February 2014

February 08, 2014

♪ くるみ割り人形

      始まりましたね。 オリンピック。
                   
開会式は毎回、技術の進化を痛感しますね。
大掛かりな仕掛けの一発勝負、それらを準備していくことって、
創造を絶する。
オリンピックって、アスリートたちの競演の前に、それだけで感動です。

開会式は、ロシアらしく、ボリショイバレエも登場。 
さすがに優雅(^‐^*
ロシアの作曲家、チャイコフスキーの音楽「白鳥の湖」のシーンもありましたね。

誰もが知っている有名なこの曲、旋律の節目節目がとても美しくて 何度聞いてもゾクゾクします。                     
                       
燃える火の鳥のごとく、聖火台に一気に点火。
音楽は、ストラビンスキー「火の鳥」から、「くるみ割り人形〜ロシアの踊り・トレパーク」へ。
これもチャイコフスキーのバレエ音楽。
                       
始まった感がいっぱいでしたね。 q(^‐^)p
花火は色とりどりすぎて、もう少しシンプルなほうがロシアらしい気がしましたが。

「くるみ割り・・」は、軽快なオーケストラで、「乾杯シーン」でも使える音楽です。♪
ファンファーレから始まる、「行進曲」(第一幕)もいいですね。
「花のワルツ」(第二幕)は、迎賓などに。 
とても華やかな音楽です。
                         *余談ですが、
Classicは、曲を覚えたら、「指揮者」の違うCDを聴き比べてみると、雰囲気がまた違って 面白いですよ。 v(^‐^*


さて〜 フィギュア 楽しみです!
      

pearlblueblue at 06:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ひとりごと | 音楽 感動 
リンク
TagCloud