July 2014

July 31, 2014

想像の翼を広げて・・・ 「花子とアン」より



  夏に突入してしまいました。 
♪これか〜ら は〜じまる・・  絢香さんの「にじいろ」でスタートする朝ドラ。
毎日録画で観ています。 (*'-'*)

このドラマの中で時々出てくるすてきな言葉の一つ、
困難に見舞われたり、絶望しそうになったとき、自分を励まそう、負けずに頑張っていこう、そんな意味でしょうか。
「想像の翼を広げてみて・・」 そんなセリフが出てきます。
                 
毎回、小さな感動があって、笑えて泣けて楽しいドラマです。
花子さんもかわいいキャラですが、私の一押しは、妹のかよさんかな。
健気で懸命に頑張るかよさん、なぜかとても好きだわ。(笑)

音楽も面白くて、仲間由紀恵さん演じる、漣子さんがらみのシーンでは、長崎が出てくるからでしょうか、異国情緒のあるチェンバロ?っぽい音楽が響いていました。

山梨の花ちゃんのご実家のシーンでも、合わなそうなのに、妙に合っていて。これもなかなか素敵だな〜と感じたシーンがありました。

そんな風に、音楽って、主題歌じゃなくても、背景にそっと流れるだけで、空間がふわ〜っと広がって、とても不思議なんですよ。 
音楽のチカラってすごいんです。               
                 
そんな空気を楽しむ私から見ますと、
最近のWeddingの音楽は、ガチャガチャしているものが多くて、ちょっと残念です。
お二人の好みですから、無理やり替えることもできませんし。

さらに最近のJ-POPは、「歌」であって「音楽」ではない感じですね。
歌詞に魅力があって選ばれるのでしょうか。
曲そのものには、「色気」がないかな・・。
(個人的見解です、ご容赦ください (・◇・)ゞ)

Weddingコーディネイトは、どんどん素敵になっていまして、会場やお花を見ているだけでも、本当に王子様とお姫様が登場しても不思議ではないと思うほど。

それなのに、曲と、披露宴の進行などがミスマッチ、
そんなすてきな情景に似合う音楽が少ない、知られていないのですね。
もったいな〜いと思うばかり。

ネットで探したりと、皆様大変なようですが、
結局は売りたいものがクローズアップされているMagicに気づいてくださいね。
売れているものばかりが良いわけでもない、
もっと「想像の翼を広げてみて」。
このドレスで、こんな風に歩いて・・・。♪ 
同じシーンなのに、ドレッシーな音楽とJ-POPでは、お姫様の背景がまったく変わるのです。

サムシング・ブルーのひとつに、
Something Old(何か古いもの)があります。
コーディネイトは新しく、音楽には、古き良きものを見直してみてはいかがでしょう。


「花子とアン」 花こと、ペンネーム花子さんが
「赤毛のアン」を翻訳出版するまでのドラマなのかなと 勝手に想像の翼を広げているのですが、
あと少しですね、この先も楽しみです!!
                           v(’-^*
                 

pearlblueblue at 05:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ひとりごと | 音楽 感動 
リンク
TagCloud