September 2008

September 30, 2008

幸せをありがとう5

ウエディングアイテム 演出小物&ギフト(セサミウエディングシリーズ44 GEIBUN MOOKS 607) (GEIBUN MOOKS 607)
 商品選択に奮闘した”ウェディング・アイテム”が発売されました。 載っているのは一握りの小物ですが、なんとまあ、いろいろいろいろあるのでしょう。 選択肢が多くて、ひとごとながら選ぶの大変・・・と思っちゃう (^-^;

 弊社ブライダルグッズ部門 ”Pearl Blue”は、通信販売のため、お客様の顔が見えないのですが、幸せなことに、雑誌を通して喜びの笑顔を見ることが出来ました。 
「ガラスの手紙」をご利用頂いた坂田様。 前回の雑誌をご覧になってのご注文。 日数もなくお忙しい中、なんとかやりとり出来て、結婚式まで間に合いました。   
    Honey Love
 今回 「ガラスの手紙」の紹介で、そのお二人のお写真が掲載されたのです。 
 髪の毛が長〜い新郎に、披露宴でゲストがハサミをいれ、断髪式をしたようです。 おもしろいですね。 長いことやっていますが、そんなイベント初めてですよ。 d(^-^) さっぱり頭の新郎の恥ずかしそうなお顔も載っています。 
 新婦奈穂子さまは、お電話では、やさしい、かわいらしい声。 
その印象どおりに、ドレス姿もステキでした。 なんか知り合いが雑誌に載っているような、妙に嬉しい気持ちに。  そして、幸せそうなお二人の笑顔に思わずじ〜んとして・・・。

 直筆の文字が刻まれた「ガラスの手紙」。 
実際に自分の文字が刻まれたのを見たときは感動したそうです。
 そして、ご両親へお手紙の贈呈。 形に残り、いい記念になったとの言葉をいただき、お二人はとても嬉しかったそうです。

 ひとつの小物に出会い、その心をつたえ、そこからまた別の感動が生まれる・・・。 そんな感動の連鎖が私にも伝わってきました。     (^-^*
 ”幸せをありがとう” そんな気持ちです。   

ウエディングアイテム 演出小物&ギフト(セサミウエディングシリーズ43 GEIBUN MOOKS 594)


pearlblueblue at 02:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 披露宴 結婚 | こころ 感動

September 24, 2008

地球を 守ろうよ5

てるてる大切  まるで「デイ・アフター・トゥモロー」のような異常気象、ゲリラ雨・雷が続きましたね。 
 「地球滅亡」は映画の世界のことではないかも? 
 私は、チーム・マイナス6%、ささやかながらも、地球を守ろうとする一員です。 d(^-^*    宇宙戦艦ヤマトのように、運命背負いとまでは行きませんが。  映画では「異変」は、科学者の予測を上回り、必ず短時間で訪れます。
 
 「1人1日1KgのCO2削減運動」のために、私の「エコ度」をチェックしてみました。  どんなエコをしているか・・・。 たとえば・・
「エアコンの設定温度を夏は26℃〜28℃に高めにする」
「主電源をこまめに切って・・」 「テレビを見ないときは消す」 なんて、そんな簡単そうな、実は数字で見ると、こんな1日のCo2削減量は、わずか83gと65gと13gほど、合計161g。 1Kg=1000gは果てしなく遠かった・・・。

 国民1人あたりが排出するCo2の量は、1日平均で約6Kgだそうです。  そんなに〜・・?  それなのに1Kgも減らせない。  
 1KgのCo2とは、サッカーボール100個分の体積に相当するのだそうです。

 「お風呂のお湯を利用して頭や体を洗い、シャワーは使わない」 え〜・・・、でもこれが371g。 そんなに大きいの? 
 ドライバーさんたちは、「発進時にふんわりアクセル eスタートをする」 これが207g。 
Honey Love             
 私は、「宇宙戦艦ヤマト」から影響を受け、宇宙や地球を知りました。 この地球は、水を湛えた青く美しい星であること。  もっともっと意識をしなくてはならない「守る」ということ。 

 子供たちの未来のために、地球上の動物たちのために、美しい自然景観を維持するために、人間にしか出来ないこと、できることから少しづつ、みんなで頑張りませんか。 
 ☆地球を守ろうよ!  q(^o^)b  かなりまじめなお話でした。 

生誕30周年記念 ETERNAL EDITION PREMIUM 宇宙戦艦ヤマト CD-BOX
アコースティック ヤマト


pearlblueblue at 01:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | 空と海

September 16, 2008

月の光5

TSUKI三ヵ月半に及ぶ、たて込み仕事が終了。 やれやれ、やっと一息・・・。 やりたいこと山積み、やることも山積み・・・。 

 14日は、月灯りがあまりにも美しくて、しばらく見とれていました。 空や月や星は、現実から開放してくれる最高の癒し。^-^*
 私は天体が好きなので、よく空を見上げます。 これが飽きないんですよね・・。 日常の喧騒を忘れさせてくれる、空の果てしない広さは、ちっぽけな考えを笑わせてくれる。  遠く夜空に輝く星は、この地上と反対側に、壮大な宇宙があることを教えてくれて、 たわいもないことが吹っ飛んでしまう。
 姿を変える月は、その形とともに輝きも変わり、影のように静かにたたずんだり、神々しい光りを放ったりと、幾重にも変化できるよと教えてくれる気が・・。
 不思議と落ち着き、パワーを得られます・・・。 q(^-^)p 

 「月」に見とれているとき、そこに音はいらない・・。 「無音」がいいのですが、あえて挙げるならドビュッシーの♪「月の光」・・。 ドビュッシーは、物事を眺めて感じる心理的な印象を音に表現する印象派らしく、はかなげでもあり、美しい旋律とキラキラ感と静けさ。 
 疲れているときはおすすめです。 d(’-^)  
                    
  Honey 笑顔
 昨年、天体望遠鏡を買って夜空を眺めました。 
1万円が3千円だったか・・・1万円じゃ見えないだろうと思いつつも見てみたいし、とりあえず安価なものからと。  
それで月はどこじゃ・・・・? エッ・・・これ・・みたい?・・。 ええっ〜!! お・おきい・・ぞ・・!。 
これはテレビの映像ではなく、本物のちゅき??・・・驚きとため息・・とってもきれい・・・。 表面のクレーターも見える、望遠鏡の中にまぶしい輝き。  それはもう言葉にはできなくて・・・。 なんてなんて神秘なのでしょう・・!  

 思わず引き込まれそうになり・・。 でも、のぞき窓が小さかったので、月までは行けませんでした。  
 かぐや姫に なりそこねてしまいました。  d(^o^*      

うさぎ 


イマージュ クラシーク~印象派



pearlblueblue at 18:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | 太陽 夕陽 月

September 07, 2008

まだまだ だな〜5

サンビーナス秋の婚礼シーズン はじまりはじまり・・・・。
「忙しい」という字は、心を亡くす・・・と書く。 私たちが忙しいということは、ホテルのコーディネーターさんたちは もっと忙しい。
 お互い悪気は無くても、言葉のアヤやタイミングの悪さで、プチプチ切れる音が聞こえることが・・・。 でもこちらは、お仕事をいただく身。 理不尽な状況でも言葉を呑みこみ、怒りを抑え、そのうちに我慢している自分に腹が立ってきて・・・。 音楽を聴くとかそんな気分にもなれない、悶々としたこの気持ちを紛らわしたいとき救ってくれるのが「てるてる天使」の絵本。 
                    
 このブログでもご紹介していますが、この「てるてる天使」や「KITTY」は、そんな私の心を平静に保たせてくれる最高の癒しアイテム。^-^*
 ただただ愛らしい・・・この子たちがいなければ、どんな感情が湧き出てくるのか、考えると恐ろしや・・・。 

 てるてるに 「席は・・いつもよういしてあるから つかれたらやすんでいってね」な〜んて言われちゃうと、そうだね、と思っちゃうし、「しんこきゅうしてみよう きっと小さなコトだから」 ・・・ね・・。 
至って単純な自分であることにも気づかされ・・。 イヤなことは、出来るだけ忘れるようにつとめていますが、必要なことも忘れるようになってきてしまって・・・^o^;  どうしましょ。

Honey 笑顔
 そんな私に、とても刺激をくださった方が。 d(’-^*
100歳のおばあさまでした。 どう見ても70〜80歳にしか見えないお若さ。 100と聞いて驚き、びっくり、また驚き!  大阪にお住まいのそのおばあさまは、「赤とんぼ」の山田耕作さんのお弟子さんだったようで、現在もピアノを弾きながら、歌を教えているのです。 
 真っ白な髪の毛もお顔もとてもきれいで品良く、ハイヒールを履いてお出かけ。 ですから姿勢もよく、ほんとにお若いのです。 

 100歳で、歌にピアノ。 考えたこともなかった。 こんな風に年を重ねられるなら、人生どんなに楽しいものでしょう。 
 もともと育ちのよい方なのかも知れませんが、ずっと維持することは、本人の力なくては叶わない・・・。
「百歳万歳」という昨年放送の再放送番組、ということは現在101歳。 その半分に満たない私は、なんか気恥ずかしくなっちゃって。
 
 足 イタイタ なんて言っている場合じゃなく・・。 
     まだまだ だな〜・・・。             

pearlblueblue at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | 音楽 感動 
リンク
TagCloud