June 2009

June 12, 2009

♪ O Mio Babbino Caro 〜私のお父さん〜2

 花嫁の季節6月。
   ジューン・ブライドは幸せになれるという。
 このブログには、6月に限らず「私のお父さん」の歌詞から訪れてくださる方が多いようです。 

 父の日・・? それともお父さまに何かサプライズ的なことをお探しなのでしょうか。(お問いあわせいただければ、何かお力になれるかも)
 というわけで、父の日も近いのでパパの話題を。 

 確か昨年は映画「花嫁のパパ」を、その前は「オー・ミオ・バッビーノ・カロ〜私のお父さん」の歌をご紹介させていただきました。
アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜アヴェ・マリア〜サラ・ブライトマン・クラシックス〜
アーティスト:サラ・ブライトマン
販売元:EMIミュージック・ジャパン
発売日:2001-11-28
おすすめ度:4.5


家から離れてはじめて父親の存在感に気づかされました。 
いつも怒鳴られ、怖い父だったのに、久しぶりに声を聞いたとき、
胸がきゅんとしてなぜか泣けてきて・・そんなころがありました。

 そして、あの日、こわ〜い父の目に 初めて見た涙・・。 
老眼鏡をはずして目をこすってました。 ち〜ん!なんて鼻をかんじゃって・・。
 プッチーニの「私のお父さん」ではなく、どちらかというと
「娘よ」の芦屋雁ノ助のイメージの父です。^ー^* 
 ♪よ〜めに行く日が こなけりゃいい〜と・・、ってかんじかな。
 
ハニー ラブ そんな「お父さん」は、花嫁にとって不思議と永遠の別れ
 のごとく感じるのですよね。
      もしもチャペルで一緒に歩けるなら、披露宴で一緒に
入場できるなら、是非そうして下さい。 
 子供の頃のように手をつないだり、腕を組んだり「私のお父さん」と一緒、とってもステキなシーンになります。 v(^O^*
  
 パパにとっては・・娘の手をとって歩くこと、うれしくてさみしくて、
でも幸せなひとときで、きっと最高のプレゼントに・・。
  
 披露宴で一緒に歩くなら、おすすめのBGMは・・
♪サラ・ブライトマン「私のお父さん」(上記) 入場や花束贈呈でも。

♪うれしくてさみしい日(ママから娘への歌でありますが)
幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)
アーティスト:竹内まりや
販売元:Warner Music Japan =music=
発売日:2008-05-21
おすすめ度:5.0

♪アンフォゲッタブル /
    ナタリー&ナットキング・コール(父娘デュエット)
ラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツラヴ・ストーリー~デヴィッド・フォスター・プレゼンツ
アーティスト:オムニバス
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2002-04-17
おすすめ度:4.5

  久しぶりに「花パパ」見ようかしら・・。 
    うちの「鼻・・パパ」は元気かな〜・・。(’-^*     

pearlblueblue at 02:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 エピソード | BGM- ♪ 花束贈呈

June 09, 2009

イタリアへ・・・ 行きた〜い5

話題の映画「天使と悪魔」 面白い〜。
夢中で見てしまいましたが展開が速くて あまりわかっていないかも知れません。
 
 ストーリーは・・私の説明では難ありでございます。 
 こちらをどうぞ!!



 バチカン、システィーナ礼拝堂、ベルニーニの彫刻、ガリレオと実在の人物や建築物が小説に、映像に登場します。  
 TVでバチカンの特集を見たとき、ベルニーニを知り、大理石の彫像物とは思えぬ見事さに感動しました。 
 
 左半身は天使、右半身が悪魔の彫像は実在するの?。 
「ANGELS&DEMONS」なので 映画用に作ったのか?  
妙に不気味なので 実在していたら見たいような 怖いような、でもやっぱり見たいかな・・。

 映画は目にも鮮やか、色彩も美しく、♪音楽は最高のサウンドを生み出す ハンス・ジマー。 
 覚えやすく簡単なメロディーラインなのに、バックのオーケストラで壮大な響きに広がり、バイオリンが切なく響く。  
 いつもながら、そのサウンドの素晴らしさに感動です。 

スクリーンの大画面と音楽の迫力に酔いしれていられるから
私は映画が大好きなのかもしれません。  d(’-^) 

 今は、原作本に夢中・・・。(めずらしぃ・・・)  
 しばらく楽しい日が続きます・・・。 ^-^*  
 心は ますますイタリアへ・・・  あ〜 行きた〜〜い。 


 * 7月には「アマルフィ」が。 
   これもイタリアが舞台の映画です。
   しばらくイタリアは 日本人で溢れそうですね・・・。 −−;
                            

pearlblueblue at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 映画 音楽  | こころ 感動
リンク
TagCloud