May 2010

May 26, 2010

新参者

新参者新参者
著者:東野 圭吾


 日曜夜は、龍馬伝に続き、「新参者」に夢中です。

またまた東野圭吾さん作。 
推理小説やサスペンス・ミステリー大好きな私にとっては、かかせないドラマ。 q(^‐^)p”

 それがね・・ 毎回泣けちゃって・・。 違う意味で見逃せなくなっちゃいました・・・。

 舞台は日本橋・人形町。 そこで殺人事件が起こり・・。
その犯人探しで被害者の足跡をたどる中、被害者が立ち寄った、煎餅やさん、人形焼屋さん、たい焼きやさん、ケーキ屋さんなど、「一話」が一箇所メインでそのお店の店員さんや、オーナーに事情聴取に伺ったり、アリバイを聞いたりするのですが。 そこは普通に推理小説。

 ところが皆さん、どこかに嘘があります。 つじつまの合わないことが出てきます。
 その嘘は、主演の阿部寛さんこと、加賀さんの「あなたは嘘をついていますね?」のセリフから真実が暴かれていきます。

「嘘」にも種類があり、自分を護るためのウソ、もうひとつは、人を護るためのウソ・・。

 Honey 笑顔
被害者のことを思えば正直に言いたい、でも自分の行動にはそれなりのわけがあり、今は言えない・・・。

そこには事件とは関係なく、その人の周辺に関わる、あったか〜い企みや、思いやりの心があり、相手に知られないように、嘘を言わざるを得ない・・。

 そんなエピソードが、後半暴露され、ぽろりと涙を誘います。
その合間に少しづつ、一話ごとに明らかになる、被害者の思いも見えてきます。
                 
 ちなみに・・ 私のかつてのお勤め先がある日本橋・人形町。 
懐かしく、あったかい街です。 
 親子丼の「玉ひで」さん、粕漬けの「魚久」さん、それから人形焼のお店はたくさんあって、安産祈願の「水天宮」、そしてドラマにも登場する「たい焼き」屋さん。 
そのすぐ隣は、証券街なんですが、人情あふれる江戸情緒満載の地です。

 ちなみに・・ は加賀さんのくちぐせ。
      何回出てくるか、今度数えてみよう。(笑)
 
 この作品は、2009年・2010年とミステリーベストで、一位に選ばれたのだそうです。

 殺伐とした世の中に、ちょっといい話。
 いっそう 人にやさしくなれると思いますよ。 d(’‐^*  
                      
                

pearlblueblue at 01:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | ドラマ

May 19, 2010

♪Smile 〜スマイル〜5

       世界中に衝撃が走ったマイケルの訃報から、
       まもなく一年。
       もうそんなに時が流れたのですね。 
                    Honey Love
 彼の音楽は、披露宴ではそんなに使われませんが、主にリクエストされるのは♪「Hearl The World」でしょうか。
 このハイトーンのやさしいメロディは、私も好きです。 

 先日は、お色直しで♪「スリラー」が。 
皆様、イントロで何の曲かはお分かりで、クスクスと・・・。 
そして新郎、オオカミ?のかぶりもので登場。 
アクション付きで場内を沸かせました。 
 その格好で新婦登場のドアを開け、キャンドルサービスへと続きました。 
 彼はスポーツジムのインストラクターさんなので動きが機敏で、こんなダンスはお手のもの。 なかなか楽しいパフォーマンスでしたよ。 d(’‐^)
 
 また あるご披露宴では、ラストに ♪「This Is It」。
この曲で退場、これもシーンに合っていてすてきでした。 
      
        
私からおすすめのマイケル・ジャクソンは、カバー曲♪「Smile」。
このSmile、原曲はチャールズ・チャップリンが作曲、そして彼の映画「モダンタイムス」のテーマ曲です。 
 その当時は音楽だけで、歌はなかったとか。 
 
 その後、歌詞がつけられ、ナットキング・コールが歌い大ヒット。 
キムタクとさんまさんのドラマ「空から降る一億の星」の主題歌として、エルヴィス・コステロもカバー。 
 それから、ロッド・スチュワートも歌っています。 このバージョンなら、”迎賓”や”お色直し退場”にもいい感じです。
 
 そこまでは知っていましたが、一番後に、マイケルのアルバムに入っていたSmileを聞いて、以外にも私はこれが一番好きになりました。

 美しいメロディが、マイケルの声によって、一段とやさしく せつなく感じます。

  微笑もう たとえ心が痛むとしても
        たとえ心が壊れそうになっても
      〜〜
    微笑めば きっとこの人生がまだ
    素晴らしいものだとわかるから   q(^O^* 

ちょっと暗い歌詞に聞こえますが、日本語訳がいまいちかも・・。
マイケルが一番シリアスで、他のアーティストは、もっと陽気で結構気さくな曲調で歌っています。

 ♪キャンドルにもいい雰囲気。 
     私だったら♪花束で使いたいかな〜・・。      
                         
   ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1
ヒストリー パスト、プレズント・アンド・フューチャー ブック1
   

pearlblueblue at 02:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 BGM- ♪ 花束贈呈 | 映画 音楽 

May 08, 2010

母は偉大なり

あじさい
 この時期お花屋さんの店頭は、とてもはなやか。 
Mother's Dayに合わせてカーネーションをはじめ、豪華な鉢植えまで勢揃いです。

 今年は、ミニバラの鉢植えを送りました。^‐^* 花が大好きな母なので、実家の庭にまたひとつ仲間入りです。 

♪昨日、ピアニスト辻井伸行さんのお母様いつ子さんが、TVに出ておられました。 
 辻井さんのピアノを初めてしっかり聞いたのは、ショパンコンクールの演奏模様を見たとき。 ショパンを弾いた辻井さんに泣けました。

♪辻井さんのピアノの音色は、雑念がないから?でしょうか・・・ 
とても澄んでいて、やわらかく、心地よくって。 
 こころが浄化される思いでした。

 私の心がにごっている?(笑)からではありません。
誰もが持っている心の原点のような、純粋無垢なところへ導かれていくような・・そんな感じでした。

 ♪2〜3歳でショパンを、譜面も鍵盤も見えないのに、先生の弾いた音だけを再現して覚えたのです。  
私も「絶対音感」ではありますが、あのように即座に難しい旋律を再現は無理。 右手のメロディ、左手、それを頭の中で組み合わせていく・・。  本当に天才なんですね。

♪その辻井伸行さんをピアノの世界へ導いたお母様に感動です。 ポジティブに、普通の人と同じく辻井さんをお育てになった。 
伸行さんは、「いいお母さんでよかった」とおっしゃっていました。
本当に本当に、このお母さまだから、天才が早くから開花したのでしょうね。

 Honey Loveいすを入れる、ドアの開け閉めなどそんな些細な
 ことから、その家の「しつけ」が、その子を見て手に取るようにわかります。
 社会へ出る前に家で教えられるべきこと、立居振舞い、言葉遣い、特に女の子には重要なこと。 母親の役目は大きいのです。
              

 私の両親は、何不自由なく育ててくれました。 d^‐^
 幼い頃から、映画や絵画や音楽など芸術に触れさせてくれました。 私の感性は、もともとあったのかも知れませんが、きっかけがあって養われたものだと思います。
 本当に感謝です。
 年に一度しか言わなくてごめんなさい・・。 
BlogPaint   
 いつもありがとう。 お母さん。  
  

         

pearlblueblue at 23:45|PermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 幸せなこと | 音楽 感動 
リンク
TagCloud