March 17, 2010

おかえりぃ5

erika エリカ様が帰ってきました。 ^‐^

あのまま埋もれてしまっては、惜しい女優ではないですか。 

 ドラマ「1リットルの涙」で彼女を知り、
それから「パッチギ」を見て、段々と好きな女優の一人になりました。

 いまブームの東野圭吾原作「手紙」では、兄弟の間を支える女の子の役でした。 これもまたとてもいい映画で、私の「邦画ベスト」に入ります。 ぜひおすすめしたい作品。 ^‐^b 
 
 いづれも「エリカ様」やら「別に・・」の彼女とはほど遠く、好演しています。            

Honey 笑顔
 **** 今日の会見をちょっと見ました。** ^‐^
 言葉使いもあらたまり、清楚でステキでしたよ。 
 やれば出来るじゃないですか。
 
 バッシングされたあのとき、私の知っている情報では・・。
 舞台挨拶のとき、スタイリストさんが、あの衣装しか用意していなくて・・、フテクサレちゃったとか? 

 でも、なぜでしょうね。 あの洋服はひどかったですよ。 
 私でもふてくされちゃいます。
 女優として、完成した映画の披露なのに、あの衣装で出なくてはならない。(いじめかイヤがらせ?)
 別に・・の顔はふてくされよりも、とても悲しそうに見えました。

 もともと足も長いしプロポーションばっちり、とてもかわいい方。 
今日のように、美しい言葉で、美しい出で立ちでなら、彼女はハリウッドにも行けちゃう日本の女優になるのではないかなと、これからが楽しみです。

 せっかく生まれ持った美貌と才能、どう生かすかは自分次第。  
 負けないで。 エリカ様。 
  映画にドラマに、活躍されるのを待ってます。 d(’‐^) 

     
  

pearlblueblue at 02:56│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | 映画 音楽 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク
TagCloud