February 2007

February 28, 2007

ワン・ナイト・オンリー5

DREAM GIRLS
ひとときの楽しみ。
携帯も家に置き”DREAMGIRLS”めざしていざ!
 予告編で魅せられてしまい、心待ちにしていました。
一番惹きつけられたのは、”♪ワン・ナイト・オンリー〜・・”の曲。
 昔々演奏をしていた頃、タイトルもアーティストもわからずでしたが、このフレーズが心をかきたて、ときめきとともに、その頃がありありとよみがえってくるのです。

 映画は、テンポよく展開され、ダイアナ・ロスとシュープリームスの時代をソウルフルに、ミュージカルで素敵に見せてくれました。
 Bigなジェニファー・ハドソンの声とパワーに聞きほれ、ジェイミー・フォックスの表情に心動かされ、ビヨンセの美しさと存在感に魅了・・・

 彼女たち主役を囲む仲間で、私達は”ファミリー”と歌うバラード。 それまで、テンポよく流れていた音楽が、今度は美しいハーモニーに変わる・・。 最初に胸を打たれたシーンでした。

 歌を歌いたい、デビューという夢、下積みや苦悩、努力しても挫折しと、誰もが共感するものがあるのではないかしら。 だから、ジェニファーの思いをぶつけてくる歌に引き込まれていきます。 

 売れると、忙しく余裕がなくなる。 摩擦が起きる。 売れる歌はショービジネス・・・ でも本当に歌いたいのはソウル・・・と、生きる手段に仕事をするのか、やりたいことを仕事にするのか、これも考えたことがある人は多いはず・・・。 
 私もいつもいつも思うが、生きる手段にはしたくないな・・・という結論になる。 まさしくDream・夢ですね。 

 さて、”ワン・ナイト・オンリー”は、待ってましたとばかりに大興奮です。 もう映画も後半ですが、ジェニファーのバラード版でウルウル・・、あ〜いい曲〜。 
 そしてビヨンセのDanceバージョンで、魅せる”ワン・ナイト・オンリー”に。 どちらもすてき♪  もう一度見たい〜〜。

 夢と現実、ビジネスかソウル〈魂〉か、バラードとディスコバージョンの”ワン・ナイト・オンリー”に、そんなことを垣間見ました。

 ♪その昔の”ワン・ナイト・・は誰が歌ってたのかな。      

pearlblueblue at 01:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 BGM- ♪ 〜披露宴〜 | 映画 音楽 

February 14, 2007

ありがとう〜o(^‐^)o〜

バレンタインですね。。
先日、うちの可愛いスタッフに、彼女のダーリンとご子息(5才)&生後5ヶ月のボク宛、レターつきチョコをプレゼントしました。
ご心配なく・・中身は、Hellow Kittyの小さなチョコケーキです。

そして今朝、彼女のお家で、会社や幼稚園へお出かけ前に渡したのだそうです。
それからしばらくして、わたくし宛、かわいいおてがみ・・Faxが届いていました。

「****(私の名前)へ 
ちょこどうもありがとう○  とむとなかよつするね。 あゆむより」
おにいちゃんは、あゆむクン、弟がとむクンです。

「あゆむくんへ げんきにしていますか?  とむくんとなかよくね。 ('-^*)o」 その手紙への返信でした。

なかなか上手、いやいや5才で、こんなにひらがなが書けちゃうものでしょうか?
もちろん文字はふぞろい。「う」と句点の「。」が同じ大きさで、おまけに「なかよつ」するらしいし・・^-^(笑)

最も、あゆむクン本人は、幼稚園へ出掛けに書いたため、仕上がりに納得していないようですが。 朝の忙しい時間にごめんね。 何よりも嬉しいお返し、ありがとう。 思わず笑顔になっちゃう。。 

その後、仕事で怒りを感じた電話があった。 壁に貼った「ちょこどうも・・」が目に付いて、フッと思わず笑顔になり・・。

ありがとう。(^-^)o  いやなことが飛んでった。

外は大荒れ春一番でしたが、やさしさ芽吹く春・一番の日でもありました。

pearlblueblue at 01:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 ひとりごと 
リンク
TagCloud