March 2011

March 26, 2011

わたしに出来ること5

 先日記したご披露宴、いろいろなことがありました。

冒頭に新郎からのご挨拶、
”このような状況の中、お集まりいただきありがとうございます・・”
そう始まり、ご来賓の祝辞でも、

”この大変な中、本日、結婚式を執り行うかどうか、
ギリギリまで悩み 決断されたと聞いております・・。”

そう、ここに来るべきかどうか、列席者も悩まれたこと。
交通の便や、停電など、通常とは違うご苦労があって、到着されたお客様たちでした。


宴後半、カラオケでモメちゃったことが・・。
”こんな時に歌えるか!” ご親戚のおじ様。 
右に出るものがいない歌唱力と、新婦父がお願いしたのですが、お怒りになって・・ ^-^;

結局、皆様に押され、自慢のノドをご披露くださいました。 (*'-'*)
いい声です。 さすがに上手でした。

その時、おじ様をなだめ、歌わせた若い方が、一緒に並び、手拍子を添え、会場がだんだんと手拍子に。
いつものカラオケとはまた違った、ひとつの絆のようなものがありました。 (*゚▽゚*)



その朝は、地震から一週間。 
テレビは、被災地の状況を報道し続けており、あまりにも辛い現実に、涙でお化粧が出来ない・・。

それでも私は披露宴の仕事をしなくてはならない。
こんなときに・・でしょうか?。


ご新婦様は、涙で”手紙”が書き上げられなかったと、
ほんの8行ほどの書きかけのお手紙を読み始め、
書けなかった家族への想いを、ご自身の言葉でつづりました。

お母様は宴席中、ずっとにこにこされてましたが、
母の大変さを見ていた娘からの言葉に、号泣。
 
お父様がずっと機嫌が悪い、口を利いてくれないと聞いてました。
その父は、花束で声を出して泣きました。
男兄弟の中の一人娘は、22歳。
大切な大切なお嬢様だったのですよね。


ここは普通に披露宴のワンシーン。
でも、また特別にいろいろな想いの混じった涙、ゲストも涙涙。

私たちも泣けちゃいました。 (>_<。)


こんなときではありましたが、あたたかい心がつながった とてもよいご披露宴に。

まだ続く余震に、明日は大丈夫かと、昨夜は眠れなかったであろうお二人が、ほっとされ、幸せな笑顔を見せてくれました。 


そう、いま 私に出来ること。 
一組でも多く、幸せのスタートをさせてあげること。 
笑顔にしてあげること。 忘れられないひとときの感動を心に刻んでいただくこと・・・。

延期や、キャンセルもありますが、こころ新たに、
これからご結婚を控えている方へ向けて、発信を続けます。
結婚する二人の笑顔から、幸せの輪が広がることを願って・・・。

                       

pearlblueblue at 01:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 感動  | エピソード

March 21, 2011

イグアスの虹 〜 ♪Nella Fantasia5

        あの地震後の初披露宴になりました。
        主賓の方が”イグアスの滝”にまつわる伝説を
        ご紹介下さいました。 

イグアスの滝は、アルゼンチンとブラジルにまたがる、世界三大瀑布のひとつです。
ミッション HDニューマスター版 [DVD]ミッション HDニューマスター版 [DVD]
出演:ロバート・デニーロ

イグアスとは先住民の言葉で「大いなる水」という意味。
イグアス川は延長1320km。 川幅500〜2700m。 
その先に世界一のイグアスの滝。
落差は80m、全幅4000m、地響きのような轟音に「悪魔の喉笛(のどぶえ)」と呼ばれる絶景。
                
Honey Love

遥か昔、イグアス川にムボイという”
  大蛇の神”が住んでいました。 
  川岸の住民はこの大蛇を鎮めるため、
  春になると村の娘を捧げていました。
  次のいけにえには、ナイビという美しい娘。

  ナイビにはタロバという恋人がいました。
  二人はカヌーを漕ぎ、村から逃げ出します。
          
  激怒した大蛇ムボイは、巨大な尾を振り回し、川を引き裂き、
  二人のカヌーは引き裂かれて出来たイグアスの滝に
  飲み込まれてしまいました。

  嫉妬深いムボイは二人を救うものの、ナイビを滝つぼの岩に、
  タロバをやしの木に変え、二人を見張り続けています。

  しかし、そのの悲しみに胸を打たれた「善の神」が、
  よく晴れた日に、二人の間に虹を架けました。
  二人の想いは、この虹を伝い恋人のもとへ届くのだそうです。

  晴れていれば、太陽と反対方向に見えるイグアスの虹。
  満月の夜には、闇に浮かぶ虹を見ることができるのだそう。
                         
  その虹には、命をよみがえらせ、見たものを幸せにする
  そんな伝説があるという。     



映画「ミッション」で、このイグアスの滝を知りました。  
それにちなみもうひとつ、音楽をご紹介しますね。

 ♪「ガブリエルのオーボエ」 エンニオ・モリコーネ作曲
   イエズス会と先住民の間で、音楽が共通言語となり
   互いの心が動いていきます。

 豪快な滝とは対照的に、清々しく、心に染み入る名曲です。
     エデン
エデン

別名: ネッラ・ファンタジア 〜 Nella Fantasia」 
 女性アーティストのカバー曲も多数あります。  
サラ・ブライトマンのバージョンは花束贈呈に、♪Celtic Womanは、幻想的に人前式やWD入場に似合います。 d(’-^*
     
イグアスの伝説のように・・たとえ天地が揺らぎ、二人が引き裂かれても、想う心はきっと伝わる。 奇跡が起こる・・。 
 そう願います。 ♪ガブリエルのオーボエにのせて。    

      ケルティック・ウーマン
ケルティック・ウーマン

pearlblueblue at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 映画 音楽  | BGM- ♪ 〜披露宴〜

March 14, 2011

なんてこと・・

みなさま。大丈夫でしょうか。
被災者の方々には心よりお見舞いを申し上げます。

テレビで見ているだけで、何もしてあげられないことがとても
歯がゆく感じます。

あの日、私はどうしてもはずせない仕事があり、ドライヤーをかけていたらめまい?えっ?と思ったらヨコに横に横に・・。

あちこちでガチャンガチャンと、その音がパニックを引き起こすのですね。 ひえ〜っ声を出したのは覚えてます。

でも行かなくてはならない。
エレベーターは万が一と思い階段で降り、愛車で駅に向かいました。 ほんの一息、大通りを越えたら景色が違うではありませんか。w(゚ロ゚;)エェッ!?

道路が隆起し、車が通れず、クラクションが響き、いつものサイクリングコースは地面が割れ、泥水がどんどん噴出して、路面が見えない。 人々が立ち往生し、駅前には人で溢れ・・・。 Σ(゚д゚;)

でも行かなくてはならなくて。
人を掻き分け、バス乗り場へ・・ 封鎖されてる・・ 
駅もシャッターが降り、アーケードが崩れる危険がと黄色いテープが張られて・・。

数分歩いて、次のバス停へ急ぎました。 
歩くが早いか、バスを待つのが早いか。 人生を左右してしまう判断になるかもしれず・・。

引き返すことも出来たけれど、なぜか行くことしか頭にないままに。
連絡を・・。携帯つながらず、何箇所か連絡を取ろうとしたけれど
全く不通。 (p_q*) 

バスが来ました。 「満車です、次のバスを・・・」とアナウンスがあり全く止まることなく通過されてしまった・・。 
バスの前面は確かにぎゅうぎゅう・・。でも通り過ぎてゆくバスの後方は、スカスカ。

また次のバスが・・、満車・・、後ろスカスカ・・・。

なんかこれ、TITANICのあのボートみたい。
あ〜こうして、置いて行かれるのかと、あの後ろに乗ってた人たちは、映画見てないのかななんて思いながら・・冷静な私。

目の前にコンビニが。 そうだ飲み物買っておこう。
店員さんだって冷静に仕事している。
ウーロン茶とチョコを手に、あちらこちらのバス停をうろうろ。
その間にオフィスビルから人がどんどん出てくるし、バス停はまたいっぱいになって。

ついに来たバスの運転手さんは、
「このバスが最後です。津波警報がでていますので、海浜地区へは戻りません・・。」
こんないい添乗員さんもTITANICにいたな〜・・。 
ひとごとのようになんてバカな客観視を。 
     w(*゚o゚*)w TSUNAMI・・?

私、もう帰ってこられないのかしら・・。
そう思いながらもバスに乗り、目的の駅へ向かいました・・。


帰りは会場の方が途中まで送って下さり、
TSUNAMI警報があった場所だけに、車道はガラガラ。

水の被害はなかったこと、とりあえずはほっと一安心。 

のところへ行くと、泥が固くなり、自転車のタイヤが10cmほど埋まっています。
引き上げて、ゆっくり見渡しながら走り、あまりに静かなこの街に、人はいるのだろうかと思ったほど。 w(゚o゚)w


家に着いた時は、もう翌日をまわっていました。
タンスや家具が壁から数センチの移動はありましたが、
被害は特になく、これも一安心〜。(*´∇`*)

やっと腰を降ろし、あらためてメールを見ていたら、ちょっと涙が出てきました。 初めて怖かったことを実感。
でも肝が据わっているというか、自分の心臓には毛が生えていることもまた実感。


「大丈夫?」 スタッフや家族、友人からの着信やメール。
数時間かけて家に着いた子たちもいました。
それでも翌日は、披露宴が入っている。 
自分たちは大丈夫、明日出動できるよ、準備しているよ、とメールが届く。

なんてなんて、たくましくも嬉しいメンツ。
またまた泣けてきた。
お客様からの延期、中止がない限り、取りやめに出来ない。

この子たちも心臓に毛が生えている・・・。


翌土曜日、弊社管轄の婚礼は、すべて延期になりました。
ある担当の方が、ご新婦さまが泣いてた・・と。

そうですよね・・。 打ち合せた私も、お二人がどんなに楽しみにしていたかよくわかります。
そしてとてもおやさしい二人でしたので、私だって心待ちにしていました。
胸がつまる思いです。


被災地の状況を見ていても本当に泣けてきます。
海外からの援助隊にありがとうと思う。

うちにも、まだ連絡が取れていない宮城の親戚がいます。
瓦礫を取り除いてあげたい。
おにぎりを持って行ってあげたい。
 
でもいま少しでも私たちに出来ることは、節電とか?。
また、それぞれの役目を果たすこと・・。
元気な人が少しでも景気を助け、回復させること・・。
もし余裕があったら 何か募金を。

皆様の思いが通じ、この状況が早く収束に向かうことを
切に願います。
 皆様もどうぞお気をつけて。 身の安全を図ってくださいね。
                 

pearlblueblue at 16:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ひとりごと 

March 05, 2011

♪ She 〜 Wedding Sound5

ノッティングヒルの恋人 ― オリジナル・サウンドトラックノッティングヒルの恋人 ― オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:サントラ
ユニバーサル インターナショナル(2002-05-02)
販売元:Amazon.co.jp


            〜My Best Wedding Sound20〜
  
シャルル・アズナブールのカバー、エルヴィス・コステロの歌で有名になりました。
 スターと一般人の出会いから恋にいたる「ノッティングヒルの恋人」この映画で、ジュリアロバーツの背景に♪Sheが流れるシーンがあります。           

  
 太く響きのあるエルヴィスの声と対照的に、ストリングスの間奏部分が繊細で美しく、音楽担当としては、思わずこの部分を大きく響かせたくなります。 d(’‐^)
 この映画も 音楽も大好きです。  

先日、ご新婦様のご友人が、
「お色直しに使ってほしい」と言っていたのが、この「SHE」でした。 
彼女の願いを叶えるべく、司会より「この曲は・・ご友人○○さまのリクエストで・・」と紹介が入り、とてもステキなシーンになりました。
 少し前に結婚されたご友人が、好きな曲なのに、ご自分の披露宴で使えなかった、心に残る曲だったのだそうです。
            
そんなイイおハナシから、私にも嬉しいひとときでした。

♪ お色直し退場のほか、Weddingドレスの入場、ケーキ入刀でもステキですよ。
   「純白」「大人Weddng」の音楽です。       

pearlblueblue at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 BGM- ♪ 入場曲 | BGM- ♪ お色直し退場

March 02, 2011

♪Time To Say Goodbye〜 Wedding Sound

          レスピラールIII
レスピラールIII
              〜My Best Wedding Sound20〜
ヒーリングミュージック、Enya、Adiemasuなどが流行り始める少し前、私の興味は「レスピラール」というCDでした。
image(イマージュ)よりずっと前のこと。
シリーズで数枚発売されています。
                   
異国情緒のある雰囲気の曲が多く、披露宴ではほんの少ししか使えませんでしたが、その中にありました! 
 「Time To Say Goodbye」by サラ・ブライトマン 

今ではもう有名ですが、その頃はまだあまり知られてなく。
原曲はサルトーリ作曲、アンドレ・ボチェッリが歌ったクラシックです。 
それが「エニグマ」のオスカー・ピーターソンのアレンジにより、サラとA・ボチェッリのデュオとして大ヒットしました。
と言いながらも私も元祖ボチェッリのほうは、残念ながら未だに聞いたことがないのですが。

デュオのTime To sayはサラの友人、ドイツのボクサーの引退試合で歌われたことで広く知られたのだそうです。
原題のイタリア語では「コン・テ・パルティロ」〜君とともに旅立とう〜 というお別れではなく、旅立ちの歌。
よーく聴くとコンテパルティロ〜と歌ってますよね。d(’‐^)


多くのアーティストがカバーしていますが、今年また新たに見つけちゃいました。 
「外交官黒田康作」見てます?
このエンディングで、♪Time To Say・・・が流れます。
「アマルフィ」の延長のような設定なので、同じエンディング曲で、
歌い手が変わる、それもすてきなシチュエーションです。

このエンディング、ドラマの終盤間際からじわじわと流れ、そのままエンドクレジットへ持っていくニクイ演出。 
 とってもいい感じでそこだけでも繰り返し見ている私です。 ^^;

♪ イル・ディーヴォが歌う「Time To Say Goodbye」
まもなく発売になります。
外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック外交官・黒田康作 オリジナル・サウンドトラック
アーティスト:TVサントラ
SMJ(2011-03-09)
販売元:Amazon.co.jp

披露宴ラストの二人の退場〜送賓へ。 
また、キャンドルでもステキです。 
 
 男性4人のVocalで歌い方はクラシック的ですが、アレンジが
popバラードになっていて、とても品の良い曲になっていますよ。 v(^0^)
                         
 
♪サラバージョンのTime To Sayは、こちらの「アマルフィ」の記事でもご紹介していますので、良かったら見てくださいね。
 
                                      

pearlblueblue at 10:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 BGM- ♪ 送賓 | BGM- ♪ キャンドル
リンク
TagCloud