音楽 感動 

July 31, 2014

想像の翼を広げて・・・ 「花子とアン」より



  夏に突入してしまいました。 
♪これか〜ら は〜じまる・・  絢香さんの「にじいろ」でスタートする朝ドラ。
毎日録画で観ています。 (*'-'*)

このドラマの中で時々出てくるすてきな言葉の一つ、
困難に見舞われたり、絶望しそうになったとき、自分を励まそう、負けずに頑張っていこう、そんな意味でしょうか。
「想像の翼を広げてみて・・」 そんなセリフが出てきます。
                 
毎回、小さな感動があって、笑えて泣けて楽しいドラマです。
花子さんもかわいいキャラですが、私の一押しは、妹のかよさんかな。
健気で懸命に頑張るかよさん、なぜかとても好きだわ。(笑)

音楽も面白くて、仲間由紀恵さん演じる、漣子さんがらみのシーンでは、長崎が出てくるからでしょうか、異国情緒のあるチェンバロ?っぽい音楽が響いていました。

山梨の花ちゃんのご実家のシーンでも、合わなそうなのに、妙に合っていて。これもなかなか素敵だな〜と感じたシーンがありました。

そんな風に、音楽って、主題歌じゃなくても、背景にそっと流れるだけで、空間がふわ〜っと広がって、とても不思議なんですよ。 
音楽のチカラってすごいんです。               
                 
そんな空気を楽しむ私から見ますと、
最近のWeddingの音楽は、ガチャガチャしているものが多くて、ちょっと残念です。
お二人の好みですから、無理やり替えることもできませんし。

さらに最近のJ-POPは、「歌」であって「音楽」ではない感じですね。
歌詞に魅力があって選ばれるのでしょうか。
曲そのものには、「色気」がないかな・・。
(個人的見解です、ご容赦ください (・◇・)ゞ)

Weddingコーディネイトは、どんどん素敵になっていまして、会場やお花を見ているだけでも、本当に王子様とお姫様が登場しても不思議ではないと思うほど。

それなのに、曲と、披露宴の進行などがミスマッチ、
そんなすてきな情景に似合う音楽が少ない、知られていないのですね。
もったいな〜いと思うばかり。

ネットで探したりと、皆様大変なようですが、
結局は売りたいものがクローズアップされているMagicに気づいてくださいね。
売れているものばかりが良いわけでもない、
もっと「想像の翼を広げてみて」。
このドレスで、こんな風に歩いて・・・。♪ 
同じシーンなのに、ドレッシーな音楽とJ-POPでは、お姫様の背景がまったく変わるのです。

サムシング・ブルーのひとつに、
Something Old(何か古いもの)があります。
コーディネイトは新しく、音楽には、古き良きものを見直してみてはいかがでしょう。


「花子とアン」 花こと、ペンネーム花子さんが
「赤毛のアン」を翻訳出版するまでのドラマなのかなと 勝手に想像の翼を広げているのですが、
あと少しですね、この先も楽しみです!!
                           v(’-^*
                 

pearlblueblue at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 08, 2014

♪ くるみ割り人形

      始まりましたね。 オリンピック。
                   
開会式は毎回、技術の進化を痛感しますね。
大掛かりな仕掛けの一発勝負、それらを準備していくことって、
創造を絶する。
オリンピックって、アスリートたちの競演の前に、それだけで感動です。

開会式は、ロシアらしく、ボリショイバレエも登場。 
さすがに優雅(^‐^*
ロシアの作曲家、チャイコフスキーの音楽「白鳥の湖」のシーンもありましたね。

誰もが知っている有名なこの曲、旋律の節目節目がとても美しくて 何度聞いてもゾクゾクします。                     
                       
燃える火の鳥のごとく、聖火台に一気に点火。
音楽は、ストラビンスキー「火の鳥」から、「くるみ割り人形〜ロシアの踊り・トレパーク」へ。
これもチャイコフスキーのバレエ音楽。
                       
始まった感がいっぱいでしたね。 q(^‐^)p
花火は色とりどりすぎて、もう少しシンプルなほうがロシアらしい気がしましたが。

「くるみ割り・・」は、軽快なオーケストラで、「乾杯シーン」でも使える音楽です。♪
ファンファーレから始まる、「行進曲」(第一幕)もいいですね。
「花のワルツ」(第二幕)は、迎賓などに。 
とても華やかな音楽です。
                         *余談ですが、
Classicは、曲を覚えたら、「指揮者」の違うCDを聴き比べてみると、雰囲気がまた違って 面白いですよ。 v(^‐^*


さて〜 フィギュア 楽しみです!
      

pearlblueblue at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 18, 2013

模擬披露宴で☆

 先日 ブライダルフェアにて模擬披露宴が行われました。

新郎新婦の導線や、イントロ、ドアオープンのタイミングなど
最高のシーンをお見せするための貴重なリハ−サル。 
一度しかお見せ出来ないのが残念です。


表向きはいつもひっそりとしている私ですが。
実は、激しい心拍数で、今にも飛び出しそうな心臓にこころ振り回されている。 
このドキドキ感は、本当にイやでたまらないけれど、無事に済むとヤミツキになる。 胸の辺りのもやもやが、爽快感に変わるからです・・(笑)
        
音楽を ただかけていると思われている仕事。
簡単そう、とか、楽しそう・・とか言われたこともありますが とんでもない! 
簡単に済ますか、感動を生むかは、感性次第。

音楽は、スタートしたら止められません。 
なので、0.1秒単位の秒読みをすることもあります。
進行中の音楽とシーンをかさね合わせながら、次のシーンのことを考え、準備をしながら・・と目・耳に両手、とフル稼働、特に頭の中は忙しいのです。
おまけに、ケーキやキャンドルは、心拍数倍増!!
披露宴一件無事おひらきになると、気を使い果たし、ぐったり、腹ペコになります。

司会ほど注目はされないし、賞賛も浴びない。 
そんな仕事。(なんか損な仕事!?) 
      
リハでは、モデルさんもすたすたと歩いてしまうので、ゆっくり歩くことをお願いし、タイミングを計っていきます。
新郎長身のおもしろい男の子、新婦髪の長い、足の長い女の子。
お二人ともプロのモデルさんです。  音楽の長さたっぷりで余裕ですが、怖い・・・


さて、本番模擬披露宴・・。
新郎新婦が入場後、新郎がお花を集めて、ブーケにし、新婦へ
プロポーズ。 新婦は、プロポーズの返事として、その花束から
一輪を新郎へブートニアとしてお返し。
                         
そんなストーリーからはじまりました。

開宴・・新郎新婦入場。
♪ 音楽先行、スタートです。 20秒ほどでドアオープン!
ウェディングドレス姿の二人が登場です。 

おどろきです・・・  新婦が・・・美しすぎて・・・・(笑)
本当にさきほどのリハのあの女の子ですか??
いや〜〜 きれいなんてものではなく、こんなこと初めて。
歩き方、微笑み、身のこなし、それに何よりも、私がかけている音楽にとけ込んでいて・・
いえ、音楽が彼女にぴったりで。 この曲にこんなにふさわしい人、他にはいないかも。
             
不覚にも模擬披露宴中に目がくぎづけ・・
あまりのステキさにこころ奪われてしまいました。  
新郎がブーケをささげ、新婦からお返し・・お返し・・・・のはずが・・
ブーケの中の一輪の花がどうしても抜けない・・・
ありえないこの間も、♪音楽は流れ・・1分を経過・・
音楽はまもなくエンド・・・♪ あ”〜 お願い!切れないで・・と必死に願う・・ 

でも・・このハプニングにもまた美しくほほえみ、優雅な仕草で
一輪を抜こうとし、新郎もお手伝いし、
曲は終わりに近づきながらも、そのシチュエーションが旋律とうまくかさなってなんとまたステキではありませんか・・・ 
絵になります・・。  ふたたびうっとり・・。  
ドキドキのさなか、やっと一輪が!  新郎へプロポーズのお返し。

気を張りめぐらした成果か? ぎりぎり曲がうまくおさまり、
とてもいい感じになりました。
              

今日の花嫁のような清楚で可憐、Beautifulと・・・いろいろな美しさを兼ね備え、ハプニングもきれいに対応できるモデルさんはそう多くはない。
平日は他のお仕事をされているとか。 
出で立ちにこの方のお人柄が出ている気がしました。

リハから変身した、プロの見事なお仕事ぶりに拍手です。

お写真が撮れたらよかったのですが、あいにく両手がふさがっていましたのでお見せできないのが とても残念でなりません。 (> <

会場の空間、進行、ドレス、モデル、照明、音楽、これらの見事なマリアージュ(相性の良い組合せ)の瞬間でした。
      


pearlblueblue at 16:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 03, 2013

幸せになれる魔法のコトバ

        パパ1
このところ 韓国ドラマに夢中・・
なぜ・・? 結構涙しちゃう 名場面が多いの・・。 
大げさな感動ではなく、ささいなセリフに共感できて、そのシーンに流れる音楽がまたとても自然で じ〜んとしちゃいます。  
韓流時代劇「王女の男」主演の”ムン・チェウォン”さんが出演しているドラマ「大丈夫 パパの娘だから」。
             
会社役員で何でも気が利くパパ、その娘、姉エリョンと妹チェリョン(ムン・チェウォン)。
普通の幸せな家庭が、妹の友人の魔の手にかかり、パパが事故に巻き込まれてしまいます。
事故が原因で家を売り払うはめになり、借金に追われ、パパは脳梗塞に、手術代や治療費も払えない。 
そのため姉チェリョンは、お金のための結婚をすることに・・。
どんどん窮地に追い込まれていく家族・・・。

姉・エリョンの結婚式当日、残念ながらパパはバージンロードを
歩くことも、出席すらかなわない。

開式直前、エリョンがパパに電話をするシーンがあります。
何も言えなくて・・ただ 「愛してるわ パパ・・」 

パパは、エリョンが言っていた言葉を思い出しました。
「私が結婚相手に望むのは パパに優しいこと・・
  そういう人なら きっと私にも優しいはずだから・・ 」

そしてパパは、
「そんな男なら、結婚式の日にお前を渡す瞬間も
  パパは幸せなはずだ。」

とてもいい場面ですが、実はちょっとツラい回想シーンです。
  (> <)。。


パパは、やさしくてマメで懸命で家族の中心。
大切に育てられた娘たちが 心配性のパパに言う言葉は
 「大丈夫 パパの娘だから」・・・
そのコトバで前にすすめる、頑張れちゃう。
幸せになれる魔法のコトバ。

取り囲む友人たちのあたたかさ、優しさにも感動します。
ステキなドラマですよ。 d(’‐^*

   2013年 初ブログです! 
    みなさまに 幸多き一年でありますように。
          大丈夫、パパの娘だからDVD-SET 1
大丈夫、パパの娘だからDVD-SET 1


pearlblueblue at 02:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 05, 2012

ミシルさま5

         善徳女王 オリジナル・サウンドトラック
善徳女王 オリジナル・サウンドトラック

お花の美しい季節の到来ですね。
                
今、韓流ドラマ「善徳(そんどく)女王」に夢中なんですが。 d(^‐^*
ソンドク女王とは、実在した新羅(シルラ)の女性君主。
面白いのはもちろんのこと、役名につくタイトルが”花”を用いていてまたすてきなのです・・。
                
王女様に仕える家臣たち(男性)は、
容姿端麗で貴族出身の選ばれたファランド(花郎徒)、
庶民出身のナンド(徒郎)で構成されていて、
プンウォルチュ(風月主)、イロルソンド(日月星徒)、
ピチョンジド(飛天之徒)、ヨンファヒャンド(龍花徒)などのタイトルやグループ名がついているのです。 
 なかなか美しい響きでしょ。d(’-^*

ファランを演じたオム・テウン、キム・ナムギルなどは、
「F4」と呼ばれていたとか、男前揃いで実に華やか。 

主役トンマン(徳曼)王女と、王座を狙う美しくて恐ろしいミシル(美室)は、ウォンファ(原花)というそれらファランドの長(おさ)。  
このイケメン軍団を従えているなんて、かっこ良すぎです〜・・。
               
トンマン女王様は、東洋最古の天文台を作られた方。
北斗七星が八つに・・というところから始まるこのドラマ。
ファランたちの名前に、日・月・星・風・天・龍などの字が使われているように、神話的な要素があるところもおもしろい。
日食を利用してトンマンが登場するシーンは、とりはだ・・・です。
            

このドラマの音楽は、ここぞというところで、♪ジャ〜ンと出たり、
胸を打つせつない曲もあったり、それぞれにうまく使われています。

ミシルのテーマ曲は、謎めいた不気味さの中に、
物悲しさも感じられます。
同じく韓流ドラマ「マイ・プリンセス」でキム・テヒちゃんが、
ミシルの真似をしたり、テーマを歌うシーンがでてきますね。

毒のあるシャクヤクの花のようなミシルに、
思わず見とれちゃいます。
「このミシル」様なくては、ソンドク女王は語れません。
ミシルの死は、威厳と気品ある美しい花の最後でした。
               

 注)見始めると止まりません。
    長いので、はまりすぎはご注意下さい。
       

pearlblueblue at 18:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

April 26, 2011

微笑みがえし

         残念です。
            スーちゃん。
                                         まさかご病気だったなんて。
まわりの方も気がつかなかったというほど、いつも笑顔で、
明るく人を気づかっていたのでしょうか。

キャンディーズが歌った数々の音楽は、とても印象に残る歌詞、
楽曲で時を経ても、特にファンじゃなくても、鮮明に思い出せます。  
                                  
私にとって鮮烈なのは、♪ ”春一番”。     
イントロのインパクトがあり、春一番のあの風の威力が感じられる元気で新鮮な歌。
♪ ”年下の男の子”・・は婚礼でも、年下の彼を射止めた新婦の友人が歌ったり、♪ ”あなたに夢中”・・も楽しい余興で使われてました。

そのほか、あやしい?雰囲気を持つ ♪”危ない土曜日”・・、 
♪”やさしい悪魔”・・、♪”ハートのエースが出てこない” 
♪”アン・ドゥ・トロワ” これらもいい歌でしたね。
   三人のハーモニーが とてもなつかしいです・・・。
                                  
そんなキャンディーズの集大成の曲が、♪ ”微笑がえし”
                         
 ♪ 春一番が 掃除したてのサッシの窓に 
          ほこりの渦を吹きかけてます・・
    
  私たち・・ お別れなんですね・・・
    
   アンドゥトロワ・・三歩目からは 
            それぞれの道  歩いてゆくんですね・・・
                            

この歌の詞には、これまでのヒット曲がちりばめられていて・・
この曲でキャンディーズは 解散・・。
今更ながら、すごいアイドルだったのだなと思います。
               
また、スーちゃんは、すてきな女優さんでもありました。
テレビで見るお顔からは、病気など想像できませんでしたが
最後の肉声は、病気と戦ってこられた声で・・
涙が出ました。。。                 
         
大変残念です。。 
微笑がえしの季節に、スーちゃんは旅立ちました。    
ご冥福をお祈りいたします。
                      

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ
GOLDEN☆BEST/キャンディーズ


pearlblueblue at 02:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 26, 2011

わたしに出来ること5

 先日記したご披露宴、いろいろなことがありました。

冒頭に新郎からのご挨拶、
”このような状況の中、お集まりいただきありがとうございます・・”
そう始まり、ご来賓の祝辞でも、

”この大変な中、本日、結婚式を執り行うかどうか、
ギリギリまで悩み 決断されたと聞いております・・。”

そう、ここに来るべきかどうか、列席者も悩まれたこと。
交通の便や、停電など、通常とは違うご苦労があって、到着されたお客様たちでした。


宴後半、カラオケでモメちゃったことが・・。
”こんな時に歌えるか!” ご親戚のおじ様。 
右に出るものがいない歌唱力と、新婦父がお願いしたのですが、お怒りになって・・ ^-^;

結局、皆様に押され、自慢のノドをご披露くださいました。 (*'-'*)
いい声です。 さすがに上手でした。

その時、おじ様をなだめ、歌わせた若い方が、一緒に並び、手拍子を添え、会場がだんだんと手拍子に。
いつものカラオケとはまた違った、ひとつの絆のようなものがありました。 (*゚▽゚*)



その朝は、地震から一週間。 
テレビは、被災地の状況を報道し続けており、あまりにも辛い現実に、涙でお化粧が出来ない・・。

それでも私は披露宴の仕事をしなくてはならない。
こんなときに・・でしょうか?。


ご新婦様は、涙で”手紙”が書き上げられなかったと、
ほんの8行ほどの書きかけのお手紙を読み始め、
書けなかった家族への想いを、ご自身の言葉でつづりました。

お母様は宴席中、ずっとにこにこされてましたが、
母の大変さを見ていた娘からの言葉に、号泣。
 
お父様がずっと機嫌が悪い、口を利いてくれないと聞いてました。
その父は、花束で声を出して泣きました。
男兄弟の中の一人娘は、22歳。
大切な大切なお嬢様だったのですよね。


ここは普通に披露宴のワンシーン。
でも、また特別にいろいろな想いの混じった涙、ゲストも涙涙。

私たちも泣けちゃいました。 (>_<。)


こんなときではありましたが、あたたかい心がつながった とてもよいご披露宴に。

まだ続く余震に、明日は大丈夫かと、昨夜は眠れなかったであろうお二人が、ほっとされ、幸せな笑顔を見せてくれました。 


そう、いま 私に出来ること。 
一組でも多く、幸せのスタートをさせてあげること。 
笑顔にしてあげること。 忘れられないひとときの感動を心に刻んでいただくこと・・・。

延期や、キャンセルもありますが、こころ新たに、
これからご結婚を控えている方へ向けて、発信を続けます。
結婚する二人の笑顔から、幸せの輪が広がることを願って・・・。

                       

pearlblueblue at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

January 03, 2011

♪ You Haven't Seen The Last Of Me5

  2011年 今年もよろしくお願いいたします。 (*゚▽゚*)
  
                   昨年はついていない私でしたが、締めくくりに暮れに観た映画「バーレスク」に刺激を受けました。 

Honey Love
♪グラミー賞受賞のアーティスト、クリスティーナ・アギレラが初主演。
脇をシェールや、プラダを着た悪魔のスタンリー・トゥッチ、HEROESのクリスティン・ベルなどがかため、ミュージカルではなくて、キャバレーっぽいところで歌とショーを披露するDancerのお話。

アギレラが歌い踊るシーン満載、またファッションやメイクもステキです。 
音楽がまたクールでかっこいいの! 


ちょっとドキドキしたり、圧倒され、魅入ってしまいます。
d(’-^*
             
♪ アギレラがグリーンのドレスで熱唱する「Bound To You」
これには もう・・ためいきが・・。

「バーレスク」とは大人のための、セクシーでちょっときわどい社交場のこと。 

♪ そのお店のオーナー役、シェールが歌う「You Haven't Seen The Last Of Me」
かつてのスターだったオーナーが、私はまだ終わっていない!と
せつなさと情熱をこめて歌います。
とてもジーンときました。

この方、64歳くらいのようですが・・すごい存在感。 
スタイルも風貌もとても魅力的。
女性として生まれたなら、死ぬまでこうでありたいと思うほど、
心地よい刺激を受けました・・。

今年はだから、頑張るのです!!!  q(^O^)p
(何を・・)  

とりあえず、サントラを聴かなくては!   

バーレスク オリジナル・サウンドトラック


pearlblueblue at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 25, 2010

DAVID FOSTER  JAPAN TOUR5

デイヴィッド
 行って来ました! 
♪世界的な音楽プロデューサー ”ディヴィット・フォスターJAPAN TOUR2010”

 あのボディガードのサントラを手がけ、ホイットニーの歌う、
ダン!! 「♪エンダ〜・・・」を一世風靡させた方。
 
またセリーヌ・ディオンを発掘したのもデイヴィッド。 d(’‐^*
「♪To Love You More」&葉加瀬太郎、こちらもブライダルソングで引っ張りだこです。
 
最近では、ジョシュ・グローバン「♪You Raise Me Up」も大ヒットですね。
ディヴィッドのかなでる音楽は、流麗で美しくひびきます。 
ブルっとする感動ものも数知れません。  
                   

♪私の披露宴音楽の原点が、このディヴィッド・フォスターの生み出す音楽でした。 
その昔「ウオーター・ファウンテン」という曲に魅せられて。 

♪ピアノの旋律の「流れ」と「間」の美しいこと・・。 
そのうたいかたに酔わされ、メロディやハーモニーからあふれる色気、せつない音など、惹きつけられるものがたくさんある音楽なのです。。 
      ハニー ラブ

会場内は芸能関係者だらけで、平原綾香さんや、眞鍋かをりさん、作曲家の岩代太郎さんと松本しのぶアナご夫妻、それからなんかイケメン軍団がいましたが、これからデビューされるのかしら?

絶対聖子ちゃんも来ているはず!!とキョロキョロしちゃいました。 
以前書きましたが、松田聖子が歌う「抱いて・・」は ディヴィッド作曲プロデュースなの。
             
♪コンサートは、映画「セントエルモス・ファイヤー」のテーマで
オープニング。 
なんとディヴィッドは会場客席から登場しました。 (^-^* 
もう〜、わ〜キャー〜〜!!  さわりたかった〜。 

私が探していた聖子ちゃんは・・、もしや・・ ♪ 
きゃ〜!! (☆゚∀゚)いた〜! SEIKO MATSUDA 登場。 

ディヴィッドのピアノで一緒のステージで「抱いて・・」を披露。 
まさかまさかこんなシーンが見られるなんて・・。 
 涙ぽろぽろしちゃいました。 

Honey Love

それから、シカゴと言えば、あの空に抜けるようなクリスタルVOICEのピーター・セテラ。 
この二人あって生まれた名曲「♪素直になれなくて」。 
 いい声でした、ピーター・セテラ。 

♪ラストは、シャリースというフィリピン出身の女の子、まだ18歳。
ホイットニーやセリーヌはここにはいないけれど、彼女が変わって数々の名曲を熱唱しました。
声色、厚み、音域、末恐ろしいほどの才能に、場内静まり返って・・違うか、聞き入ってしまい、歌い上げると割れんばかりの拍手です。 すごい子がいるものです・・。

それぞれの曲に、いろいろなことが思い出され、ちょっとセンチになりました。
 披露宴には、やはりこんな美しい曲が本当に似合う。

♪61歳のダンディなデイヴィッド・フォスターさま。 
感動をありがとうございます。
まだまだ現役 これからもすてきな音楽を聴かせてほしいですね。

もしもかなうなら、サラ・ブライトマンとデイヴィッドの協演があったらいいな〜と切に願います。 v(^-^*
                        10.20


ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~
アーティスト:デイヴィッド・フォスター
ワーナーミュージック・ジャパン(2010-09-15)


pearlblueblue at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 04, 2010

♪ Wedding March〜結婚行進曲 5

       ”Wedding March" by Q:indivi

 パパパパーンで すっかり知れ渡ったWedding March。
もとは・・・シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」から。 
夏至の頃、二組の男女と妖精たちが巻き起こすドタバタ劇なのですが。
 
  Honey Love
その「真夏の夜の夢」舞台上演のために
”メンデルスゾーン”が作曲し、音楽がつけられました。
二組の恋人たちが結婚式を挙げるシーンで、この結婚行進曲
(Wedding March)が演奏されます。

生き生きと、速く。 アレグロ・ヴィヴァーチェ。
のちに結婚式には なくてはならない代表曲になりました。

”和装婚”の時代には、ウェディングケーキ入刀で。
その後”教会式”では、結婚成立後の退場で演奏されています。


そんなパパパパーンが、またまたモデルチェンジ。
CelebrationCelebration
アーティスト:Q;indivi Starring Rin Oikawa
販売元:Q;CD


キラキラとちりばめられたおんぷ、元気で、明るくて、さわやか。
そんな現代版”Wedding March”。   
             d(’‐^*
♪ウェディングドレスの入場で。
♪ケーキ入刀もOK、♪乾杯もステキ、と、さすがWedding March、どこにでも使えるすぐれものです。


音楽は、列席者にも楽しんで頂ける何気ないプレゼント。
いろいろな想いやメッセージを うまくコーディネイトして下さいね。
                      ^‐^v

               

pearlblueblue at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

October 02, 2010

♪ The Gift ♪ -Wedding-5

         ”The Gift”  アーティスト:Blue

 ♪僕のあげたもので 
    たくさんの人が幸せそうに笑っていて・・・
    いままでで一番すてきなものをひろうことができた・・・ 

ハニー ステレオ

♪マッキーこと槙原敬之さん作曲。
Blueがカバーをし、逆輸入というところでしょうか。

マッキーの日本語バージョンは、天海祐希さん主演のドラマエンディングで使われていたことがあります・・・ おぼろげな記憶ですが。

花束や送賓で、他には新婦がお母様と退場する、そんなシチュエーションでもいいですね。 
ベスト・オブ・ブルー (CCCD)
ベスト・オブ・ブルー (CCCD)

原曲の槙原版”僕が一番欲しかったもの”は、詩がいいの。
歌詞を大切にしたい方は、マッキー版を。

雰囲気を感じて欲しい方は、英語版をおすすめします。
Boys4人ボーカルで、さわやかな響き。
マッキーのソロが、R&B、英語でハーモニーになっている歌と言ったらわかっていただけるでしょうか。

私も、送賓で、それもブライダル・フェアで使うことが多いです。
なんかいい曲なんですもの。 v^-^

これから結婚・披露宴をする方々が会場でこの曲を耳にされると
「なんという曲ですか?」と聞かれます。 ^-^*
使いたかったけれど、タイトルがわからなかったと・・・。

そう言われます。
いい曲なのに、曲名がわからない・・ 
これは、音楽のつらいところですね・・。

感動のシーンを終えて、お見送りは、”The Gift”で。
来てくださった皆様へ 幸せをつないでね。 d(’‐^)

               

僕が一番欲しかったもの
僕が一番欲しかったもの

僕が一番欲しかったもの 槇原敬之 歌詞情報 - goo 音楽



pearlblueblue at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 30, 2010

♪ Your Song ♪  -Wedding-5

     すっかり ご無沙汰をしまして・・。 
     すみません! (p_q*)

秋のシーズンへ突入、あっという間の9月でしたので、
今月初ブログです。(*゚▽゚*)

ではでは。 おすすめ”Wedding Song ”スタート〜!

 ”Your Song” by エルトン・ジョン

YOUR SONG
YOUR SONG  
         〜My Best Wedding Sound20〜


私もとても好きな一曲です。
ドラマのエンディングで使われたことがありました。

エルトン・ジョンの淡々とした歌い方と、ピアノ&ギターの響きが、
曲が進むにつれて、何かこう、切なく迫ってくるものがあります。 
サビとか盛り上がりとか、そんなところじゃなくて、2コーラスめからの雰囲気が特にいい。

この曲は、花束で。  あまり泣きたくない、さらりと贈呈したい。
そんな花嫁さんには、おすすめです。 

また、お色直し新婦退場でも、新郎退場でもいい。

でももしかしたら、一番最初の入場が、もっとも素敵かもしれない。
長く音楽がかけられる大きめのお部屋なら Good。

正直、歌詞は見ていませんが、サブタイトルは”僕の歌は君の歌”
音楽の雰囲気は、「私たち、やっとここまできたよ。」
そんな二人が入場したなら、しみじみと、じわじわと走馬灯のように色々なことが思い出されるような、そんな雰囲気を持っています。

あくまでも、私のお気に入りで、感じたままでございますが。 

このアルバムには、使える音楽がたくさん入っていますよ。 d(’-^*
列席者の年齢はさまざま。
流行や好きな曲だけではなく、広く知られている音楽を使うのも、ゲストへのおもてなしのひとつですね。 

       

pearlblueblue at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

August 25, 2010

Back Ground Music5

BlogPaint

頭の中がふっとうしてるかも・・?  
 暑い熱い暑〜〜い。
 
けれど、秋にご結婚を控える幸せなお二人へ向けて、まじめに書きま〜す。 d(’-^)

 私が思う婚礼の音楽は、”披露宴の「BGM」”なんて軽く?言われちゃうのには少々抵抗があります。 
 BGMって 「Back Ground Music」・・・ですが。 
   Honey 笑顔 
♪ 「新郎新婦入場」や「ケーキ入刀」「キャンドル」など 主な場面のBackに流れていますが、主役がどう見えるかを決定付ける とてもとても重要なものなんです・・。

♪ ウェディングドレスの新婦がためいきのごとく美しく、または
超!キュートだったり、ゴージャスだったり・・?。  
お客様が羨望(せんぼう)のまなざしで注目、釘付けになるほどのことを 音楽一つで如何様にも変えられるからです。

 息をひそめ見入る場面なのか、笑うところ、泣けちゃうところ?、
和装? ドレス? どんな形?  そして何色か?

 それによって 音楽が変わる。

♪ 音楽が、衣装やお部屋の雰囲気にピッタリ合ったとき、そして二人の動きに重なったとき、それはそれは・・感動です。 d(’‐^)
  
ハニー ラブ
 BGMとは。。。背景として流れる音楽。  
    その場を演出するために必要な音楽。  
 
 でも婚礼の音楽は、原曲の魅力あってこそですが、映画のサントラのように、場面から切り離しても、そのシーンが思い浮かぶような、そんな力を持っています。 
 

ご結婚を控えている皆様、大切な場面のイメージをふくらませて、すてきなご披露宴にしてくださいね。   d(^‐^*b 


P.S まもなく、
 「2010年上半期 リクエスト・ベスト」を発表致します。            
                
                        

pearlblueblue at 02:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

June 19, 2010

A Question Of Honour

クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)クエスチョン・オブ・オナー(CCCD)
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン

My Best Wedding Sound20

サッカーのことよくわかっていない私でも、この曲だけは。
 d(’-^)

 サッカーニュースの時間は、必ずバックに流れていますよね。
World Cupの年は、それに合わせてかサッカー好きの新郎さんが多いようです。
なぜわかる?  新郎リクエストが多くなり、使われる音楽はサッカーのあのときの曲、この曲と言われまして。  オオーw(*゚o゚*)w

 よくわかっていない私は、必死に調べたものでした。 
 今では・・・。 フッフ〜ん。。。 ( ̄ー ̄)/

それでは、2010年ご結婚のサッカー大好き新郎新婦へ、おすすめのBGMで〜す。

 ♪ A Question Of Honour〜サラ・ブライトマン 
      -入場・ケーキ入刀などに
         短いバージョンでストレートに。 
         サッカーファンということが、わかりやす〜い。
 
   ♪ Passion〜ニック・ウッド 
      -新郎退場やテーブルラウンドに
     ビールCMでも使われていますが、有名なメロ以外も
     なかなか味があります。 人気の一曲です。

 ♪ We Will Rock You 〜Queen 
      -新郎退場やフォトサービスに
   
 ♪ World Soccar Anthem -The Glory
 ♪ 日本サッカーの歌 〜坂本龍一 
      -お色直し入場などに

 ♪ Anthem 〜Vangeris -乾杯などに
      壮大な前半は、どこから使うか迷っちゃうかも。
       
 ♪ Go West 〜ペットショップ・ボーイズ 
      -乾杯や送賓などに
     イントロが見事に締めてくれます。 前進あるのみ!

 でも・・ ダントツのおすすめは、やはり”A Question Of Honour” さっき出た? そうなんですが、オペラとPop Rockの融合、Longバージョンがありまして・・d(’-^*

 テレビから聞こえるあの有名な部分の冒頭は、オペラチック。 
サラの声の響きにはじまり、神聖なチャーチオルガン、そして雷鳴とどろき、ダークなリズム、ソプラノVoiceの流麗な響き、だんだんとあのメロディーに迫っていく感じが・・なんとも魅力的。
 その後は、またオペラチックにEnding・・。 そこはメインキャンドルなんかに使えたら面白〜い。

 お客様には冒険過ぎて、おすすめしませんでしたが、ブライダル・フェアではやりましたよ。 d(’-^) も〜う、ステキでした。  

 頑張れ!! 日本!!  
                             

pearlblueblue at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

May 08, 2010

母は偉大なり

あじさい
 この時期お花屋さんの店頭は、とてもはなやか。 
Mother's Dayに合わせてカーネーションをはじめ、豪華な鉢植えまで勢揃いです。

 今年は、ミニバラの鉢植えを送りました。^‐^* 花が大好きな母なので、実家の庭にまたひとつ仲間入りです。 

♪昨日、ピアニスト辻井伸行さんのお母様いつ子さんが、TVに出ておられました。 
 辻井さんのピアノを初めてしっかり聞いたのは、ショパンコンクールの演奏模様を見たとき。 ショパンを弾いた辻井さんに泣けました。

♪辻井さんのピアノの音色は、雑念がないから?でしょうか・・・ 
とても澄んでいて、やわらかく、心地よくって。 
 こころが浄化される思いでした。

 私の心がにごっている?(笑)からではありません。
誰もが持っている心の原点のような、純粋無垢なところへ導かれていくような・・そんな感じでした。

 ♪2〜3歳でショパンを、譜面も鍵盤も見えないのに、先生の弾いた音だけを再現して覚えたのです。  
私も「絶対音感」ではありますが、あのように即座に難しい旋律を再現は無理。 右手のメロディ、左手、それを頭の中で組み合わせていく・・。  本当に天才なんですね。

♪その辻井伸行さんをピアノの世界へ導いたお母様に感動です。 ポジティブに、普通の人と同じく辻井さんをお育てになった。 
伸行さんは、「いいお母さんでよかった」とおっしゃっていました。
本当に本当に、このお母さまだから、天才が早くから開花したのでしょうね。

 Honey Loveいすを入れる、ドアの開け閉めなどそんな些細な
 ことから、その家の「しつけ」が、その子を見て手に取るようにわかります。
 社会へ出る前に家で教えられるべきこと、立居振舞い、言葉遣い、特に女の子には重要なこと。 母親の役目は大きいのです。
              

 私の両親は、何不自由なく育ててくれました。 d^‐^
 幼い頃から、映画や絵画や音楽など芸術に触れさせてくれました。 私の感性は、もともとあったのかも知れませんが、きっかけがあって養われたものだと思います。
 本当に感謝です。
 年に一度しか言わなくてごめんなさい・・。 
BlogPaint   
 いつもありがとう。 お母さん。  
  

         

pearlblueblue at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

March 04, 2010

影響うけて・・☆5

オリンピックも幕を閉じ、選手の皆様が戻られました。
  お疲れ様でした。     d(’-^)
     
 やはりフィギュアに釘付けになり、何度も観ちゃいましたよ。

 それぞれがオリンピックというステージに上がるまで、色々なドラマがありましたね。
 それらをすべて過去にして、大舞台を踏んだ選手のみなさん、
 ホントにすばらしかったです〜。  感動・・。
 
 何気に書いてますが、キラキラと輝く真央ちゃん、ミキティたちを見て 何度も泣きました。 


 それで、私も 観ているだけではいけないよね。
 頑張らなくては!! q(^0^)pと力をいただけたような・・?。
   

 寒さに丸まっている場合ではなく、花粉にやられてばかりではなく、桜もちの誘惑にも負けてはいけないぞ〜。  

 流麗に動く手足を、軽やかに舞うBodyをめざして。 
 まずは ダイエットから はじめましょ。   
                            

pearlblueblue at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 22, 2010

終わっちゃった〜 バックストリートボーイズ!!〜2

This Is UsThis Is Us
アーティスト:Backstreet Boys


待ちに待って・・ 2/18・武道館の日本公演ラストステージに行ってきましたぁ。 

 もちろん、Backstreet Boysのです。 d’‐^ きゃ〜。

 それもおひとりさまです。 え〜 これを一人でってどうよ・・?。 
でも私の周りは女の子のお一人様がいっぱい! 驚きましたがホッとしてノリノリに。

 一階席前から7番目 いいじゃないですか。 
 ちょっとステージを斜めヨコから見た感じでしたが、近い!!  
 黄色い声こそ出しませんけれど、Backsペンライトをフリフリしちゃいました。 ^ー^*
こちらに手を振られると、A.J〜!!!!   
 結局ステージ中は 座席には一度も座ることなく。  
 あ〜楽しかった。  あっという間の1時間半・・。
                   
 音楽やダンスパフォーマンス、演出すべて☆☆☆星3つ。
武道館はドームよりはるかに音が良くって、Backsサウンドのドンと底辺に響くベース音が私は大好き。 
 それに彼らの高音VOICEがのって音が広がります。 
 
 ♪Shape Of My Heart のとき、
そうか・・このドッドンは心臓の鼓動なんだと気付いた。 
 やはりライブはおもしろい。 CDを聞くのとはわけが違う。 
目の前で音楽を表現している。 そしてCDで聴いた生の声。  
 特に誰のファンというのが決められないほどに、彼らの声は美しく、4人それぞれの違った声の調和が見事。 
 R&Bでもバラードでも、うっとりさせます。

        Honey Love

 いっそう ファンになっちゃった。
4人ずっと振りつきでダンスしながらのハーモニー。
       (大変だよね・・ *^‐^* ) 

 ファンになって10年を過ぎ、Boysは・・男性なんだ・・なと思ったのもたしかです。(笑)  A.Jも結婚するようですし。
 
 永遠にこのメンバーでいてほしいな〜。
 またの日本公演を楽しみに。  
   ♪ Straight Through My Heart〜   


 P.S ニュースです。 d(^0^)b
    4/3にWOWWOWで、この武道館ライブが
    オンエアされるそうです!! 

    ステージ右手、ペンライトのギャル軍団にもご注目下さい。
                          


pearlblueblue at 02:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

February 08, 2010

〜私のお父さん 3 〜

    よろしかったら・・・Honey Love


 Classic- *私のお父さん  歌詞
          *オー・ミオ・バッビーノ・カロ
          *O Mio babbino Caro
          *プッチーニ オペラ 歌劇
          *ジャンニ・スキッキ

 などなど この曲に関するワードで検索の方々も
 当ブログへたくさん訪れてくださり ありがとうございます。 

 お探しの結果は 見つかりましたか?
 
 知りたい内容を メッセージいただけましたら
 何かお役に立てるかも知れません。

 よろしかったら コメントをお待ちしております。 

        (^-^)v     ♪ まりりん 

 

pearlblueblue at 20:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 23, 2009

連日 頑張りました!!5

イチゴケーキ
 毎年お暇なはずのこの連休、今年は出ずっぱり・・。
 極度の緊張感は、3日が限度デス・・。
でもなんとか元気に乗り切れました!!

 かわいいエピソードがありましたよ。 
ホテルの女の子のパティシエさん、今日のご新郎は偶然にも高校の恩師だというのです。d('-^*
 生ケーキの打ち合わせ時に先生にお会いしてビックリしたとか。 
当日、ケーキの上にサプライズが。 先生にナイショで、パティシエさんがマジパンの新郎新婦をプレゼントしたのです。 

マジパン それでは、お二人のプロフィールをご紹介しましょう・・。 
って感じでしょう? 
 本物の新郎新婦は、とっても気さくで楽しくて、新婦は「ひまわりのような笑顔」と言われていたようです。 

 そのひまわりさんが
「音楽 最高!すごい良かったですぅ〜」とグ〜をくださって・・。  ありがとうです。   
 お打合せから 人柄の良さが感じられるお二人でしたので、私もガンバろ〜っと思い おかげさまで気持ち良く担当させていただきました。 
 この方の笑顔は 人を動かします。  まさしく 太陽でした。

 もうひとつ嬉しいこと。
久々に一緒になった司会者さんが「やはりここに来ると 音楽がちがいますね。 音の出し方から全然ちがう」・・  ♪ ♪ ♪ ♪ 
 褒められているのですぅ・・。 *^-^*

 最近は、他の会場だったので、その中にいると気がつかないけれど、ここにきたらものすごく感じたと。  そのとき私 ♪入場曲をさ〜っとかけて、わずか数秒での会話でした。  
 ・・・お主、そんな数秒でわかるようになったのかい?・・ 
 その司会者さんと一緒のときは、ここはあ〜だのこ〜だのとうるさくちょっかいを出してたのです。(私が・・) 

 「感じる」ようになった彼女の成長ぶりが伺えました。 
 褒めてもらったからではありません。 (’-^)v

 マッサージ&アロマに行ってきました。 
体がガチガチゴリゴリ・・ だったそうです・・。 アレレ・・・
 美しくない音ですね・・。 
 毎週来てくださいと言われてしまいました。 。>_<。。
                         
                          

pearlblueblue at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

September 06, 2009

役どころ・・・5

         ”夏が過ぎ 風あざみ
              誰のあこがれにさまよう”
Honey Love 井上陽水さんの ♪「少年時代」の冒頭です。

せつなくて なつかしくて ゆるやかに流れる音楽 あの美声。
 女の子の私が少年?時代に遡った?ような錯覚さえ感じる。 
想い出のあとさき・・

 麦わら帽子をかぶり 釣り吉三平のように水場で、釣りはしてないけれど 水しぶきを上げて キャっきゃと遊んでいる・・ 
そんな情景が見えてきます。(実際そんな経験はありませんよ。)
 とても不思議な音楽です。

 この曲は「手紙・花束」に最高です。d(’-^)
タイトルはまさしく打ってつけ、ご両親もご存知で、広く知られていて、雰囲気も合っている。  
 抽象的な歌詞なのに 想像させる 背景が見えてくる。
これが音楽のすごいところです。

 今日は久々に現場入り、感動ふたたび・・のはずでした。
若い元気なかわいいご新郎ご新婦さま。 「誰もあまり知らない 最新の曲で!」 それは ネットで探したという手紙・花束の曲。
 曲名は書きません。>_<  
 お二人は花束贈呈に涙してましたが、私もお客様もお二人も、曲に馴染みがなさ過ぎて、おまけに雰囲気に全く合っていないため(ごめん!)何の感動も伝えられませんでした。 

 こんなときもありますが 披露宴の見せ場なのに。 
お二人には喜んでいただけたものの、曲に感動はなかったと思うし、もっと喜んでいただける状況がつくれたはずで・・。
 
 もし私に 何か使命があるとしたら・・
すばらしい絵や音楽、映画や本など、好きなものから得た知識や感性を生かして、人様に感動を残してあげること・・でしょうか。
 「演出」ではありますが、感動を「作る」のではなく 「感動が生まれる」状況を作ってあげること・・・と勝手に感じております。 

 前述の映画「フレフレ少女」のように、自分の”心のそこから〜”
の想いがなくては 人や心を動かすことは出来ませんよね・・。
 そのとき出会った方々に何か感慨深いものが残せたなら、
映画や音楽に没頭する自分の 生きてきた意味もあるというもの・・。?

 井上陽水さんは 感動させようとして「少年時代」を作ったわけではないでしょう。
 歌に込められた想いが 感動を生んだのだと。 
   ホントにすてき。
 そんな「しごと」がしたい。。。        

GOLDEN BEST
GOLDEN BEST


pearlblueblue at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク
TagCloud