March 02, 2011

♪Time To Say Goodbye〜 Wedding Sound

          レスピラールIII
レスピラールIII
              〜My Best Wedding Sound20〜
ヒーリングミュージック、Enya、Adiemasuなどが流行り始める少し前、私の興味は「レスピラール」というCDでした。
image(イマージュ)よりずっと前のこと。
シリーズで数枚発売されています。
                   
異国情緒のある雰囲気の曲が多く、披露宴ではほんの少ししか使えませんでしたが、その中にありました! 
 「Time To Say Goodbye」by サラ・ブライトマン 

今ではもう有名ですが、その頃はまだあまり知られてなく。
原曲はサルトーリ作曲、アンドレ・ボチェッリが歌ったクラシックです。 
それが「エニグマ」のオスカー・ピーターソンのアレンジにより、サラとA・ボチェッリのデュオとして大ヒットしました。
と言いながらも私も元祖ボチェッリのほうは、残念ながら未だに聞いたことがないのですが。

デュオのTime To sayはサラの友人、ドイツのボクサーの引退試合で歌われたことで広く知られたのだそうです。
原題のイタリア語では「コン・テ・パルティロ」〜君とともに旅立とう〜 というお別れではなく、旅立ちの歌。
よーく聴くとコンテパルティロ〜と歌ってますよね。d(’‐^)


多くのアーティストがカバーしていますが、今年また新たに見つけちゃいました。 
「外交官黒田康作」見てます?
このエンディングで、♪Time To Say・・・が流れます。
「アマルフィ」の延長のような設定なので、同じエンディング曲で、
歌い手が変わる、それもすてきなシチュエーションです。

このエンディング、ドラマの終盤間際からじわじわと流れ、そのままエンドクレジットへ持っていくニクイ演出。 
 とってもいい感じでそこだけでも繰り返し見ている私です。 ^^;

♪ イル・ディーヴォが歌う「Time To Say Goodbye」
まもなく発売になります。
外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
SMJ(2011-03-09)
販売元:Amazon.co.jp

披露宴ラストの二人の退場〜送賓へ。 
また、キャンドルでもステキです。 
 
 男性4人のVocalで歌い方はクラシック的ですが、アレンジが
popバラードになっていて、とても品の良い曲になっていますよ。 v(^0^)
                         
 
♪サラバージョンのTime To Sayは、こちらの「アマルフィ」の記事でもご紹介していますので、良かったら見てくださいね。
 
                                      

pearlblueblue at 10:08│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 BGM- ♪ 送賓 | BGM- ♪ キャンドル

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク
TagCloud