ドラマ

June 03, 2013

ソドンヨ /薯童謡

          韓国ドラマ「ソドンヨ」オリジナル・サウンドトラック(DVD付)
韓国ドラマ「ソドンヨ」オリジナル・サウンドトラック(DVD付) [CD]
 
韓国ドラマ、時代劇に夢中。
今回は、”ソドンヨ”です。

高句麗(コグリョ)、百済(ペクチェ)、新羅(シルラ)の三国の
戦国時代の一つのドラマ。
互いの身分を知らずに、幼いころに出会った二人は、
敵国の王と姫。  結ばれてはいけない間柄なのに、惹かれあう。 
韓国版ロミジュリみたいですね。
 
主役チャンは、恩師であるモンナス博士らと共に、百済から新羅に追われた身分。
ソンファ姫は新羅王の三番目の姫。

おもしろいことに、ソンファ姉君、二番目の姫は後の善徳(ソンドク)
女王(新羅27代王)ですよ。
このドラマでは、まったく出てこないのが少々残念。

幼少の頃、舞を踊るソンファに心ひかれるチャン。  
ソドンとは、芋を売る子という意味だそうで、芋を売っているチャンが姫を思う気持ちを、民の間で歌にして流行らせた童謡。  
それが”ソドンヨ”です。


百済人と恋に落ちたため、身分を剥奪されたソンファ姫。
この新羅の姫は、チャンと共に百済へ逃げます。
二人で民家を探し、畑を耕し、生活をはじめるのですが、
姫はそんな生活は無理でしょう・・?。

でも、ぼろぼろの身なりで畑を耕し、手を血だらけにしながら竹笠を編んで、出来たと思ったら、
「こんな血がついたものは売れない!」とチャンに叱られ・・・
飛び出して行き、おいおい泣くシーンがあります。。。

姫様、よく頑張った!と思う涙ぐましいシーンです。
チャンは、一緒に居たくてもこんな生活をさせられないと、
あきらめさせて姫を新羅に帰すため、ソンファに厳しく接するのですが、泣いても立ち上がり、頑張るソンファ姫には、
チャンじゃなくても心が動きます。

そんなソンファは、いじらしくとてもかわいらしい人でした。 

つくった竹笠が売れて、生活の先が見えてきた矢先、
再びソンファの新羅側の追手に追われ・・

ソンファは、チャンを逃がしてあげなければこの場で自害すると、小さな刀を自分に突きつけ、チャンの姿が見えなくなるまでそこを動くな!、と新羅の兵の前で、体を張ってチャンを逃がし、二人はまた百済と新羅へと離れ離れになってしまうのです・・・。

二人の愛のエピソード。  まだまだ続きますが。
果てしなくなが〜くなりそうですので・・・ ソドンヨをぜひ見て下さい!


そのドラマの背景に流れる音楽が美しく、涙を誘います。
決して音楽がでしゃばらず、気にならずに見ていられました。
音楽が流れるシーンは、神秘的で、心に染み入るそんなシーンばかり。

最近の披露宴は、厳かさに欠けるのでなかな使えないのですが
こんな音楽で演出してみたいと思える曲がたくさんありました。


全55話の物語は、歴史に基づきながら、いろいろなことが網羅されていて内容が濃く面白いものでした。

もの作りに長けている百済人は、オンドルという今の床暖房の元を
考えたり、染色技術なども百済から広まったようです。
そんなプチ知識も得たりして。 

韓国時代劇に慣れてくると、日本の戦国〜江戸時代のように登場人物も華やかで面白くなりますよ。
ラブロマンスですが、百済と新羅他、闘いシーンもたくさんあります。
チャンこと百済30代王は、後に武王と呼ばれる名君として名を残します。 また、新羅の姫が嫁いだのは事実のようです。 

しかしその二人の子、ウイジャ(義慈王)が愚かな王で、600年以上続いた百済を滅ぼすのです・・。
このあたりは、「ソンドク女王」や、「ケベク」でも描かれています。

私が韓国ドラマに夢中になる理由、映像&音楽が美しいこと。
長編のため何度も見るのは無理ですが、残しておきたいと思うシーンがたくさんあります。
背景を脚色しすぎていても、見る側には感動を与えてくれます。
作り手の作品への情熱が感じられます。
大事にしたい 想いですね。


pearlblueblue at 05:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 03, 2013

幸せになれる魔法のコトバ

        パパ1
このところ 韓国ドラマに夢中・・
なぜ・・? 結構涙しちゃう 名場面が多いの・・。 
大げさな感動ではなく、ささいなセリフに共感できて、そのシーンに流れる音楽がまたとても自然で じ〜んとしちゃいます。  
韓流時代劇「王女の男」主演の”ムン・チェウォン”さんが出演しているドラマ「大丈夫 パパの娘だから」。
             
会社役員で何でも気が利くパパ、その娘、姉エリョンと妹チェリョン(ムン・チェウォン)。
普通の幸せな家庭が、妹の友人の魔の手にかかり、パパが事故に巻き込まれてしまいます。
事故が原因で家を売り払うはめになり、借金に追われ、パパは脳梗塞に、手術代や治療費も払えない。 
そのため姉チェリョンは、お金のための結婚をすることに・・。
どんどん窮地に追い込まれていく家族・・・。

姉・エリョンの結婚式当日、残念ながらパパはバージンロードを
歩くことも、出席すらかなわない。

開式直前、エリョンがパパに電話をするシーンがあります。
何も言えなくて・・ただ 「愛してるわ パパ・・」 

パパは、エリョンが言っていた言葉を思い出しました。
「私が結婚相手に望むのは パパに優しいこと・・
  そういう人なら きっと私にも優しいはずだから・・ 」

そしてパパは、
「そんな男なら、結婚式の日にお前を渡す瞬間も
  パパは幸せなはずだ。」

とてもいい場面ですが、実はちょっとツラい回想シーンです。
  (> <)。。


パパは、やさしくてマメで懸命で家族の中心。
大切に育てられた娘たちが 心配性のパパに言う言葉は
 「大丈夫 パパの娘だから」・・・
そのコトバで前にすすめる、頑張れちゃう。
幸せになれる魔法のコトバ。

取り囲む友人たちのあたたかさ、優しさにも感動します。
ステキなドラマですよ。 d(’‐^*

   2013年 初ブログです! 
    みなさまに 幸多き一年でありますように。
          大丈夫、パパの娘だからDVD-SET 1
大丈夫、パパの娘だからDVD-SET 1


pearlblueblue at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 05, 2012

ミシルさま5

         善徳女王 オリジナル・サウンドトラック
善徳女王 オリジナル・サウンドトラック

お花の美しい季節の到来ですね。
                
今、韓流ドラマ「善徳(そんどく)女王」に夢中なんですが。 d(^‐^*
ソンドク女王とは、実在した新羅(シルラ)の女性君主。
面白いのはもちろんのこと、役名につくタイトルが”花”を用いていてまたすてきなのです・・。
                
王女様に仕える家臣たち(男性)は、
容姿端麗で貴族出身の選ばれたファランド(花郎徒)、
庶民出身のナンド(徒郎)で構成されていて、
プンウォルチュ(風月主)、イロルソンド(日月星徒)、
ピチョンジド(飛天之徒)、ヨンファヒャンド(龍花徒)などのタイトルやグループ名がついているのです。 
 なかなか美しい響きでしょ。d(’-^*

ファランを演じたオム・テウン、キム・ナムギルなどは、
「F4」と呼ばれていたとか、男前揃いで実に華やか。 

主役トンマン(徳曼)王女と、王座を狙う美しくて恐ろしいミシル(美室)は、ウォンファ(原花)というそれらファランドの長(おさ)。  
このイケメン軍団を従えているなんて、かっこ良すぎです〜・・。
               
トンマン女王様は、東洋最古の天文台を作られた方。
北斗七星が八つに・・というところから始まるこのドラマ。
ファランたちの名前に、日・月・星・風・天・龍などの字が使われているように、神話的な要素があるところもおもしろい。
日食を利用してトンマンが登場するシーンは、とりはだ・・・です。
            

このドラマの音楽は、ここぞというところで、♪ジャ〜ンと出たり、
胸を打つせつない曲もあったり、それぞれにうまく使われています。

ミシルのテーマ曲は、謎めいた不気味さの中に、
物悲しさも感じられます。
同じく韓流ドラマ「マイ・プリンセス」でキム・テヒちゃんが、
ミシルの真似をしたり、テーマを歌うシーンがでてきますね。

毒のあるシャクヤクの花のようなミシルに、
思わず見とれちゃいます。
「このミシル」様なくては、ソンドク女王は語れません。
ミシルの死は、威厳と気品ある美しい花の最後でした。
               

 注)見始めると止まりません。
    長いので、はまりすぎはご注意下さい。
       

pearlblueblue at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 26, 2010

新参者

新参者新参者
著者:東野 圭吾


 日曜夜は、龍馬伝に続き、「新参者」に夢中です。

またまた東野圭吾さん作。 
推理小説やサスペンス・ミステリー大好きな私にとっては、かかせないドラマ。 q(^‐^)p”

 それがね・・ 毎回泣けちゃって・・。 違う意味で見逃せなくなっちゃいました・・・。

 舞台は日本橋・人形町。 そこで殺人事件が起こり・・。
その犯人探しで被害者の足跡をたどる中、被害者が立ち寄った、煎餅やさん、人形焼屋さん、たい焼きやさん、ケーキ屋さんなど、「一話」が一箇所メインでそのお店の店員さんや、オーナーに事情聴取に伺ったり、アリバイを聞いたりするのですが。 そこは普通に推理小説。

 ところが皆さん、どこかに嘘があります。 つじつまの合わないことが出てきます。
 その嘘は、主演の阿部寛さんこと、加賀さんの「あなたは嘘をついていますね?」のセリフから真実が暴かれていきます。

「嘘」にも種類があり、自分を護るためのウソ、もうひとつは、人を護るためのウソ・・。

 Honey 笑顔
被害者のことを思えば正直に言いたい、でも自分の行動にはそれなりのわけがあり、今は言えない・・・。

そこには事件とは関係なく、その人の周辺に関わる、あったか〜い企みや、思いやりの心があり、相手に知られないように、嘘を言わざるを得ない・・。

 そんなエピソードが、後半暴露され、ぽろりと涙を誘います。
その合間に少しづつ、一話ごとに明らかになる、被害者の思いも見えてきます。
                 
 ちなみに・・ 私のかつてのお勤め先がある日本橋・人形町。 
懐かしく、あったかい街です。 
 親子丼の「玉ひで」さん、粕漬けの「魚久」さん、それから人形焼のお店はたくさんあって、安産祈願の「水天宮」、そしてドラマにも登場する「たい焼き」屋さん。 
そのすぐ隣は、証券街なんですが、人情あふれる江戸情緒満載の地です。

 ちなみに・・ は加賀さんのくちぐせ。
      何回出てくるか、今度数えてみよう。(笑)
 
 この作品は、2009年・2010年とミステリーベストで、一位に選ばれたのだそうです。

 殺伐とした世の中に、ちょっといい話。
 いっそう 人にやさしくなれると思いますよ。 d(’‐^*  
                      
                

pearlblueblue at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 01, 2009

石田三成5

てんちジャ-ン ジャジャジャジャ  ジャッジャッジャッジャ!・・
 見てますかぁ? 「天地人」

 大河好きには かかせないドラマです。  おまけに二枚目揃い〜。

織田信長や秀吉、淀君などかの有名人を脇に 主役は直江兼続・・。
                     
 大島ミチルさん作曲の音楽がまたいい感じです。  
 ♪けたたましく始まる冒頭オープニング、それから、♪ダンドン ダンドンと兵が進んでいくかのような音が入っていて、なんか胸騒ぎ・・。 
 その旋律が落ち着くと やさしい♪弦のメロディになり、そして再び ♪深刻気な旋律で展開され(ここが一番♪好き)、それ〜 後半大詰め〜!みたいな感じ?
 女性が作った大河テーマ曲って珍しいのではないかしら。
それもこんな戦もの。  すばらしいです。 d(’-^)
                

 ところで、私の記憶では「石田三成」とは・・
秀吉亡き後、淀殿と・・。 とか、秀頼君は三成の子、とか・・あまり評判宜しくなく、どちらかと言うとワルのイメージでした。 
 ところが・・
 小栗旬さま演じる三成は、何かと同情票が集まりそうな役柄でした。  最後の戦闘シーンのいでたちもステキでしたし、^-^* 
 家康に「そちには 人望がない」と言われたときの旬さまの表情は、もう〜かわいそうなほど悲しげで、見てる私もとても悲しくなりました。 。。>_<。 

 先日の放送で その石田三成は 残念ながらお亡くなりになってしまいました・・。 
 あの関が原で裏切られることなく、家康を倒せていたら、歴史は大きく変わっていたのですね。 そのずっと先に 篤姫が徳川へ嫁ぐこともなかったかもしれぬ・・?。
   
 松方弘樹演じるたぬきじじいこと「家康」は、これまで見たどの家康よりも、いやな人物で、三成に対し イジメっぽいことをするのです。 いや、したのです。  
 品のある「葵」紋が。・・がっかりでする。  

 史実はどこまでが本当かわかりませんが・・
小栗旬さまのおかげで 石田三成の株は かなり上がったのではないかしら。             
 
NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2
NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2


pearlblueblue at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

April 21, 2009

ウェディングベル5

      月9のドラマが ♪ ”はじまる・・はじまる・・”

ハニー ステレオ懐かしい〜。 ”Sugar”の”ウェディングベル”がエンディングで流れました。

 うわ〜っ。 かわいかった私がよみがえりまする。 ^-^* 
一緒にバージンロードを歩くことを夢見てたのに、ちがう女性が目の前を通る・・。 そこに呼ばれてるの? なんて・・ タブーでしょ、と思うようなことが面白い曲調でかわいらしく歌われています。 

 カバーしているPuffyの歌声もかわいいですね。

披露宴で使うとしたら・・・乾杯とか面白いかも。  
乾杯のご発声が、かなりエライ方でしたらあまりおすすめできませんが、ちょっと楽しいPartyっぽい披露宴ならいいのではないでしょうか。 d(’-^)

 ただですね・・・ ーー;  ” くたばっちまえ・・ アーメン! ” 
という歌詞がありますので ご注意下さいませ。  

pearlblueblue at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 03, 2009

今日の プチ感動5

メイちゃんの執事  ”メイちゃんの執事” 
最近楽しみで見てます。

 今日は、イケメン佐藤 健くんと水嶋ヒロくんが、メイちゃんをめぐっての格闘シーンがありました。 

 このとき流れたBGMは ♪カスタネット音で、
                   フラメンコ調の調べ・・。
 これが水嶋くん演じる”理人さま”にとてもよく合っていて、
 感動しちゃった〜。   フラメンコも似合う方なのね。 d(’‐^

 明日はね・・^-^* サラ・ブライトマン 行って来ま〜す。

Honey 笑顔     雪になりませんように・・・ 

pearlblueblue at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 29, 2009

ドキドキの火曜日5

        驚き!
        おなじみSoftbank「お父さん犬」CMの音楽が、
        映画「八甲田山」のテーマ曲だったんです〜。 
    
 そのお父さんの声は「八甲田山」の北大路欣也さま・・・^-^*

    Honey Love 火曜夜10時から始まったドラマ「トライアングル」にもご出演です。 「華麗なる一族」の頭取のような、今回は警視庁の上官ですか。 
 主演は、江口洋介さん。 それから堺 雅人さんも出ています。 
宅間 伸さまも登場します。  バックに流れる音楽がまたいいです〜。 でも・・結婚式ではちょっと使えないかもです・・ね。
 それでもって、エンディングテーマは小田和正さま・・
  ♪さよならは言わない ^-^* 

 ストーリーの紹介はないのか?  サスペンスです。
 もう顔ぶれだけで私は満足で。。。  きゃ〜!! 

 笑うところはあまりありませんので、その前に9時からはじまる ”メイちゃんの執事”と二本立てでご覧下さいね。 d(’-^) 
             ↑
           (しつじさん)           


pearlblueblue at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 27, 2007

砂の器 〜宿命〜5

砂の器 事件発覚:6月24日・・・。
偶然〜!DVDを見ている今日ではないですか(^o^)

 松本清張作「砂の器」は 1974年に映画になり、中居クン主演でドラマにもなりました。 その素晴らしさは、見ていただかないと語れません。
 両作品に共通して、真相解明のシーンで流れる♪「宿命」という音楽がとても胸を打ちます。 刑事が事件究明していくシーン、事件に至る回想シーン、そしてコンサートシーン、その3つにコンサートで演奏している音楽がクロスします。
 犯人の心に同情してしまいそうな壮大なスケールで、延々と40分ほども、哀愁のある美しい旋律が相絡まって展開されるのです。 これは30数年前の作品です・・・♪ 

 この♪音楽ですが、映画版「宿命」は、あたたかさの中に哀しみを感じました。 作曲:菅野光亮・芥川也寸志(この方もいい音楽をたくさん残されました。芥川龍之介氏三男)。 
 ドラマ版、ピアノ協奏曲「宿命」は、哀しみの中に愛を求める想いを感じます。 作曲:千住明(ピアノはハネケン)です。 
 どちらの「宿命」にひかれるでしょうか。  
 
(*^‐')b もし、私の人生に「宿命」があるならば、それはどんな旋律になるのかしら・・・・?。

pearlblueblue at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

April 09, 2007

ピュアなこころ 〜天国の階段5

天国の階段はじめて、韓流ドラマ「天国の階段」を全編見ました。 
泣けます。 それから、恐ろしい部分もたくさんあって怖かったです・・。 こんな目にあっているのになぜ彼に言わないの〜?とイライラするところもある。 
 ま〜、ドラマなんですけどね。

でも、ハマッちゃったわけは・・・。
チェ・ジュウ演じるジョンソと、クォン・サンウ演じるソンジュが戯れるシーンがたくさんあり、中でもジョンソが少女の頃、毛糸で編んだうさぎのアップリケ付きの真っ赤な帽子をソンジュにプレゼントするのですが、大人になったソンジュがかぶって見せるシーンが度々出てきます。それがなんともかわいいやら、おかしいやら。

ドレスアップし、王女のように美しいジョンソ(チェ・ジウ)とソンジュ(クォン・サンウ)がスケートリンクで、戯れ押し合って、ズベッとチェ・ジウが転ぶシーン。あれは、本当はハプニングではないかしら。 とてもきれいな二人だけに、笑えます。

 最終回で、雪の中の戯れ、きれいなラブシーン、ホ〜っと見てると、クォン・サンウの顔に粉雪をパラパラとかけちゃうチェ・ジウ。 あまりにも自然で、クスっとしちゃうかわいらしさ。 こんなところかな。

 でもこれはコメディではなく、涙なしでは見られないドラマ。
クォン・サンウを狙う、チェ・ジウの妹役のユリ(キム・テヒ)。
きれいなのに意地悪で、恐ろしい性格。

 このユリとジョンソ(チェ・ジウ)に、ソンジュ(クォン・サンウ)が小箱をプレゼントします。ユリは、ジョンソの箱を取り上げ中を見てしまう。  中には何もなく、それをみてニヤリと笑うユリ。 ユリの小箱には、宝石が入っていて。

 この空箱をジョンソ(チェ・ジウ)は、どこへ行くにも大切に持って行くのです。 あるとき、ソンジュ(クォン・サンウ)が、あの箱持ってきた? その中には、ジョンソにはわかるものが入っている。

 それは、何があっても互いを信じる心・・・。 またあるとき、その小箱に希望を。そして変わらぬ愛を入れていくのです。 
形には見えない大切なものを。

その3つは、ソンジュ(クォン・サンウ)から、ジョンソ(チェ・ジウ)へのプレゼント。 そしてジョンソからは、自分を信じ大切にし、愛でつつんでくれたソンジュへ・・・感謝を・・・その箱へ。  言葉にするとあまりにも簡単すぎて表現できないすてきなシーンです。

 果てしない人間の欲と、欲のないピュアな心。 このドラマを通して、いつまでも、ちょっとしたことに喜びを感じられる、ピュアな心でありたい。 そう思うのでした。
 ドラマなんですけどね。

 すてきなシーンでは、
♪ ”僕だけの君” ハミングのやさしい曲が流れていました。
   天国の階段サントラより 7曲目
お手紙を読むときや、人前式にもホワホワといい雰囲気かも知れません。d('-^*)

♪ レッド・ツェッペリン「天国への階段」もなかなか・・刺激的かも。

pearlblueblue at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud