October 2009

October 27, 2009

< 和 > の美しさ5

61xHEuY1+xL__SL160_ 
もうすっかり秋の寒さ。
 間もなく冬の到来ですね。

  この秋の婚礼シーズン・・・ 
 先週のご披露宴では、和装のお客様が多く、私が担当させていただいたお二人も  白無垢から、入場時には掛け替えて色打掛(いろうちかけ)に。  
 
 掛け替えとは、先ほど羽織っていた白の打掛けをはずし、色打掛を羽織ること。 色打掛は、赤や黒の生地に金糸・銀糸などで、鶴や御所車などの刺繍が施され、目にも華やかです。 
 大奥などで、姫様たちが一番外側に羽織っていたお着物、と言えば、ご想像がつくかと。 ^-^

 入場時に掛け替えると 先ほどの衣装から早変わり。 
会場で待つお客様にとってちょっとしたサプライズ、また新鮮な印象になります。          d(’-^*)
          

その日の新郎は、ハニカんだ笑顔で やや緊張しながらも、皆様の顔を見ながら ゆっくりゆっくりとすすみ・・・。   新婦は、華やかな色打掛に身をつつみ、しづ・しづ・・と後に続きます。  
 和装がお似合いで、とても絵になるお二人でした。
                      

 私はオペレーション中。  なので残念ながらそのステキなシーンのお写真はありません。  >_<。。  
 和装美と美しい音楽が かさなり、目にも耳にも うわ〜ぁ・・・・
   (あえてひらがなで・・)
 ぜひとも お見せしたかったとても胸を打たれたシーンでした。

 ♪ 私がかけていた曲は、
  EXILEの ♪ We Will〜オーケストラ・バラードバージョン〜。  
 きれいに ワンコーラスで、盛り上がり 着席となりました。

ハニー ラブ
 そこで涙ぐんだのは、私だけ・・ではないと思います。
最初から感動ではじまった ご披露宴でした。

 「和婚」って いい。  ☆きれい〜!☆とか、☆かわゆい〜!☆とか、そんなんじゃない。

 言葉がでなくて・・・
 静かで 深くて、あたたかな感動に満ちあふれていて・・・。
                          
           EXILE BALLAD BEST(DVD付)
EXILE BALLAD BEST(DVD付)


pearlblueblue at 01:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 エピソード | BGM- ♪ 入場曲

October 22, 2009

ワンだふぉ〜 ☆ ビューてぃふぉ〜5

 ちょっと 強風でしたが、たそがれに行ってきました。 
ここは 東京湾です。 q(^‐^)p

たそ 
お〜 ワンだふぉ〜!   

夕暮れ時に ランニングしたり歩いたり

私のほかにも
いつも走っている方

三脚カメラでシャッターチャンスを狙っている人


会社帰りに車を止め夕陽を眺める人 

ハニー ラブ   わんちゃんとお散歩  サイクリング・・
   などなど、色々な方々がいらっしゃいます。
           
   広いので 込み合っておりません。

 信号待ち、なかなか海側に渡れず。 
その間にも景色はどんどん変わります。

 空が大きい。 
  わぁ〜! なんてなんて ビューてぃふぉ〜
今日は 夕陽の撮影間に合わず・・  この空は 太陽が沈んだ後の夕焼け・・。 

たそ2










どなたか存じませんが たそがれてました! 
 どなた?


 

     

いい汗をかき 
大満足で 今宵のたそがれ
おひらきにしました。 



pearlblueblue at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 幕張 | 太陽 夕陽 月

October 18, 2009

はじまりは いつも雨・・  5

    きみに会う日は 不思議なくらい雨が多くて・・

ハニー ステレオSCENEIISCENEII
アーティスト:ASKA
販売元:ヤマハミュージックコミュニケーションズ

 秋の音楽ではありませんが、リクエストがでました。 
この曲が聞こえると、思い出すシーンがあります。

冒頭もステキですが
 ♪ 今夜きみのこと〜 誘うから空を見てた・・・。

このメロディーラインの色気に 胸がキューンとして・・。 
思い出すのは男性ではなく  d^‐^*
 ジューン・ブライドだった後輩の披露宴。
日本髪和装で この曲で入ってきました。

今なら ちょとちぐはぐかなとも思うのに、
その頃は彼女の雰囲気とASKAの歌はとてもマッチしていて、

 ♪ 今夜きみのこと〜 誘うから空を見てた 〜 
このフレーズには トリハダが立ち
何かせつなくきゅ〜んとして涙しちゃいました。

 チャゲ・アスが好きと言っていた彼女が選んだ
          ♪ ”はじまりはいつも雨”  
Honey Love

 それまでは、そんなに興味がなかった曲なのに
 入場シーンをとてもステキに彩づけてしまったのです。

もう10数年も前のことなのに 
いつもこの曲の「絵」は、後輩の披露宴。

今後もたぶん ずっと・・。 ^‐^*

  音楽の不思議なちからです。   

      

pearlblueblue at 03:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 エピソード | BGM- ♪ お色直し退場

October 13, 2009

ベルばら・・で5

ベルばらKids 3ベルばらKids 3

「ベルサイユのばら」というタイトルを知らない方はそういないでしょう。 
さかのぼること中学生の私は、クラスメイトが夢中になっていたこのマンガ、ちょっと覗き見・・から、ベルばらの世界に引き込まれてしまいました。

 このブライダルシーズン中に、マンガのハナシか・・。
気分転換をしないと やっていけません! 特にシーズン中は、わけがわからなくなりますから。マンガや映画にふけったっていいさ。と思っています。

 それで・・ベルばらはね、史実+ 男装の麗人が主役、そしてなんやかんやとフランス革命に至る大変なストーリーではありますが、マリー・アントワネット、貴族、首飾り事件など、フランス史に連なる出来事がマンガで見られ、これでフランス革命を覚えました。 
 
 マリー・アントワネットに、モーツアルトが求婚したとか、そんなシーンも出てきます。 これも事実のようです。
Honey Love

 少女時代にこのマンガを見たときは、どうやら私「オスカル」の心境をあまりわかっていなかったようです。 

 どうしてもアントワネットさまに興味があり、だってドレス三昧、宝石三昧、華やかに身をまとい日々遊び三昧・・・・。
「フェルゼン」登場・・初恋。。。美男美女でと・・まるで絵に書いたマンガ・・ そうなんだけれど、あこがれちゃうでしょ。  

 今年はじめ、ベルばらDVDをレンタルしました。 
数十年ぶりのベルばらの世界。  私も大人になったのね・・。
後半の「オスカル」の心がとても痛くて、アントワネットさまは、もうかわいそうすぎて、泣けちゃいました。。。>_<。。

 革命とはいえ、あまりにも残酷な事実がそこにありました。 
白髪が気になる年になった今、アントワネットが処刑される前に、美しい金髪が一夜にして白髪になったという、その底知れない悲しみに また泣けちゃいました。

 あらら・・シリアスになっちゃいましたが・・。 
そのベルばらから30数年「ベルばらKids」という4コマ漫画が誕生したのです。 d(’‐^)
 オスカルやアントワネットが 3頭身チビキャラで登場します。 
これがかわいいやら、おかしいやら。 でも ベルばらの内容を知らないと、ちょっとわかりにくいところもあるかな。

 今はこれに ハマっています。 
 泣くところは ありません・・・。         
     これでこの秋も 乗り切るのだ〜!! 

TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら 1
TMS DVD COLLECTION ベルサイユのばら 1
pearlblueblue at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ひとりごと 

October 01, 2009

石田三成5

てんちジャ-ン ジャジャジャジャ  ジャッジャッジャッジャ!・・
 見てますかぁ? 「天地人」

 大河好きには かかせないドラマです。  おまけに二枚目揃い〜。

織田信長や秀吉、淀君などかの有名人を脇に 主役は直江兼続・・。
                     
 大島ミチルさん作曲の音楽がまたいい感じです。  
 ♪けたたましく始まる冒頭オープニング、それから、♪ダンドン ダンドンと兵が進んでいくかのような音が入っていて、なんか胸騒ぎ・・。 
 その旋律が落ち着くと やさしい♪弦のメロディになり、そして再び ♪深刻気な旋律で展開され(ここが一番♪好き)、それ〜 後半大詰め〜!みたいな感じ?
 女性が作った大河テーマ曲って珍しいのではないかしら。
それもこんな戦もの。  すばらしいです。 d(’-^)
                

 ところで、私の記憶では「石田三成」とは・・
秀吉亡き後、淀殿と・・。 とか、秀頼君は三成の子、とか・・あまり評判宜しくなく、どちらかと言うとワルのイメージでした。 
 ところが・・
 小栗旬さま演じる三成は、何かと同情票が集まりそうな役柄でした。  最後の戦闘シーンのいでたちもステキでしたし、^-^* 
 家康に「そちには 人望がない」と言われたときの旬さまの表情は、もう〜かわいそうなほど悲しげで、見てる私もとても悲しくなりました。 。。>_<。 

 先日の放送で その石田三成は 残念ながらお亡くなりになってしまいました・・。 
 あの関が原で裏切られることなく、家康を倒せていたら、歴史は大きく変わっていたのですね。 そのずっと先に 篤姫が徳川へ嫁ぐこともなかったかもしれぬ・・?。
   
 松方弘樹演じるたぬきじじいこと「家康」は、これまで見たどの家康よりも、いやな人物で、三成に対し イジメっぽいことをするのです。 いや、したのです。  
 品のある「葵」紋が。・・がっかりでする。  

 史実はどこまでが本当かわかりませんが・・
小栗旬さまのおかげで 石田三成の株は かなり上がったのではないかしら。             
 
NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2
NHK大河ドラマ「天地人」オリジナル・サウンドトラック2


pearlblueblue at 22:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ドラマ | ひとりごと
リンク
TagCloud