May 2007

May 30, 2007

だいじょうぶ? だいじょうぶ!!5

だいじょうぶ  
”teruteru tenshi”
 占いでは、運気停滞気味。。。。。もう梅雨に入ったような気分
TERUTERU TENSHIは、”田村みえ”さんの作品で、文字通り、てるてる坊主の天使。

 「キミのとなりでいつでも見守っている、目には見えない小さなお友だち。明日も笑って前へすすめるように、ほのぼのとしたメッセージをキミに届けます」・・。こんな紹介がありました。
 ポストカードや絵本詩集も出ていまして、このかわいいキャラクターがいたるところで元気付けてくれ、笑顔を振りまいてくれます。  その表情やしぐさ・・・といっても、まあるいお顔に点と線の目鼻立ち。  頭上のちいさな輪とホッソ〜い手足とちっちゃな羽根だけなのに、いろいろと表情を変えて、あまりの愛らしさに、思わず顔が緩み、笑顔になれます。

 私のストレス解消法の一つで、悪い方向へと考えそうなときは、この絵本を見てみるの。 ほぼひらがなで、とても単純?(失礼)なことばで書かれているので、ふ〜っと深呼吸できる。 

 ♪ だいじょうぶ!! 
   キミは自分で思っているより 
   ず〜っとずっと たくさんのチカラをもっている・・・・ 
   いっしょにいこうよ どこまでも・・・♪

 TERUTERUの季節、これからもこのページには、時々登場させたいですね。 憂鬱になっても一緒に元気になろう・・・・。
 だいじょうぶ!! d('‐^*

pearlblueblue at 00:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 こころ 感動 | てるてる天使

May 27, 2007

夕陽3

天使のはしご3天使のはしご2






暑かったですね。 今日の夕陽。〜天使の梯子・・・っぽかったのですが、携帯には収まらない壮大さ。
残念ながらうまく撮れませんでした。。('‐^;)  2007.5.27

pearlblueblue at 21:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 幕張 | 太陽 夕陽 月

May 26, 2007

♪ 幸福感5

ブライダルベール 事務所玄関先にて、出迎えてくれるのは、”マリちゃん”。 なんてかわいいい。   「おはよ!」思わず笑顔に('-^*
その正体は、「ブライダル・ベール」という観葉植物です。
仕事柄、名前がピッタリのこの植物は、もう8年・・・前からいるのではなく、この娘で8代目・・。
 ウェディングドレスのベールのように、葉っぱ一面に、白い小さな花が咲き、とても愛らしい姿です。
 いつもマリちゃんと名付け、水やりの都度「♪かわいい花咲かせてね。」「どうしたの?なんか元気ないね。」とか、相棒のように話しかけたりして。
 毎年4月ごろ、お花屋さんの店先にお目見えし、事務所へやってきます。 そして6月、ジューン・ブライドの頃に、ちょっと小花が咲き、かわいらしい姿を見せた後、暑い夏にやられちゃって、だんだん葉っぱが枯れぎみになり・・。 枯れた葉を取っていくと、だんだんマバラになり、マリちゃんは、ほぼ丸坊主に・・・。 
根気強く新芽が出るのを待っても、マバラなまま、残るツタのような葉だけがひょろひょろに・・結局・・死んでしまうのでした。ー_ー;

 そして今年、いつもは大事に室内に置いていたのですが、思い切って外へ。 中庭のような玄関側は、車が通らないし、適度な日当たり、マリちゃんは気に入ったのでしょうか、毎朝、きれいに一面に、白い花が咲いています。 こんなにワ〜っと咲いたのは、8年育てて初めてのこと。d(^‐^*)
 あ〜やっと、うちの事務所にも長かった春が来るのかな〜と、何かイイコトありそうな期待に胸がふくらみます。 
  
 今日は雨・・・。 まもなく梅雨・・・。


pearlblueblue at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 幸せなこと | こころ 感動

May 17, 2007

インプレッション 〜印象〜5

Precious♪ゆうせんで、とても懐かしい、私の好きな曲が流れました。 
由紀さおりさんの「手紙」。
<♪死んでもあなたと暮らしていたいと・・・。〜中略〜  二人で育てた小鳥を逃がし、二人で書いたこの絵〜燃やしましょう〜。> ・・・あ〜(>_<)別れの歌でしたね。 

 Happyな音楽を選ぶ仕事の私ですが、時には、しんみりした歌も聞きたくなります。ホントは、暗〜いおも〜い曲が大好き^-^;。 
20代の頃は、♪大切なあなた」や ♪天使のウインク」など聖子ちゃんを演奏してましたが、明菜ちゃんの♪難破船」とか弾きたかったですね〜! ハハ・・・禁句でした〜。^-^;

 ここ半年、伊藤由奈ちゃん♪Precious」が大人気です。 それからコブクロ、ケツメイシ、湘南乃風・・・。 
 Preciousは、間奏のあとの静かなサビ <♪信じよう〜二人だから・・愛し合うー(♭ソファ〜)> ここのピアノが好きですね。 
 また♪Endless Story」は、イントロがとてもすてき。 始まり始まり〜という感じ。  d('-^*)何か変ですか?。 歌詞はあまり聴いてなくて ^^;。

 あっ、でもこの春、いい歌!と思った曲ありました! 
<♪君に捧ぐ、ただひとつの愛が、この胸にこの胸に・・。さくらさくらさくら咲くよ、君の心に・・。 曲名♪Lovin’Life」歌っているのは、FANKY MONKEY BABYS。 かわいい元気な歌です。 もう葉桜になってしまいましたが・・ お掃除のBGMにも。はかどりますよ。d('-^*)

 わが社は、披露宴の音楽のオペレーションをしているのですが「音楽おまかせ」といわれると、これが難しい〜。 ジャンル・年代・洋楽・邦楽・・・答えが何パターンも出来るだけに、考えすぎてしまうくらい。 せめて1曲でもお二人の好きな曲はないかしらと思うのです。
 自分で選んだ曲にのって歩けることって、披露宴だけではないかしら。 きっと、もう経験できないですよ。 最近は、生前に好きな音楽をリストアップしておき、自分の葬儀にかけてもらえるとか聞きましたが でも歩けませんしーー;。

 結婚式・披露宴は一大イベント。 人生の節目でもあります。 私たちの音楽の目的はひとつ。 その場の空気に合う演出。 そしてImpression・・・印象に残すこと。 二人を囲むお客様にも感動を伝えたい。 一緒に感動していただきたいのです。  

 ドレスや和装に身をつつんだ二人と、音楽と入場シーン、これらがマッチしていたら、まるで映画のワンシーンのように音楽が背景となって、観客は感動です。
 その感動は、列席者も、その日の音楽を耳にするたびに、二人の披露宴を思い出すようになりますよ。 印象に残ったことって忘れないんです。 

 (*^‐)b 私個人的には・・ スケールの大きい洋楽や、オペラのようなハイソな曲が、披露宴にはふさわしいと思います。 選曲は、会場やシチュエーションにもよっても変わりますが、その日だけは「非・現実的」でいいのです。 夢のようなひとときでいいのです。 

 音楽や光(照明)は、すべてをつつみ込み 空気を変える、もっとも大切な演出です。d('-^*)

pearlblueblue at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 感動  | 披露宴 結婚

May 12, 2007

アフリカ映画を見て4

夕日 inmakuhari  ”夕日 in Makuhari”
やっと「ナイロビの蜂」を見ることが出来ました。
 アフリカ事情を知らない私にとって、衝撃の映画でした。 
美しいロケーションなのに、新薬の実験に使われる原住民。家を焼かれ、撃ち殺され、製薬会社が投薬実験をし、真実を暴こうとする人々が消されて行くの。 
 見終わっていろいろな想いに駆られたけれど、言葉に出来ない。 ただただ涙があふれて。

 そして先日、待ちに待った「ブラッド・ダイヤモンド」を見ました。 レオさま見たさに 心弾ませて・・。
 これもアフリカのシエラレオネが舞台、アフリカから採掘したダイヤを密輸し、その資金で武器を購入し大量殺りくに至る「紛争ダイヤモンド」をめぐる1999年ごろまでの事実に基づく映画です。 家や家族を奪われた100万人以上のホームレスが。 映画なのに恐ろしかった。

 ダイヤの価値を決める“4つのC”COLOR(カラー)/CUT(カット)/ CLARITY(透明度)/CARAT(カラット)のほかに...、5つ目の“C”─CONFLICT(紛争)が存在するという。
 
 この映画や「ナイロビの蜂」は、はるかに幸せな人生であり、十分恵まれていることを気づかせてくれました。  
 
 この2作品、アフリカの美しさと壮大さ、悲劇、ぜひ見て頂きたい映画。 ボランティアがしたくなります。

http://wwws.warnerbros.co.jp/blooddiamond/ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)


pearlblueblue at 16:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 感動  | 映画 音楽 

May 07, 2007

ありがとう〜v(^‐^)o〜 25

ゴールデン・ウィークも明け、あっというまに5月も中盤に。
時の経つのはほんとに早い。
 わが社の宅急便は、私から見ると、ボクちゃんという感じのかわいい子が主に担当してくれています。
お名前を略して、マルちゃんと勝手に呼んでいますが、とてもまじめでいい子なんです。ですから、何かにつけてお荷物を出したくなるんですよね。 こんなスタッフがいると、YAMATO運輸さんも大繁盛です。 

 ある日、配送の車の中で、遅いお昼をとっているのを見かけました。 もう午後3時過ぎ、腹ペコでしょうね。 マルちゃんはいつもあまり食べていないようで、というか、懸命に仕事をしていて、食事の時間を惜しんでいるようです。
 今日は「たけのこの里」があったので、車の中で食べれるようにと思い「おやつにどうぞ〜」と渡したら、 「あ〜、お昼ご飯だ〜」  えっ・・もう6時だよ。 「そんなに時間なかったの?」と聞くと 「いや〜、ないわけではないんですが、(荷物の)時間指定で待っているお客さんもいるから、自分が我慢すればいいなら、出来るだけ早く届けてあげたくて・・」 
 なんて素晴らしい精神!!  この気持ちが かわいいんです。
でも若いし、食べないとと、母のようについ心配してしまうのでした。
 その彼の精神に、荷物を受け取る側は、「ありがとう」 「ご苦労さま」という言葉になります。
 そんな心のつながり・・・、皆さんに伝わっていくといいですね。
どんどんひろがっていくといいですね。

 うちに来るYAMATOさんは、皆さん そんな感じのスタッフばかりです。先輩から教えられているのでしょうか。  素晴らしいですね。  
 いつもありがとうです。

pearlblueblue at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 音楽 感動  
リンク
TagCloud