September 07, 2008

まだまだ だな〜5

サンビーナス秋の婚礼シーズン はじまりはじまり・・・・。
「忙しい」という字は、心を亡くす・・・と書く。 私たちが忙しいということは、ホテルのコーディネーターさんたちは もっと忙しい。
 お互い悪気は無くても、言葉のアヤやタイミングの悪さで、プチプチ切れる音が聞こえることが・・・。 でもこちらは、お仕事をいただく身。 理不尽な状況でも言葉を呑みこみ、怒りを抑え、そのうちに我慢している自分に腹が立ってきて・・・。 音楽を聴くとかそんな気分にもなれない、悶々としたこの気持ちを紛らわしたいとき救ってくれるのが「てるてる天使」の絵本。 
                    
 このブログでもご紹介していますが、この「てるてる天使」や「KITTY」は、そんな私の心を平静に保たせてくれる最高の癒しアイテム。^-^*
 ただただ愛らしい・・・この子たちがいなければ、どんな感情が湧き出てくるのか、考えると恐ろしや・・・。 

 てるてるに 「席は・・いつもよういしてあるから つかれたらやすんでいってね」な〜んて言われちゃうと、そうだね、と思っちゃうし、「しんこきゅうしてみよう きっと小さなコトだから」 ・・・ね・・。 
至って単純な自分であることにも気づかされ・・。 イヤなことは、出来るだけ忘れるようにつとめていますが、必要なことも忘れるようになってきてしまって・・・^o^;  どうしましょ。

Honey 笑顔
 そんな私に、とても刺激をくださった方が。 d(’-^*
100歳のおばあさまでした。 どう見ても70〜80歳にしか見えないお若さ。 100と聞いて驚き、びっくり、また驚き!  大阪にお住まいのそのおばあさまは、「赤とんぼ」の山田耕作さんのお弟子さんだったようで、現在もピアノを弾きながら、歌を教えているのです。 
 真っ白な髪の毛もお顔もとてもきれいで品良く、ハイヒールを履いてお出かけ。 ですから姿勢もよく、ほんとにお若いのです。 

 100歳で、歌にピアノ。 考えたこともなかった。 こんな風に年を重ねられるなら、人生どんなに楽しいものでしょう。 
 もともと育ちのよい方なのかも知れませんが、ずっと維持することは、本人の力なくては叶わない・・・。
「百歳万歳」という昨年放送の再放送番組、ということは現在101歳。 その半分に満たない私は、なんか気恥ずかしくなっちゃって。
 
 足 イタイタ なんて言っている場合じゃなく・・。 
     まだまだ だな〜・・・。             

pearlblueblue at 00:27│Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | 音楽 感動 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク
TagCloud