BGM- ♪ 花束贈呈

May 11, 2013

母上様。。

            
 子供の日スペシャルで「一休さん」を見ました。

 マルモリの鈴木福くん、かわいかったです。 ^-^*

 「一休さん2」では、福くん、前作のあどけない小坊主が
 少し大人になってました。
 子供の成長って本当にはやいのですね。  

 小坊主さんたちと「そもさん」、「せっぱ!」で、
 だじゃれのようなとんちで進む子供向けのかわいらしい
 ストーリーですが、後半の「母上様」登場シーンでは、
 1、2作とも泣けましたね〜。。。>o<。。

 母上に会いたい想いを秘めた、福くんの演技に拍手です。
               

 一休さんは、某天皇家の子孫だとか、跡目争いに
 巻き込まれないように、母が仏門に入れたのだそうです。

 時折、「てるてる坊主」に話しかける一休さん。
                             
 このてるてるは、「こころに雨が降らないように」と願いをこめて
 母上が持たせたのだそうです。
  (そんな使い方もあったのか。
 
 見ている私には、しとしと・・あたたかい雨が降りました。
 
  
 久しぶりに、お電話でもしましょうかね。
 わが母上様へ。 
                   

pearlblueblue at 02:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 08, 2012

You're Beautiful5

            バック・トゥ・ベッドラム(初回限定スペシャル・プライス)
シャンプーCMで、蛯原友理さんや小嶋陽菜ちゃんなど、
黒髪の美女たちのスローなビジュアルにかさなるBGM。

ジェイムス・ブラントが歌い、リクエストも多かったこの曲が、
さらにBeautifulに。

人ごみでみつけた彼女に一目惚れ、
一瞬でその美しさにひきつけられてしまった・・
You're Beautiful・・・

今大人気のQ;indiviがこの” You're Beautiful” をRemix。
        
一切のRemixを許さなかったジェイムスが、CMコンセプトと
楽曲の世界観がマッチしたことで許可が下りたという逸話があるのだそうです。

Q;indiviサウンドのキラキラ感、原曲を崩さないテンポ、
そして透明感のある高音Voice。

CMをご覧になった方も多いと思いますが、ジェイムス・ブラントの歌声に、これらが調和され、映像と音楽が見事にマッチしていて、
さらにさらに・・ Beautiful・・・。


先日、ブライダルフェアで、卓上花火が一斉に点火されるシーンがあり、この曲を使ってみました。
会場内は、うわ〜っ! (*゚▽゚*) という歓声に包まれ、
一気に華やかに。 
本当に美しい瞬間になりました。


原曲を生かしたこんなステキな音楽、大歓迎です!

そしてもしも You're Beautiful・・なんて言われたら・・
もう大感激ですよね〜!!。    d(’-^*


pearlblueblue at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 30, 2011

♪  家族になろうよ 〜 Wedding Song

        家族になろうよ / fighting pose
家族になろうよ / fighting pose

  まもなく 震災から早半年になります。
今年は、いろいろな価値観がすっかり変わってしまいましたね。

震災に遭われた方の悲しみや辛さがわかるとは言えませんが、
同じ目線で痛みを感じ、未来へ向けて行動しようと思いました。

とは言え、結婚・華燭の典・音楽・・ そんな私達の仕事は、生死や生活がかかると不要なもの、贅沢なものなのだなと感じ、違う悲しみ、辛さを味わったのも確かです・・。 (;_;)

価値観が変わったとは、まず、当たり前の「電気」のありがたみを始めて感じたかも。 まったく、能天気な幸せ者でした。 

それから、「普通」であることがどんなに幸せなことだったのか。
そして、人の心のあたたかさ、優しさを、あらためて実感し、そんなすべてに「ありがとう」という気持ちが足りなかったな・・と気付かされました。 
 私同様そんなことを感じた方は多いのではないでしょうか。
d(’‐^)

Honey Love

震災後、入籍をされた方が増えたとか。  
寄り添う人がいてくれる、さりげないようで大きな幸せを感じたのでしょうか。

ご紹介するWeddingSongは、福山雅治さんが、震災後書き下ろした ♪ 「家族になろうよ」
 「絆」や「かけがえのないもの」を歌っています。
ご両親へのお手紙や花束贈呈に おすすめです。 (^‐^*

 身近で、やさしい歌詞が、あたたかく包みます。  
 両親を。 愛する人たちを。  
                             

pearlblueblue at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 05, 2011

♪ 糸 〜Wedding Song〜

          元気ですか
元気ですか
           〜My Best Wedding Sound20〜
なぜ めぐりあうのか・・ 
     いつめぐりあうのか・・  私たちは何も知らない・・

中島みゆきさん作詞・作曲 ”糸”。                       
今になってその歌の深さが理解できたような気がします。

”Bank Band”カバーにより、Wedding Songとして、若い方にも知れ渡ったようです。
この歌の持つ力に気付く方が増えるのは、なんか嬉しいこと。
           
             
 ”たての糸はあなた。 よこの糸は私・・・。
 織り成す布は いつか誰かをあたためうるかも知れない・・
         いつか誰かの傷をかばうかも知れない・・
 逢うべき人に出会えることを 人は幸せとよびます・・  
   
出会うことの意味をさらりと歌う 中島みゆきバージョン。
Bank Band版は、原曲よりしっとりバラード。 和装にもとても似合います。
                  

先日、和装の二人が両親への花束でこの曲を選びました。
お着物での花束は久々でしたので、まさしくここにピッタリの曲に、いっそう感動しました。
                 
      元気ですか
元気ですか

いつも思うのは、ご家族はそれぞれ違うのに   
新郎新婦・・ どこか似ていたり、雰囲気が一緒だったり・・ 
お似合いなのです。
                              
神仏の導きやら、生まれながらの運命(さだめ)など、韓流ドラマの宮廷時代劇にはまっている私としては、
”神”のおぼし召しとか言われるのもわかる気がし、まさしく”赤い糸”であり、それは”ご縁” 
結ばれる運命なのだな・・と 何の根拠もなく、そう思うのでした。  そこに理屈はなくて・・・、きっと化学では証明できなくて・・ だから不思議だなと。
                               
なぜ めぐりあうのでしょう・・。  
なぜ めぐり逢えるのでしょう・・。  ね・・。   

 *注) ”たての糸、よこの糸” と 
          ”赤い糸”は、別ものです・・・ 
                               ^-^*

pearlblueblue at 02:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 03, 2011

女王 ふっか〜つ!5

      ミキティ おめでとう!!  d(^O^)b
        世界選手権 フィギュアの女王 復活です!!     

       

彼女のスケートは、とても尊く、目を釘づけにしてくれて、
私達の胸を打ちます。

過去に演技中、肩が外れてしまったミキティ。  彼女はそれでも最後まですべりました。
あのときから、私は彼女のファンです。 
今回は演技中、笑顔も見られ、泣けちゃいました。 >_<。。
順位や点数ではない、心の葛藤を克服した、勝利の笑顔に見えました。
おまけにショートプログラムの選曲は、”ミッション”のサントラより、
♪ガブリエルのオーボエ。
もう 感動ひとしおです・・。  
ひらひらと花びらのように可憐でした。            

音楽に合わせて舞う・・ 
フィギュアやシンクロ、バレエ、ダンスなど、「舞い」によって音楽の形が見えてくる。
アスリートたちのお陰で、クラシックや美しい曲が一般に知られるようになってきましたね。
                
その美しい舞から見えた音楽、 披露宴にぜひぜひ役立てて欲しいです。 (*'-'*)

またエキシビジョンでは、アイスダンスのペアの方が、
同じくこの曲でした。
 別名、”Nella Fantasia〜ネッラ・ファンタジア”
イル・ディーヴォが歌う男性コーラス版は、POPクラシックで 
甘いVoiceに包まれてムードいっぱいです。
                                
どんなバージョンもそれぞれの表情があり、ステキです。 
名曲は誰もが歌いたいと思うのでしょうね。
カバー曲で、また違った雰囲気が味わえるのは、とても楽しみなこと。!  d(’-^*)

これからも、音楽を表現してくれる美しきアスリートたちを 
応援します!   

     イル・ディーヴォ
イル・ディーヴォ


pearlblueblue at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

November 17, 2010

♪ If We Hold On Together  -Wedding-

21D0D7N4MHL__SL160_ラヴ&amp;ライフ〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ダイアナ・ロス
ラヴ&amp;ライフ〜ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・ダイアナ・ロス

さて、マリーンズ・ファンのお二人のご披露宴は・・。
 v(^-^)

マーくん、リーンちゃんが登場して、ダンスを交えたWeddingショーを披露、会場は大興奮でした。
リーンちゃんのピンクのお靴、大きくってカワイかったです〜。 


新婦側、ご来賓の祝辞で。
ダイアナ・ロスの ”If We Hold On Together” これがとても好きな歌であるとご紹介下さいました。

 ”山もあれば谷もある

 ”夢を持って立ち向かえば
  いつかきっとかなう。

 ”心をひとつにすれば 夢は消えたりはしない
  いつの日かいざなってくれる・・・ 
  
二人で頑張る、結婚生活そのもののような歌と。
(そうだったのか・・と今更ながら教わった次第です・・)

おそらく「タイトルは不明だけど聞いたことがある曲」のひとつではないでしょうか。  d(’-^*

 ♪お色直し退場や、花束贈呈にもすてきですよ。 
        

歓談に入り、うちのピアノちゃんは、その”If We・・・”をそっと弾き始めました。
 その音を耳にした上司の方は、「あっ! この曲ですよ」と言わんばかりに、新郎新婦へ促し、ピアノへ会釈して下さいました。

これが生演奏のステキなところ。 ♪
祝辞に耳を傾け、披露したピアニストに拍手です。  v(^O^)
                       

pearlblueblue at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 30, 2010

♪ Your Song ♪  -Wedding-5

     すっかり ご無沙汰をしまして・・。 
     すみません! (p_q*)

秋のシーズンへ突入、あっという間の9月でしたので、
今月初ブログです。(*゚▽゚*)

ではでは。 おすすめ”Wedding Song ”スタート〜!

 ”Your Song” by エルトン・ジョン

YOUR SONG
YOUR SONG  
         〜My Best Wedding Sound20〜


私もとても好きな一曲です。
ドラマのエンディングで使われたことがありました。

エルトン・ジョンの淡々とした歌い方と、ピアノ&ギターの響きが、
曲が進むにつれて、何かこう、切なく迫ってくるものがあります。 
サビとか盛り上がりとか、そんなところじゃなくて、2コーラスめからの雰囲気が特にいい。

この曲は、花束で。  あまり泣きたくない、さらりと贈呈したい。
そんな花嫁さんには、おすすめです。 

また、お色直し新婦退場でも、新郎退場でもいい。

でももしかしたら、一番最初の入場が、もっとも素敵かもしれない。
長く音楽がかけられる大きめのお部屋なら Good。

正直、歌詞は見ていませんが、サブタイトルは”僕の歌は君の歌”
音楽の雰囲気は、「私たち、やっとここまできたよ。」
そんな二人が入場したなら、しみじみと、じわじわと走馬灯のように色々なことが思い出されるような、そんな雰囲気を持っています。

あくまでも、私のお気に入りで、感じたままでございますが。 

このアルバムには、使える音楽がたくさん入っていますよ。 d(’-^*
列席者の年齢はさまざま。
流行や好きな曲だけではなく、広く知られている音楽を使うのも、ゲストへのおもてなしのひとつですね。 

       

pearlblueblue at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 07, 2010

あのね・・・ あのね・・・5

      私が花束贈呈ではじめて演奏した曲は、たしか・・
        秋桜〈コスモス〉。  
 この曲、結構難しかったんですよ。 ^-^ 
あの美しいイントロで、ボロっとキーをはずしちゃったら、感動のシーンは台無しで・・・。

 花束のシーンも時代とともに、新しい音楽が増えて、本当にいろいろになりました。 
選択肢がありすぎて、皆さん迷ってしまい、結局はよく選ばれる曲とか、無難なところにしちゃったり。  ♪ ♪ ♪

 そのコスモスの後、好んで演奏したのは、「パパ」。
 プリプリのPopバラード。
                  Honey おじぎ

 〜♪ パパに会わせたい人がいるの  〜
           どこかパパに似てるのよ。
           きっとパパも気に入るはず。  ←papa

 パパとこの娘の日常会話のように、歌詞があたたかく、家族に「彼」の存在を告げることで、これまでの何気ない日々が とても幸せであることや、パパやママの愛情につつまれていたことを感じる、そんな歌かなと思います。

Honey Love あのね・・・。 あのね・・・。 
 いっぱい いっぱい話したいことがあるのに、
         言葉にならない。。。

 そんな思いの結婚の日。 
 6月の花嫁におすすめの 一曲です。 d(’-^*

      

             

pearlblueblue at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 19, 2010

♪Smile 〜スマイル〜5

       世界中に衝撃が走ったマイケルの訃報から、
       まもなく一年。
       もうそんなに時が流れたのですね。 
                    Honey Love
 彼の音楽は、披露宴ではそんなに使われませんが、主にリクエストされるのは♪「Hearl The World」でしょうか。
 このハイトーンのやさしいメロディは、私も好きです。 

 先日は、お色直しで♪「スリラー」が。 
皆様、イントロで何の曲かはお分かりで、クスクスと・・・。 
そして新郎、オオカミ?のかぶりもので登場。 
アクション付きで場内を沸かせました。 
 その格好で新婦登場のドアを開け、キャンドルサービスへと続きました。 
 彼はスポーツジムのインストラクターさんなので動きが機敏で、こんなダンスはお手のもの。 なかなか楽しいパフォーマンスでしたよ。 d(’‐^)
 
 また あるご披露宴では、ラストに ♪「This Is It」。
この曲で退場、これもシーンに合っていてすてきでした。 
      
        
私からおすすめのマイケル・ジャクソンは、カバー曲♪「Smile」。
このSmile、原曲はチャールズ・チャップリンが作曲、そして彼の映画「モダンタイムス」のテーマ曲です。 
 その当時は音楽だけで、歌はなかったとか。 
 
 その後、歌詞がつけられ、ナットキング・コールが歌い大ヒット。 
キムタクとさんまさんのドラマ「空から降る一億の星」の主題歌として、エルヴィス・コステロもカバー。 
 それから、ロッド・スチュワートも歌っています。 このバージョンなら、”迎賓”や”お色直し退場”にもいい感じです。
 
 そこまでは知っていましたが、一番後に、マイケルのアルバムに入っていたSmileを聞いて、以外にも私はこれが一番好きになりました。

 美しいメロディが、マイケルの声によって、一段とやさしく せつなく感じます。

  微笑もう たとえ心が痛むとしても
        たとえ心が壊れそうになっても
      〜〜
    微笑めば きっとこの人生がまだ
    素晴らしいものだとわかるから   q(^O^* 

ちょっと暗い歌詞に聞こえますが、日本語訳がいまいちかも・・。
マイケルが一番シリアスで、他のアーティストは、もっと陽気で結構気さくな曲調で歌っています。

 ♪キャンドルにもいい雰囲気。 
     私だったら♪花束で使いたいかな〜・・。      
                         
   ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1
ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1
   

pearlblueblue at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 12, 2009

♪ O Mio Babbino Caro 〜私のお父さん〜2

 花嫁の季節6月。
   ジューン・ブライドは幸せになれるという。
 このブログには、6月に限らず「私のお父さん」の歌詞から訪れてくださる方が多いようです。 

 父の日・・? それともお父さまに何かサプライズ的なことをお探しなのでしょうか。(お問いあわせいただければ、何かお力になれるかも)
 というわけで、父の日も近いのでパパの話題を。 

 確か昨年は映画「花嫁のパパ」を、その前は「オー・ミオ・バッビーノ・カロ〜私のお父さん」の歌をご紹介させていただきました。
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2001-11-28
おすすめ度:4.5


家から離れてはじめて父親の存在感に気づかされました。 
いつも怒鳴られ、怖い父だったのに、久しぶりに声を聞いたとき、
胸がきゅんとしてなぜか泣けてきて・・そんなころがありました。

 そして、あの日、こわ〜い父の目に 初めて見た涙・・。 
老眼鏡をはずして目をこすってました。 ち〜ん!なんて鼻をかんじゃって・・。
 プッチーニの「私のお父さん」ではなく、どちらかというと
「娘よ」の芦屋雁ノ助のイメージの父です。^ー^* 
 ♪よ〜めに行く日が こなけりゃいい〜と・・、ってかんじかな。
 
ハニー ラブ そんな「お父さん」は、花嫁にとって不思議と永遠の別れ
 のごとく感じるのですよね。
      もしもチャペルで一緒に歩けるなら、披露宴で一緒に
入場できるなら、是非そうして下さい。 
 子供の頃のように手をつないだり、腕を組んだり「私のお父さん」と一緒、とってもステキなシーンになります。 v(^O^*
  
 パパにとっては・・娘の手をとって歩くこと、うれしくてさみしくて、
でも幸せなひとときで、きっと最高のプレゼントに・・。
  
 披露宴で一緒に歩くなら、おすすめのBGMは・・
♪サラ・ブライトマン「私のお父さん」(上記) 入場や花束贈呈でも。

♪うれしくてさみしい日(ママから娘への歌でありますが)
幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
アーティスト:竹内まりや
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008-05-21
おすすめ度:5.0

♪アンフォゲッタブル /
    ナタリー&ナットキング・コール(父娘デュエット)
ラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツ
アーティスト:オムニバス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2002-04-17
おすすめ度:4.5

  久しぶりに「花パパ」見ようかしら・・。 
    うちの「鼻・・パパ」は元気かな〜・・。(’-^*     

pearlblueblue at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

July 19, 2008

アメージング・グレース5

Amazing Grace
 アメージング・グレースがリクエストされました。  演奏者の指定はなし。 これは・・・・・難しいです・・・。
 
 有名どころ、♪ヘイリーのアメージング・・・は”白い巨塔”を連想してしまうから×。 ♪ヌーノは、きれいだけれど雰囲気がちがうな・・×。 
 あっ・・これは、お色直し入場時の♪”アメージング・グレース”を探しているのです。 和装からWDドレスになり、”プチ人前式”っぽく”誓いの言葉”も入れたいのだそうで。 

 ハニー ステレオ ♪シセルが歌っているバージョンも、切れの良いピアノから始まり、しっとり明るめアレンジで結構好き。 
でも、今日はCDが見つからないから・・×。 
♪白鳥恵美子バージョンのこのアカペラ、私はあまり・・・で×。 
♪シャルロット・チャーチの声は好きだけれど、アメージング・・の歌い方は落ち着かなくて ×。  ♪ナナ・ムスクーリは、幻想的っぽいけれどスローすぎて×。(あくまでも今回のシチュエーションに対してです) 
 王道の”サラ・ブライトマン”や”セリーヌ・ディオン”、”マライア・キャリー”のアメージング・グレースってないのですね。 残念! 聞いてみたいな・・・。 宗教的な理由からでしょうか? (ここに触れるとまた長くなるのでやめときますね。) と、そんなこんなで選ばれたのは、
♪”鈴木重子が歌う アメージング・グレース”。 

 その魅力1. 歌のフレーズが、♪レソソ〜 シ(ラ)ソシ〜・・・
この(ラ)を歌っているかどうか・・◎。 シソシ〜の人が多いのです(何のコッチャ?と思ってます・・・? ここはユズれないの。>_<; )
 その魅力2. ミディアムテンポのジャズ風アレンジに野太い鈴木さんの声で、ちょっと粋な感じかな?。 今回の入場にはピッタリです!!  d(’-^*)

 マイ・ベスト・フレンズ
  
 たかが一曲、されど一曲。 音楽一つで映るものが変わることを知ってしまうと、手を抜けないのです。 
 だって、最高の日にしてあげたいじゃない。^-^*   

pearlblueblue at 03:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 01, 2007

6月のサウンドレター 〜私のお父さん〜5

サラ ”SARAH BRIGHTMAN”
 プッチーニはオペラのアリアを数多く書いた音楽家。  荒川静香さんで有名になった♪「トゥーランドット」もプッチーニ作曲。(光栄なことにプッチーニとBirthdayが一緒なんです!)
 最近は、オペラ・アリアとPOPSの融合で、カッコよくアレンジされている音楽が増えました。 
激しい歌詞と、POPなリズムで、いっそうドキドキさせてくれる。 ♪「Question Of Honnar」〜サッカー・テーマ曲や車のCMで大人気のこの曲もそう。 
 オペラは、歌から感じる情熱というか「熱情」に惹かれます。

 6月のサウンドレターは、その中でも、ジューン・ブライドにお薦めしたい、プッチーニ作品より一曲。 〜歌劇「ジャンニ・スキッキ」より「O Mio Babbino Caro 〜オーミオ・バッビーノ・カロ」。 
邦題は「私のお父さん」。 歌詞をご紹介しましょう。

 〜私の大好きなお父さん
  私、とってもあの方が好きなの
  これから二人でポルタ・ロッサの町へ 
  指輪を買いに行かせて下さい。
 
     ええ、ええ、どうしても行きますわ!
     もし、お許しがなかったら
     私たち、ヴェッキオ橋へ行き
     アルノ河に身を投げる決心です!

        ほんとに心から愛しているの!
        ああ、生命をかけて!
        だからお父さん、どうか、おねがい!

 激しい思いがほとばしる歌。  (-ー; 死ぬとか縁起でもない?  それほどの情熱と捉えてくださいませ。 この激しい歌詞とは違い、音楽は、とてもとても美しいメロディーで、イントロから惹きつけられます。 
 また多くの女性アーティストたちに歌われています。 キャサリン・ジェンキンス、フィリッパ・ジョルダーノ、シセル、キリテ・カナワ、ニコル・キャベル、などなど・・。歌い手としては、レパートリーにしたい一曲なのでしょう。 

 チャペルの入場や、披露宴内で、お父さまと一緒の入場シーンがあったらおすすめです。 美しい旋律と、おごそかな雰囲気で、感動的なシーンになりますよ。
”サラ・ブライトマン”が歌うバージョンが特にステキ!d(’‐^*)

 ♪日常を離れて、時にはうっとりする曲も、静かなやさしいエネルギーを与えてくれます。
  〜私のお父さん〜 父の日に愛を込めて 

キャサリン "KATHERINE JENKINS”

pearlblueblue at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 11, 2007

〜STAY GOLD〜  いつまでも輝いて・・5

スティーヴィー 20年前のマット・ディロン、パトリック・スゥエイジ、トム・クルーズ、ダイアン・レインなどが登場する、ウエストサイド物語のような、熱くて哀しい青春映画より、一曲ご紹介しましょう。(^-^)♪

 映画「The Outsiders」より・・・・
主題歌が流れ、主役ポニーの回想シーンから始まります。
貧しい若者グループ”グリース”と金持ちグループ”ソッシュ”が激しく対立し、ポニーの友人ジョニーが、グリースの一人を誤って死に至らしめてしまうのです・・・。
 ポニーとジョニーは逃亡し、古い教会に隠れ退屈な日々をすごし・・。 そんなある日、黄金色に輝く朝もやを見て、そのあまりの美しさに感動します・・。 逃げ回らず、街へ戻ろうと決意をするのです。 
 その途中二人は、幼稚園の火災を目撃、中にいた園児たちを体を張って助けるのですが、ジョニーは重傷を負い入院してしまいます。
 
”ポニーへ  子供たちを助けてよかった・・・。
        子供には未来があるから・・・。
        ポニー、この世はすばらしいよ・・・。
        一緒に見たあの黄金色の空を忘れないで、
        あの黄金のようにいつまでも輝いていて・・---。

 ジョニーは手紙を残して・・。

 ・・・流れる主題歌は「STAY GOLD」・・・。 冒頭とエンディングと同じ音楽なのに、映画を見た後に聞いた歌は、なぜか心にジ〜ンと染み入ります。

♪ この手に・・過ぎ去ったあの時を
  そこに 懐かしいきみがいる 
  若さにあふれて そこには黄金の時がある・・
                    (−中略−)
♪ なぜこの目に 見えるのだろう
  思い出が かくも生き生きと・・
  今日という日が暮れる時も
  大空の片隅には いつまでも残る黄金の光が・・

♪ 人生は・・またたく間に過ぎ去る
  悲しみと優しさのはざまに
  この世に生きるすべては・・やがて老いる
  されど忘れえぬ・・・黄金の輝き・・・・

           〜映画中の 訳より〜

これから人生を伴にするお二人へ〜 
        STEVIE WONDERが歌う「STAY GOLD」
     花束などでおすすめしたい、胸キュンの一曲です。


pearlblueblue at 00:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud