レジーナ・ベル
   王道Disneyより、アラジンは一番人気の夢のあるバラード 
    ♪ Beauty And The Beast / Celine Dion
    美女と野獣、タイトルに新郎笑いながらも選ばれる 
    美しいバラード曲
    
♪ Butterfly / 木村カエラ
  かわいらしい曲調も、ハーモニーも最高ですね!

♪ Can You Celebrate? / 安室奈美恵

  安室ちゃんファンには、絶対に欠かせない曲のようです。
♪ 万讃歌 / 葉加瀬太郎
  バイオリンの旋律で 格調高く 和装にて。

♪ Part Of Your World / Q:indivi
 
  原曲とは違うイメージですが、これも楽しくて面白い。
    ♪ ハピネス / AI 
  世界中が祝ってくれているようなサウンドです。

♪ She / エルビス・コステロ 
  大人Wedding この曲大好きです。
こちらのページもご参考までに。
参考:♪ She 〜 Wedding Sound(2011-03-05の記事)
                   
      
会場やお二人の雰囲気にあわせて選んでくださいね。

ちなみに、オペレーションをする私が一番胸を打たれるのが、
このはじめの入場シーンです。

お打合せで、普段のお二人とお話しをし、本番となって盛装で登場されるシーンなのです。
ほんとうに おめでとう!!と思う瞬間です。 d(’-^*
                                   

     abc
ABC協会 
プロフェッショナルウェディングヴェンダー
       今井 幸子


pearlblueblue at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 05, 2011

♪ She 〜 Wedding Sound5

ノッティングヒルの恋人 ― オリジナル・サウンドトラックノッティングヒルの恋人 ― オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
ユニバーサル インターナショナル(2002-05-02)
販売元:Amazon.co.jp


            〜My Best Wedding Sound20〜
  
シャルル・アズナブールのカバー、エルヴィス・コステロの歌で有名になりました。
 スターと一般人の出会いから恋にいたる「ノッティングヒルの恋人」この映画で、ジュリアロバーツの背景に♪Sheが流れるシーンがあります。           

  
 太く響きのあるエルヴィスの声と対照的に、ストリングスの間奏部分が繊細で美しく、音楽担当としては、思わずこの部分を大きく響かせたくなります。 d(’‐^)
 この映画も 音楽も大好きです。  

先日、ご新婦様のご友人が、
「お色直しに使ってほしい」と言っていたのが、この「SHE」でした。 
彼女の願いを叶えるべく、司会より「この曲は・・ご友人○○さまのリクエストで・・」と紹介が入り、とてもステキなシーンになりました。
 少し前に結婚されたご友人が、好きな曲なのに、ご自分の披露宴で使えなかった、心に残る曲だったのだそうです。
            
そんなイイおハナシから、私にも嬉しいひとときでした。

♪ お色直し退場のほか、Weddingドレスの入場、ケーキ入刀でもステキですよ。
   「純白」「大人Weddng」の音楽です。       

pearlblueblue at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 04, 2010

♪ Wedding March〜結婚行進曲 5

       ”Wedding March" by Q:indivi

 パパパパーンで すっかり知れ渡ったWedding March。
もとは・・・シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」から。 
夏至の頃、二組の男女と妖精たちが巻き起こすドタバタ劇なのですが。
 
  Honey Love
その「真夏の夜の夢」舞台上演のために
”メンデルスゾーン”が作曲し、音楽がつけられました。
二組の恋人たちが結婚式を挙げるシーンで、この結婚行進曲
(Wedding March)が演奏されます。

生き生きと、速く。 アレグロ・ヴィヴァーチェ。
のちに結婚式には なくてはならない代表曲になりました。

”和装婚”の時代には、ウェディングケーキ入刀で。
その後”教会式”では、結婚成立後の退場で演奏されています。


そんなパパパパーンが、またまたモデルチェンジ。
CelebrationCelebration
アーティスト:Q;indivi Starring Rin Oikawa
販売元:Q;CD


キラキラとちりばめられたおんぷ、元気で、明るくて、さわやか。
そんな現代版”Wedding March”。   
             d(’‐^*
♪ウェディングドレスの入場で。
♪ケーキ入刀もOK、♪乾杯もステキ、と、さすがWedding March、どこにでも使えるすぐれものです。


音楽は、列席者にも楽しんで頂ける何気ないプレゼント。
いろいろな想いやメッセージを うまくコーディネイトして下さいね。
                      ^‐^v

               

pearlblueblue at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 27, 2009

< 和 > の美しさ5

61xHEuY1+xL__SL160_ 
もうすっかり秋の寒さ。
 間もなく冬の到来ですね。

  この秋の婚礼シーズン・・・ 
 先週のご披露宴では、和装のお客様が多く、私が担当させていただいたお二人も  白無垢から、入場時には掛け替えて色打掛(いろうちかけ)に。  
 
 掛け替えとは、先ほど羽織っていた白の打掛けをはずし、色打掛を羽織ること。 色打掛は、赤や黒の生地に金糸・銀糸などで、鶴や御所車などの刺繍が施され、目にも華やかです。 
 大奥などで、姫様たちが一番外側に羽織っていたお着物、と言えば、ご想像がつくかと。 ^-^

 入場時に掛け替えると 先ほどの衣装から早変わり。 
会場で待つお客様にとってちょっとしたサプライズ、また新鮮な印象になります。          d(’-^*)
          

その日の新郎は、ハニカんだ笑顔で やや緊張しながらも、皆様の顔を見ながら ゆっくりゆっくりとすすみ・・・。   新婦は、華やかな色打掛に身をつつみ、しづ・しづ・・と後に続きます。  
 和装がお似合いで、とても絵になるお二人でした。
                      

 私はオペレーション中。  なので残念ながらそのステキなシーンのお写真はありません。  >_<。。  
 和装美と美しい音楽が かさなり、目にも耳にも うわ〜ぁ・・・・
   (あえてひらがなで・・)
 ぜひとも お見せしたかったとても胸を打たれたシーンでした。

 ♪ 私がかけていた曲は、
  EXILEの ♪ We Will〜オーケストラ・バラードバージョン〜。  
 きれいに ワンコーラスで、盛り上がり 着席となりました。

ハニー ラブ
 そこで涙ぐんだのは、私だけ・・ではないと思います。
最初から感動ではじまった ご披露宴でした。

 「和婚」って いい。  ☆きれい〜!☆とか、☆かわゆい〜!☆とか、そんなんじゃない。

 言葉がでなくて・・・
 静かで 深くて、あたたかな感動に満ちあふれていて・・・。
                          
           EXILE BALLAD BEST(DVD付)
EXILE BALLAD BEST(DVD付)


pearlblueblue at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 20, 2008

篤姫に夢中 !5

atuhime
近頃、テレビはなんだか篤姫ブーム? NHK大河以外にも、他局でも大奥崩壊後の篤姫のその後などドラマ形式でやっていました。 篤姫が生きた徳川将軍家の時代は、大奥でも知られるように、女性が好むストーリーですよね。 d(^-^)     
                   

  今年の大河ドラマ”篤姫”は、篤姫を囲むキャストがまたステキで、見ごたえがあります。!!  樋口可奈子さんや、高橋英樹さんからはじまり、今一番うれしいのが、勝海舟役、北大路欣也さんだな〜。 特にあの声がステキ。 *^-^*(どうやら私、多少面食いではありますが、声フェチだということに気がついた。・・・

  Honey Loveカッコイイ〜と思うのが、男性ではなく、「滝山」演じる 稲森いづみちゃん。 日本髪もお着物もとても似合っていて、役柄は強面なんですが、彼女は実に美しく、華やかです。 
 そして「皇女和宮」の堀北真希ちゃん、意外!(失礼)こんなにかわいらしい人だったとは。 まるでおひなさまのよう。 
 
 ドラマでは、堺 雅人さんの徳川家定とあおいちゃんの篤姫とのしずかな信頼と愛情、家定公の死、「幾島」の松坂慶子さんと篤姫の別れのシーンと、いつもいつも胸が熱くなり、感動で泣けてしまいます。
 そして、音楽。 この篤姫の音楽は最高!。 メインテーマはもちろんのこと、特にギターサウンドがいい。 何かに急きたてられるような、胸騒ぎのような、和製タンゴ風アレンジ。 妙に場面を引き立てます。
 必殺シリーズや鬼平犯科帳のように、トランペットやギターは、<和>を粋なドラマにする必須アイテムなのかもしれません。

 今年もあとわずか・・。 
篤姫は残り10回を切りました。 いよいよ佳境に入って行きます。 
楽しみです〜 ますます目が離せない!! q(^-^*    あつひめ2

pearlblueblue at 02:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 06, 2008

”花嫁のパパ” って・・・  〜Father's Bride〜5

04_04_1 
  まもなく父の日ですね・・・。 
真っ先にご紹介するべき映画を忘れてました。 
”花嫁のパパ”こと、通称”花パパ”・・・。
(絶世の美女、エリザベス・テイラー主演の「花嫁の父」のリメイク版らしいです。)

 「ゴッド・ファーザー」でもWedding Partyは、お家のお庭でしたね。 この花パパもお家とお庭にて。 お気楽コーディネーターに笑えるし、弟はかわいいし・・・。  いえ、それよりも何よりも、パパが、パパが・・・。 

 ストーリーは、久しぶりに帰ってきた娘が結婚・・・というところから始まり、パパの気持ちとは裏腹に、あまりの変なパパに ^o^困ったもんで・・。  でも、いいシーンがたくさんあるの。 
 パパと一緒にバスケをするところ・・・、そのシューズはパパからの贈り物・・・。 ドレスの足元は、ハイヒールではなく・・・。
 クライマックスのパパとママ、そしてパパと娘・・・。  
Honey Love
 パパって・・・こんな気持ちでいるの?  さみしいけれど応援しているはずが、やることなすこと。  でもパパの愛情がいたるところにあふれていて、きっとあなたの”パパ”を見る目が変わりますよ。 

 ♪音楽がまたすばらしいの。 メンデルスゾーンとワーグナーの二つの♪「結婚行進曲」がアレンジされ、見事な一曲となって展開されます。  よく、入場シーンで使わせていただきました。 ^‐^*
華やかで、ちょっぴりセンチメンタル。
 アラン・シルベストリの映画音楽は、いつもステキです。
 
 何度見てもホロりとして、心がポカポカに。  
 花嫁さん必見。 嫁ぐ前に見ないと後悔ですよ・・・。d(’‐^*) 

47687FD0L 


これは、
感動のコメディ映画です。    
花嫁のパパ
 
                                
〜My Best Wedding Sound20〜



pearlblueblue at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 22, 2008

ロード・オブ・ザ・リング 〜指輪物語〜5

ロード・オブ・ザ・リング コレクターズ・エディション トリロジーBOX

   大好きな映画の一つに、この”ロード・オブ・ザ・リング”があります。 (’-^*  
 前2作DVDを見てから、映画館で3作目”王の帰還”を見ました。 最初からスクリーンで観たかったと後悔・・・。 
 3作とも全キャストが一緒だったので、何か出演者たちの気迫のようなものを感じてしまい、疲れ果てても指輪を葬るために山へ向かい・・の主人公”フロド”に、見ているほうも体力を消耗、何でそんな命をかけてまで〜と、映画前半から胸がいっぱいになって、ずっと泣いて見てました

 全世界を支配できる恐ろしい魔力を持つ指輪がストーリーの中心。  指輪を葬られては困る悪が”フロド”にわんさかと押し寄せ、危険にさらされて、ボロボロに・・・。 友情なんて言葉では言い尽くせない、その”フロドのために”と命をかけて闘う旅の仲間たち。  敵は、外見も恐ろしくて、。>_<。。そばにこないで〜と思う怖〜い風貌ばかりで、戦い方も残忍です。
     Honey 笑顔
 そんな醜い敵とは対照的に、フロドの仲間には、エルフ族の妖精たちがいて、中でも"リブ・タイラー"扮するエルフの姫は、この世のものとは思えない美しさ・・(そんな存在であるように演じるようにと監督のご注文だったそうです)。 ^-^* ”王”であるヴィゴ・モーテンセンの”アラゴルン”とすてきな関係。 このクライマックスシーン、是非見てほしいな。

 ロケ地、ニュージーランドは映画で使われることが多くなりましたが、治安もよく、とても住みやすいところと聞きます。 そんな空気や自然の素晴らしさは映画を通しても感じられますが、観光で人が増えて、その良さが失われないことを祈りたいですね。 

 まもなくジューン・ブライドの季節。
 いろいろな”指輪物語”がありそうです〜。 
 その指輪は・・ 決して葬ることなどありませんように。 d(’-^*) 
                               
 
 1作目主題歌Enyaが歌う、とても幻想的な ♪”May it be” 
     ウェディングドレス入場曲におすすめです。 

May It Be


pearlblueblue at 17:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 11, 2008

”夢よ かなってしまえ”5

I Love You 
 と名打った”ドリカム・ワンダーランド”というツアーがあったそうです。  
  ドリカムの音楽を初めて聴いたのは、もう20年も前のこと。 最初は馴染まなくて、でも何か忘れられない不思議な音楽だなと思ってました。
 未来予想図をはじめ、披露宴では必ずと言っていいほど登場、ドリカムをキライという方にはめぐり会いませんでした。 
 それほど多くのファンに愛されているアーティストなのでしょうね。 
 私は  ♪「きっと私、これからもわがままでばかりで困らせるけど・・」の ”未来予想図”のほうが好きかな。(^-^)b
 
 昨年、そのツアーを終えたドリカム・吉田美和さんに、とてつもない悲しみが訪れ、一時活動を休止しました。 歌は、こころを声で表現するものでしょう。 大切な存在を失ったのに、歌うのはあまりにもつらすぎる。   その上このタイミングで、映画と新曲 ♪”ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜わたしたちの未来予想図”が リリース。 メロディも歌詞も、すべてその彼を想う歌なのかしら。  
 泣けちゃって、涙ぽろぽろしてしまいます。 未来予想図の中でも、いちばん想い深く、やさしくせつない歌・・・だと思います。  

 年末、”ドリカム・ワンダーランド”の舞台裏を見て、紅白では ”ア・イ・シ・テ・ルのサイン・・・”の♪音楽と、悲しみをのりこえて歌う吉田美和ちゃんが、なんかとてもきれいでまたぽろぽろし、私はすっかりドリカムFanになってしまいました。  
 これからも、無理をせずゆっくりと、美和ちゃんの想いを歌にして聞かせてほしいですね。  

 ♪未来予想図供07も前作とバージョンが変わり、大人な感じですてきですよ。 聞いてみてくださいね。 d(’-^*)
パンジー

 私の夢は・・・、日々爆睡、いまだ初夢を見たのか記憶がないのであります・・・。ーoー;  


 Photo:パンジー咲いた!!
         v(^―^)
ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~


pearlblueblue at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 01, 2007

6月のサウンドレター 〜私のお父さん〜5

サラ ”SARAH BRIGHTMAN”
 プッチーニはオペラのアリアを数多く書いた音楽家。  荒川静香さんで有名になった♪「トゥーランドット」もプッチーニ作曲。(光栄なことにプッチーニとBirthdayが一緒なんです!)
 最近は、オペラ・アリアとPOPSの融合で、カッコよくアレンジされている音楽が増えました。 
激しい歌詞と、POPなリズムで、いっそうドキドキさせてくれる。 ♪「Question Of Honnar」〜サッカー・テーマ曲や車のCMで大人気のこの曲もそう。 
 オペラは、歌から感じる情熱というか「熱情」に惹かれます。

 6月のサウンドレターは、その中でも、ジューン・ブライドにお薦めしたい、プッチーニ作品より一曲。 〜歌劇「ジャンニ・スキッキ」より「O Mio Babbino Caro 〜オーミオ・バッビーノ・カロ」。 
邦題は「私のお父さん」。 歌詞をご紹介しましょう。

 〜私の大好きなお父さん
  私、とってもあの方が好きなの
  これから二人でポルタ・ロッサの町へ 
  指輪を買いに行かせて下さい。
 
     ええ、ええ、どうしても行きますわ!
     もし、お許しがなかったら
     私たち、ヴェッキオ橋へ行き
     アルノ河に身を投げる決心です!

        ほんとに心から愛しているの!
        ああ、生命をかけて!
        だからお父さん、どうか、おねがい!

 激しい思いがほとばしる歌。  (-ー; 死ぬとか縁起でもない?  それほどの情熱と捉えてくださいませ。 この激しい歌詞とは違い、音楽は、とてもとても美しいメロディーで、イントロから惹きつけられます。 
 また多くの女性アーティストたちに歌われています。 キャサリン・ジェンキンス、フィリッパ・ジョルダーノ、シセル、キリテ・カナワ、ニコル・キャベル、などなど・・。歌い手としては、レパートリーにしたい一曲なのでしょう。 

 チャペルの入場や、披露宴内で、お父さまと一緒の入場シーンがあったらおすすめです。 美しい旋律と、おごそかな雰囲気で、感動的なシーンになりますよ。
”サラ・ブライトマン”が歌うバージョンが特にステキ!d(’‐^*)

 ♪日常を離れて、時にはうっとりする曲も、静かなやさしいエネルギーを与えてくれます。
  〜私のお父さん〜 父の日に愛を込めて 

キャサリン "KATHERINE JENKINS”

pearlblueblue at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud